コンタロウです。


今回はこちら

11月5日、7-9月期の決算発表を行った

INPEX(旧国際石油開発帝石)を取り上げ

話を持ち上げてみます。

※ INPEX(1605)

INPEX、四半期決算発表(11月5日)はイイネ、経常利益は7-9月期前年同期比4.2倍、1-9月累計は同じく2.1倍だ!


INPEX、株価の動き

はじめに株価を見ると、こんな感じ。


※ 引用元:https://kabutan.jp/stock/chart?code=1605


チャートを見ると800円前後を泳いだアト

一時は1,000円を超える勢いを見せるもの。

今はやや下り傾向を持つかに映りますが

900円台半ばを維持しています。


また

ここまでの上昇の背景の大きなものは

コロナ感染後の経済回復に伴う原油先物価格

これの上昇でしょう。

四半期決算(経常利益伸びる)

それでは、INPEX

今回の四半期決算(7-9月)の結果を見ると

このように表れています。


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202111050250


営業利益、経常利益は大きく上昇!

経常利益は前年同期比4.2倍となっています。

基本、先ほども触れましたが

原油高がかなり影響したと思われるところ。

とにかく、益幅の広がりは大きいです。

第3四半期累計実績

これを第3四半期累計として見るとこちら


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202111050250


営業利益、経常利益は前年同期比2.1倍

とあり、堂々たるもの。

EPSは94.3円を示します。

業績予想の修正

さらに

今回の決算発表から業績予想の修正もアリ

(上方修正として)


※ 引用元:https://kabutan.jp/news/?b=k202111050250


今期分を営業利益と経常利益をそれぞれ

14.6%、12.1%を上方修正するとのこと。

EPSも8.8%、引き上げるとありますからね。

業績に関しかなりの自信があるのしょう。

期待はしているよネ

そこで、今後、日本を含めた世界が

コロナ感染後の経済回復へ進むことを考えると

エネルギーの需要は高まることはあっても

その逆はないでしょう。(たぶん)


実際、OPECプラスが追加増産を渋ると

WTIの原油先物価格は上昇傾向を示すわけで

この流れは日本の石油業界にも及ぶことは

濃淡の差はあっても想像に難くないか

と思うばかり。


となれば、石油採掘販売に関わる企業株が

上がると見なすは自然でしょう。

その中で今回の決算発表を見る限り

INPEX、今、絶好調と映りますが、いかが。


ということで

INPEX、業績はよさげに映ることから

今回も願望コミコミで言葉を持った次第。


それではここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

また、2021年11月9日から

ダウほかの指数内容を午後出しとして

その日のメモページとしました。

そして

無手勝流の予測はやめました。

米夏時間終了で朝、考える時間が足らず

言葉が持てなくなったためです。

7時台出勤だと、チョイきついですね。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す