コンタロウです。


今回は7月30日の四半期決算短信を見て

チョイ思うこと。

みずほFGほかメガバンクなどの四半期決算短信(7月30日)を見て、チョイ思う!

目次
1 メガバンクの決算発表
2 みずほFG、イイネ!
3 三井住友FG、イイネ!
4 四半期決算、銀行、イイネ!
ココカラ追記(2021年8月8日)
5 三菱UFJFG、イイネ!

メガバンクの決算発表

中タイトルはすでに表したとおりですが

FGとして決算短信には出ていますので

そのまま読み替えて進めていきます。


それで7月末は多くの企業が

四半期決算発表を行っており

中でも銀行関連は特に気になるところ。


7月30日はメガバンクと表すことが多い

みずほFG、三井住友FGの決算短信アリ!

まずはこちらに注目してみましょう。

※ 三菱UFJFGは8月2日、決算発表予定

みずほFG、イイネ!

それではこちらから目を向けてみましょう。

みずほFGです。

経常利益、伸びているね

今期の第1四半期実績から


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202107300355


2022年3月期第1四半期(4-6月)

連結経常利益は前年同期比24.7%増

2187億円へ。


多くの方々は

「すばらしい」

「持っててよかった、今、下がっとるけど」

なんて思ったりするのではないでしょうか。


ただ

売上高は2020年の同期はじめ

2020年10-12期を除いたほかの期よりも

減少している点は興味深いかと。


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202107300355


ですが、経常利益はしっかりしたもの。

さすが、メガバンクでしょう。


そこで

今期の業績予想に目を向けると


2022年03期の最終利益は

2020年03期、2021年03期を超えるもの

として表れています。


頼もしいところ。


※ https://kabutan.jp/stock/finance?code=8411


1株益は2022年03期の予想値において

201.2円とあり

これは2020年03期、2021年03期よりも

「上昇の自信アリ」

と映ってきたりもします。


とはいえ

1株配当は75円、ココは変わらずの様子。

【みずほFG株式併合】 
みずほFGは2020年10月1日(木)に、10株を1株にする株式併合を行うことを発表し行っています。
この株式併合によって株価は併合前の10倍、保有株式数は10分の1に変化しています。
そのためか、配当も中間配当と期末配当の大きさに差異アリです。


伸びた背景は?

そこで伸びた背景を考えると

その大きなものの一つはこれでしょう。


難しく考えずに2020年03期において

損失が大きかった箇所で改善が進んだ!

プラスの幅が広がったところをあたると

ここが該当する感じ。


与信・・ですね。

貸してもらっても返さないところが

少なくなった様子。



※ 引用元:https://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/index.html

26億円のプラス益

2021年03期第1四半期(2020年04-06期)より損失が416億円減少)

※ 引用元:https://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/index.html

みずほFGの場合は今期は損どころか

損すると思われたものが返ってきて

プラスに転じたということでしょう。

(貸倒引当金戻入益)

三井住友FG、イイネ!

続いて、こちらにも目を向けてみましょう。

三井住友FGです。

経常利益、伸びているね

今期の第1四半期実績から


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202107300343


2022年3月期第1四半期(4-6月)

連結経常利益は前年同期比2.4倍

2872億円へ。


メチャ膨らんでいます。

「すばらしい」

みずほFGを超えています。

何気に圧倒感を覚えるところ。


ただ

こちらも売上高は2020年の同期はじめ

2020年10-12期を除いたほかの期よりも

減少している点は興味深いかと。


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202107300343


ですが

こちらも経常利益は先ほど触れた通り

しっかりしたもの。

安定の銀行、でしょう。


そこで

今期の業績予想に目を向けると


2022年03期の最終利益は

2021年03期を超えるとして表れています。


こちらもメチャ頼もしく映ります。


※ 引用元:https://kabutan.jp/stock/finance?code=8316


1株益は2022年03期の予想値において

437.7円とあり

2021年03期よりも上昇の自信アリ!

ということでしょう。


配当も1株配当を上げて200円です。

「さすが、メガバンク!」

・・です。

伸びた背景は?

伸びた背景をみずほFG同様に考えると

その大きなものの一つはこれでしょう。


こちらも、難しく考えずに

2020年03期の損失が大きかった箇所で

改善進度が高く、プラスの幅が広がった

と見なされる部分が該当するかと。


与信ですね。


貸してもらっても返さないところが

少なくなった様子。


※ 引用元:https://www.smfg.co.jp/investor/financial/latest_statement.html

※ 引用元:https://www.smfg.co.jp/investor/financial/latest_statement.html

損失が大幅に減少

2021年03期第1四半期(2020年04-06期)より1,045億円減少)



ともあれ

2021年3月期のCOVID-19による損失が

大幅に縮減、減少となったことが

業績向上に寄与した様子。

四半期決算、銀行、イイネ!

ほかにも、7月30日に

決算発表を行った銀行をあたると

多くは業績改善状況が進んでいる様子。


たとえば

メガバンクほどではなくとも

大きなところ、りそなHDも

2022年3月期(4-6月)の経常利益は

前年の同期と比較して54.9%(492億円)増。


ほかに、栃木銀、鳥取銀、新生銀、山陰合銀

京都銀なども増益とのこと。

※ 参照:https://kabutan.jp/news/


銀行関連は

「とてもいいじゃないか」

という感じを受けますが、いかがでしょう。


アト、気になる点は預金高の変化など

いくつか目に入れたい点が頭に浮かびますが

とはいえ、今はこんな感じで決算発表内容を

受けとめるところ。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。




《ココカラ追記 2021年8月8日》

三菱UFJFG、イイネ!

ここで既述の二行より数日遅れの決算発表

となりましたが、三菱UFJFGを取り上げます。

※ 三菱UFJFGは8月2日、決算発表

経常利益、伸びているね

今期の第1四半期実績から


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202108020084


2022年3月期第1四半期(4-6月)

連結経常利益は前年同期比65.7%増

4603億円へ。


三菱UFJFGもほか同様、膨らんでいます。


また

売上高は2020年の同期、2021年01-03期

この両期に及ばないものの、ほかの期より

上を向く点は興味深く映るところ。


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202108020084


こちらも経常利益はしっかりしたもの。

やはり、安定の銀行です。


そこで

今期の業績予想に目を向けると


2022年03期の最終利益は

2020年03期、2021年03期を超えるもの

として表れています。


こちらもメチャ頼もしく映ります。


※ 引用元:https://kabutan.jp/stock/finance?code=8316


1株益は2022年03期の予想値において

66.2円とあり

三菱UFJFGもほか同様2021年03期よりも

上昇の自信アリ!

ということでしょう。


配当も1株配当を上げて27円です。

伸びた背景は?

ここまで取り上げたところと同様に考えると

その大きなものの一つはこれでしょう。


こちらも、難しく考えずに

2020年03期の損失が大きかった箇所で

改善進度が高く、プラスの幅が広がった

と見なされる部分が該当。


与信ですね。


貸してもらっても返さないところが

少なくなった様子。


※ 引用元:https://www.mufg.jp/ir/index.html


※ 引用元:https://www.mufg.jp/ir/index.html


損失が大幅に減少

2021年03期第1四半期(2020年04-06期)より1,399億円減少)



ともあれ、こちらも

2021年3月期のCOVID-19による損失が

大幅に縮減、減少となったことが

業績向上に寄与した様子。


ここまでコレらを通じて

各種業種の企業活動は上向きつつある証左?

いろいろと考えさせられます。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す