コンタロウです。


今回は9月2日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

9月3日、米雇用統計の雇用者数の伸びは小さすぎたか、ダウは下落!テーパリングの後退見なしも膨らまずか・・


9月3日の米経済指標

9月3日の米経済指標、総じて悪くないもの

と映りますが


米雇用統計の雇用者数変化の伸びは

予想を大きく下回ったため

景気回復鈍化の見なしを大きく膨らました感じ。


また

これは雇用者数の伸びの鈍さから生じる

テーパリング後退観測の見立てにも

押されなかった様子。


ダウは下がりへ。


※ 引用元:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210903&c=ALL&i=0

9月3日の米長期金利、ドル円

米経済指標の発表を受けたアト

米長期国債利回り(米長期金利)は上昇!


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/”


また

同じ時間、為替ドル円はドル安円高へ

110円を割ります。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/

9月3日のダウ、ナスダック指数

9月3日のダウ、ナスダック両指数です。


ダウは米経済指標の影響をモロに受けた感じ。

下落です。

米雇用統計、雇用者数の伸びが下回り

しかも予想よりかなり低かったことが

売りを呼び込んだ様子。


ただ

雇用者数の伸びの鈍化は

テーパリングの開始時期の後退見なしも

呼びこんだようで


ダウの落ち込みの幅があまり広がらず!

そのようにも映ります。


【ダウ】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ナスダックは米長期金利の急上昇時は

下がりますが

そのアト同金利が緩やかに下がるころ

プラス圏を進みます。


が、上値は重し!

という感じ。


【ナスダック】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、

〇 ダウ反落!

⇒ 35,369.09 -74.73


〇 ナスダック続伸!

⇒ 15,363.52 +32.34

※ 過去最高値更新


〇 S&P500反落!

⇒ 4,535.43 -1.52

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナ ↑
● ファイザー 0
● ジョンソン&ジョンソン ↑
● ボーイング ↓
● ゴールドマン・サックス ↓
● JPモルガン・チェース ↓
● ウェルズ・ファーゴ ↓
● キャタピラー ↓
● モルガン・スタンレー ↓ 
● アメリカン・エキスプレス(アメックス) ↓
● ビザ ↑
● ツイッター ↑
● デルタ航空 ↓
● ナイキ ↓
※ 景気敏感な金融株、資本財株、下落!
【ナスダック・・たとえば】
● アルファベット ↑
● アマゾン・ドット・コム ↑
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス ↓
● アメリカン航空グループ ↓
● テスラ ↑
● ネットフリックス ↑
● アップル ↑ 
● マイクロソフト ↓
● フェイスブック ↑
※ ハイテク株、上昇!

ほかに

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


おおよそ

この日は69.1 – 70.1ドル(1バレル)。

(05時台、69.2ドルあたり)

※ 米株式市場に合わせた時間内で見たもの


米経済指標の影響を受け価格は下がりへ。


そこで石油採掘会社の株価を見ると

〇 シェブロンの株価は0.2ドル強ダウン!

〇 エクソン・モービルは0.2ドル強ダウン!


下がっています。


・・・・・


ほかに株式市場引け時

為替ドル円、ややドル高に復しますが

基調はドル安に映ります。


1ドル = 109円70銭あたり

※ 日本時間4日05時台


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

9月6日の日経平均株価は?

それでは、続いて

「6日の日経平均株価はどうなるか」

と自問自答してみましょう。


総じて

3日のダウの下がりは米雇用統計内容に伴う

景気後退感と


予想より低かった雇用者数から生じる

テーパリング開始時期後退見立て

これら両者間のせめぎ合いにも映りますから


日本の株式市場、それほど悪影響は受けない

と見なすところ。


そして

NYSEの株価をザザッと見ると

景気敏感株のうち、金融関係、空運株

ボーイング、キャタピラーなどの資本財が

下がっているので、これと似たような傾向を

持つかもしれません。


意外に感じたのは

シェブロンほか資源・エネルギー関連株は

さほど大きな下がりがなかったこと。


一方、ハイテク株は上がりそうですね。


ほかに、4日05-06時台

ダウ先物を見ると凸凹しながらも

右肩上がりに映りますし


日経先物もプラス圏を進み

大きく右肩上がりの姿を持っています。

※ CME日経先物 https://nikkei225jp.com/chart/”


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す