コンタロウです。

今回は

4月8日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

9日の日経平均株価など

「どうなるの?」

・・と、素朴に思うこと。


目次
1 4月8日のダウ、ナスダック
2 日経平均、4月9日はどうなる?
《ココから追記》
3 日経平均、プラスで踏みとどまる

4月8日のダウ、ナスダック

8日のダウは昨日に引き続いて

と言いましょうか

マイナス値からの発進です。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


が、ナスダックは三ケタのプラス値を付けて

スタートしています。


複数のハイテク関連株の上昇が見られ

PER値の高い株でも「買ってOk」の環境が

整っていた様子。


米長期金利はこの日の市場の開き時間

その前後を見ても下がりの傾向を持ちます。

(債権の価格は高し!買いが進んでいるかと)


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


投資家はきっと、ハイテク株に向けて

「ここだ、今だ、買いだ」

となったのではないでしょうか。

【たとえば】
● マイクロソフトは3ドル超えアップ!
● テスラは12ドル超えアップ!
⇒ ビットコイン上がるかもよ。
● ネットフリックスは7ドル超えアップ!
● フェイスブックはわずかにダウンだけど
⇒ ほぼ変わらず!

ともあれ、ダウ、ナスダックともに

この傾向をしばらく持ち続けるところ


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ですが

ダウはそのアト、ナスダックを追うように

次第にプラス値に転じますね。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


「いいじゃないか」

・・。


これって前日のFOMC議事要旨から

「この先、大丈夫かな」

との思いを持っていた投資家を


この日のパウエルFRB議長が

IMFの討論会で触れた

『金融緩和はまだ必要かな』

との趣旨発言に対し


敏感に反応したのではないか

と思われるところ。

と言っても、コンタロウが『素』でそう捉えたわけではなく、いくつかの報道記事を見つつ、「そうなんだ」と自らが得心したことを表しているだけですよ。

ただ、この日はコレもありました。

米国の新規失業保険申請件数の発表です。

(日本時間で8日21:30)

【4月3日までの1週間】
結果:74.4万件
予想:68.0万件
前回:71.9万件(修正72.8万件)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210408&c=ALL&i=0

悪化しているのです。

米国東部では早朝すぐの発表でしょうから

それもあって

ダウはマイナス値から動いたのかもしれません。


で、こうした背景を持ちつつ

流れは引けへ向かってこの通りへ

・・と進んだようです。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ダウは続伸!

ナスダックは反発!

S&P500も続伸!

(S&P500は過去最高値更新)

です。


ほかにコンタロウ的に気になるところはココ

「原油価格はどうか」

ですね。


見ると、昨日よりは上昇しています。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


でも

シェブロンの株価は下落!

エクソン・モービルも下落!

エネルギー関連は駄目かな?


もっとも原油先物価格のチャートを見ると

派手に揺れています。

・・からね。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


こういうのって、結構、日本にも影響ある

と思うのですよ。

どうなりますやら・・


ということで、ここまでコンタロウなりに

受け止めたものをまとめるとこんな感じ。

日経平均、4月9日はどうなる?

頭に浮かぶものを挙げると

基本・・本日も

「わからむ」

・・ですね。


まあ、ドンピシャで当てられる方もいない

と思いますけど。


それでも

FOMCの議事要旨発表アト、明らかとなった

パウエルFRB議長の金融緩和容認の姿勢。


これから・・

「米国株式市場は引き続き跳ねる!」

と見る向きは少なくないと思うのです。


となれば、仮に利益確定の売りで下げ進んだ

としても、買い戻しが起きるのではないか

・・と。


そして

「全般に上昇へ進むのではないか」

と捉えますが、いかがでしょう。


ただ、こちらは最近毎日言葉にしますが

引き続き

「金融、銀行はどうかな?」

(アルケゴスのせいやけど、たぶん)


「エネルギー関連、ガンバ!」

って感じ。


ということで(このアトは追記にて)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


ココから追記(20:00)

日経平均、プラスで踏みとどまる

今回もいつもの如く、追記で本日の株式市場を

概観・・徒然に触れてみたいと思います。


で、日経平均株価は

「ナントカ踏みとどまったなあ」

という感じ。


寄り付きはガンガン上昇して

一時は300円超えまで、行ったのにね。


そのあとは奈落とは言わずとも

下方へ向かって一目散に映りましたけど

どうでしょう。


さすがにマイナス値まで進むことはなく

まずはひと安心・・。


でも

米国株式市場は「メチャよい」と言えずとも

上昇の流れを持っていると映りますからね。


いささか、日本の株式市場、不甲斐ないかも

・・。


ただ、コレも先日来触れていますが

日本政府が悪いとは言いませんが


少なからず日本政府と米国政府の各々が持つ

対コロナ施策を行う姿勢の差ではないか

・・と。


もちろん

日本政府も最善を尽くしていると思いますよ。


ですが

米国と比べ自主性が伴わないかに見えますし

・・ね。


米国とともに株高傾向であっても

日本の場合、常に先に向けての不安が膨らむ?


これがぬぐい切れない想いを

投資家さんがより引きずっているのではない

でしょうか。

『緊急事態宣言』と『まん延防止等重点措置』、この二つ、「いったい何が違うんかい」と思わせるわけで。
こうした不安をあおるような政治家の動きも関係しているかも・・ね。
オリンピック開催国が『緊急事態』では「格好がつかんから」ということもあるでしょうけど。
なんか複雑怪奇で投資活動もユラユラ、フラフラかも。
政府を批判してはイカンと思いつつも、つい言いたくなったりして・・。

ともあれ、本日の株式市場で目に入る

日経平均株価はじめほかの指数

さらにはコンタロウが関心を持つ銘柄から

価格の変化を取り上げてみます。


まずは日経平均株価(単位:円)から

 始値  29,865.53  (09:00)
 高値  30,064.35  (09:07)
 安値  29,768.06  (15:00)
 終値  29,768.06  (15:15)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/

4月8日終値は29,708.98円です。

59円08銭高、で大引け


上昇です。

寄り付きしばらくアトの値よりは小幅!

でしたが、プラス値を維持した感じ。


とにかく

寄付きしばらくは大きく上がった姿を持ち

そのアト、ゆっくりと下降へ


後場では再上昇、盛り返すものの下がり

マイナス値はナントカ避け

「最安値で『引け』」

・・へ。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/chart/


日経平均株価の看板銘柄を見渡すと

上昇に向かった、下がりで凹んだものが

際立つ様子。

(たとえば・・)

 9983 ファストリ 87,890(-3,090)
 8035 東エレク 49,730(-120)
 6954 ファナック 28,095(+105)
 6857 アドテスト 10,800(+190)

(ファストリ:ファーストリテイリング)

(東エレク:東京エレクトロン)

(アドテスト:アドバンテスト)

※ 単位は円


ファーストリテイリングは中間決算で増益

との話も出ていましたが、下がっています。


「どうして?」


たとえば、中国でのユニクロ出店数が

過多に映るからでしょうか。


確かに、さまざまな報道を見る限り

ウイグル人への弾圧姿勢に対する欧米の姿勢は

「中国、許すまじ」

とも見えるわけで


それが買いへ・・

および腰となる理由の一つかもしれません?

ちょっと、考えさせられます。


ほかにTOPIXなどを見るとこの通り。

(単位:ポイント)

 TOPIX  1,959.47  +7.61
 マザーズ  1,244.39  +20.00
 ジャスダック  191.96  +1.25

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


皆、上昇ですよね。

指数を見る限り、悪くはありません。


続いて

コンタロウが関心を持つ銘柄です。

はじめは金融、銀行・・メガバンク関連

 8411 みずほFG  1,560.0(+4.0)
 8316 三井住友FG  3,873(-12)
 8306 三菱UFJ  582.6(+0.6)
 7182 ゆうちょ銀行  1,000(+5)

※ 単位は円


やっぱ、元気ないですね。

下がりは易く、早くても、上昇は難し!

・・かと。


さらに、こちらも合わせて

見てみましょう。

野村ホールディングスです。


こちらの株価は8.2円上げ

585.0円(+1.42%)


「アカンね!」

といった状態は変わらぬものと思いますが


「そろそろ、上に顔を向けるか」

との動きを示したかにも映りますが

いかに。


「アルケゴスの件の影響は根深い?!」

次週に、期待を持ちます。


そして

エネルギー関連です。

 5020 ENEOS  478.7(-4.0)
 5021 コスモHD  2,432(-30)
 5019 出光興産  2,728(+8)
 1622 石油資源開発  2,065(-31)
 1605 INPEX  754(-16)

※ 単位は円

昨日の想い、前言を取り消したいですね。


想像はしていましたが

エネルギー、石油産業の株価は厳しいものに

映ります。


出光興産がわずかに上昇していますが

ほかはほとんど二ケタ台の下落を伴って

います。


これもコロナ対策、経済復調への不安が

露呈したものと捉えるところ。

もそっと、望みたい株価回復に至るには

時間がかかりそうです。


とにかくも、本日も全般を通じ

「もっと元気が欲しい!」

・・ですね。


次週に期待したいものです。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す