コンタロウです。


今回は8月20日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

8月20日の米株式市場、コロナ拡大や、テーパリングが気になりつつも下げ過ぎと見たか?ダウ、ナスダック上昇!

目次
1 8月20日の米長期金利、為替ドル円
2 8月20日のダウ、ナスダック指数
3 8月23日の日経平均株価は?

8月20日の米長期金利、為替ドル円

この日20日は、債券売りが進んだ様子。

いまだFOMC議事要旨公表の余波は続く

という感じでしょうか。

(まあ、収まりませんよね。)


価格の下落とともに米長期金利は上昇へ。

とはいえ

急進の姿はなく、1.25%当たりの上下。


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


また

為替ドル円はドル高円安

109円台後半を進みます。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/


この二つでダウの進路、近視眼的な範疇ながらも

概ねの予測ができそうです。

そこで、ダウは上昇中。

(20日23:30ころ)

※ 引用チャートは引け後のもの

8月20日のダウ、ナスダック指数

8月20日のダウ、ナスダックの両指数です。


ダウはマイナス圏を一時かすめながらも

右肩上がり、プラス圏で数値を伸ばします。


【ダウ】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


一方

ナスダックは米長期金利が上昇の流れを

持ちながらも、その波に合わせるかのように

その低下時、上昇をくりかえし

プラス圏を進みます。


【ナスダック】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、


〇 ダウは反発!

⇒ 35,120.08 +225.96


〇 ナスダックは続伸!

⇒ 14,714.66 +172.88


〇 S&P500も続伸!

⇒ 4,441.67 +35.87

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナ ↑
● ファイザー ↓
● ボーイング ↑
● ゴールドマン・サックス ↑
● JPモルガン・チェース ↑
● ウェルズ・ファーゴ ↑
● キャタピラー ↑
● モルガン・スタンレー ↑ 
● アメリカン・エキスプレス(アメックス) ↑
● ビザ ↓
● ツイッター ↑
● デルタ航空 ↑
● ナイキ ↑
※ 景気敏感株、上がってきた!
⇒ 金融株、資本財も上昇。
⇒ 上げ幅は小さく!
【ナスダック・・たとえば】
● アルファベット ↑
● アマゾン・ドット・コム ↑
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス ↑
● アメリカン航空グループ ↓
● テスラ ↓
● ネットフリックス ↑
● アップル ↑ 
● マイクロソフト ↑
● フェイスブック ↑
※ ハイテク株、多くは上昇!
⇒ アルファベットは比較的大きな幅の上がり

ほかに

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


おおよそ

この日は61.9-63.3ドル(1バレル)。

(05時台、61.8ドルあたり)

※ 米株式市場に合わせた時間内で見たもの


日々下がっています。

ガンガンと。


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで石油採掘会社の株価を見ると

〇 シェブロンの株価は0.01ドルアップ!

〇 エクソン・モービルは0.01ドルアップ!


意外にも、この日、上がっています。

底力発揮?


コアな支持者というか株主は揺らがない!

ということでしょうか。

何気に頼もしく映ります。


・・・・・


ほかに株式市場引け時

為替ドル円はドル高傾向維持の様子。

1ドル = 109円80銭あたり。

※ 日本時間21日05時台


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

8月23日の日経平均株価は?

それでは、続いて

「23日の日経平均株価はどうなるか」

と自問自答してみましょう。


ダウとナスダックの両指数を見る限り

日経平均株価も上昇ありと考えるは

おかしくないと捉えるところ、ですね。


ダウ先物、大きく見なせば右肩上がり

05時台、やや下がり、逡巡の姿勢。


一方、日経先物に目を向けると右肩上がり

前日比200円以上の上昇幅を持っています。


となると、23日は期待できそう。

値がさ株は大きめの上昇を持つかもしれません。


ダウの景気敏感株も上がり幅に違いはありますが

上昇多し!と映るところ。


とはいえ

「資源・エネルギー関連はどうか」

と、気になるものも覚えますが・・


そして

ハイテク株はイケルのでは。

半導体関連事業株も復活の狼煙を上げるかも。


願望コミコミの見立てですが

そんな想いを持つ次第です。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す