コンタロウです。

今回は

4月9日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

チョイ思うこと。


目次
1 4月9日のダウ、ナスダック
2 日経平均、4月12日はどうなる?

4月9日のダウ、ナスダック

9日のダウは初っ端から上昇の姿を

見せてくれました。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


はじめに背景の一つとして捉えるのはこちら

バイデン政権の対コロナ施策推進への動きが

好感視され、株式市場へ資金は向かった!

・・ですね。


続いて、この日、発表となった

『卸売物価指数(PPI)』が前回を上回り

市場予想値を超えていた!

【3月分】
結果:1%
予想:0.5%
前回:0.5%

※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9241

これで

「債券なんて長く持っても得になんねえー」

ということなのか、売りが進んで

長期国債の利回りは上昇!

(また、資金は株式へも向かった!?)


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/ 


そうなると、ナスダックが気になるところ

「ハイテク関連企業は大丈夫か?」

と思い目をやると、存外、元気!


長期金利は上昇するものの

1.6%台でとどまり1.7%に達しなかった点が

よかったのか?


はたまた、1-3月期決算への期待が

具体的な形として映らずとも

人々にあるためかもしれません。


そんな具合で

ナスダックは最初、ボチボチながらも

引けにかけ堂々のプラス値を付けています。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ここでハイテク関連株、チョイつまみ食いです。

【たとえば】
● マイクロソフトは2ドル超えアップ!
● アップルは2ドル超えアップ!
● ネットフリックスは1ドル未満でアップ!
ただ、こっちは下げています・
● テスラは6ドル超えダウン!
● フェイスブックは1ドル未満ダウン!
・・・・・・・・・・
上がっている株だけではない面もアリ。

ともあれ、ダウ、ナスダックともに

こうした背景を持ち、引けへ向かって

この通りへ、・・と進んだようです。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ダウは続伸!

ナスダックも続伸!

S&P500も続伸!

(S&P500は過去最高値更新)

です。


ほかにコンタロウ的に気になるところはココ

「原油価格はどうか」

ですね。


ダウの動きから

「上がるかな」

と見なしていましたが、そうでもない様子。





※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


原油先物価格は下がりの傾向を持つ様子。


そこで、いくつかの企業株を見ると

〇 シェブロンの株価は下落!

〇 エクソン・モービルも下落!


「うーん」

「なんてこったい」

率直な想いです。

エネルギー関連はよくないですね。


次週、日本の同業界も下がるかもね。

どうなりますやら・・


ということで、ここまでコンタロウなりに

受け止めたものをまとめるとこんな感じ。

日経平均、4月12日はどうなる?

頭に浮かぶものを挙げると

基本・・12日も

「わからむ」

・・ですね。


米株式市場の影響を受けるだけなら

日本も上昇と思いたいのですが


やはり、コロナ災禍、気になるところ。


日本のお役所は然るべき形で発表していても

コロナ対策、その進捗度がどうなのか

具体的にはわかりませんからね。


不安を覚える方も多いでしょう。


たとえば、外食チェーンストア

株価は昨年秋より大きく上がっている!

・・ところが多いと思うのですが


営業時間は短縮していて、売り上げが増す

とは思えませんし・・

いくつかの店舗へ21時過ぎに入ってみましたが、その時間帯ではテイクアウトのみ・・なのです。

こうしたことはブレーキになりそうな

気がするのです。


ともあれ

また、場を変えて触れることにします。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す