コンタロウです。


今回は11月5日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

11月5日、ダウ、ナスダックとS&P500は上昇!米雇用統計は弾みをつけた・・


米経済指標

5日の米経済指標の目玉は米雇用統計でしょう。

雇用環境の改善を大きく強調するとともに

原油先物高が続く中、さらに原油の需要増大を

想起させる内容に映ってきます。


※ 引用元:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20211105
&c=ALL&i=0



債券買いが進み、米長期金利低下へ

ドル安も。

11月5日の米長期金利、ドル円

米長期金利は低下しましたね。


景気上向きとエネルギー需要増大予測が

(エネルギー確保がままならない予測)

債券買いを誘発した感じ。

(また米雇用統計ではFRBが動じないと見たか)

※ コンタロウが思うだけ、ですよ


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/”


そして

為替ドル円は雇用統計でしばし上げて

ドル安へ進みます。

114円00銭台から113円30銭台へ。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/

11月5日のダウ、ナスダック指数

ダウは上昇!


【ダウ】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


続いて

ナスダックも上昇!

ただ

米長期金利低下となるも振るわず。


【ナスダック】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、

〇 ダウ反発!

⇒ 36,327.95 +203.72

※ 最高値更新


〇 ナスダック続伸!

⇒ 15,971.59 +31.28

※ 最高値更新


〇 S&P500続伸!

⇒ 4,697.53 +17.47

※ 最高値更新

【NYSEでは、たとえば】
● ファイザー ↑(11%弱
● ジョンソン&ジョンソン ↓
● スリーエム ↑
● メルク ↓(10%弱
● マクドナルド ↑
● ボーイング ↑(5%強
● IBM ↑(2%強
● ダウ・ケミカル ↑(2%弱
● ゴールドマン・サックス ↓
● JPモルガン・チェース ↓
● ウェルズ・ファーゴ ↓
● キャタピラー ↑
● モルガン・スタンレー ↑
● アメリカン・エキスプレス ↑(2.5%弱
● ビザ ↑(3.5%強
● ツイッター ↓
● デルタ航空 ↑(8%強
● ナイキ ↑
● シェブロン ↑
● エクソン・モービル ↑
※  景気敏感株は上げか、空運よし、金融はアカン
※※ 医療関連はコロナ飲み薬で明暗いろいろ
【ナスダック・・たとえば】
● モデルナ ↓(16.5%強
● アルファベット ↑
● アマゾン・ドット・コム ↑
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス ↑(7%強
● アメリカン航空グループ ↑(5.5%強
● テスラ ↓
● ネットフリックス ↓(3.5%弱
● アップル ↑
● マイクロソフト ↓
● メタ(フェイスブック) ↑
● エヌビディア ↓
● バイオジェン ↓
※  ハイテク株、下げ多し! 
※※ 景気敏感株は上げか、空運よし

ほかに

コンタロウが日々関心を持つ原油先物価格

こちら(WTI)を目に入れますと、ね。

※ 米株式市場に合わせた時間内で見たもの


おおよそ

この日は78.5 – 83.1ドルあたり(1バレル)。

(05時台、79.3 – 81.7ドルあたり)


原油先物価格、上昇!

OPECプラスの増産現状維持(追加なし)が

効いた感じ。

(・・にもかかわらず、世界は需要増大へ)


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで石油採掘会社の株価を見ると

〇 シェブロンの株価は1ドル強の上昇!

〇 エクソン・モービルは0.5ドル強の上昇!

上昇率、前者は1%強、後者は1%弱。


・・・・・


ほかに株式市場引け時の為替ドル円

1ドル = 113円30銭台

※ 日本時間11月6日05時台


ドル安へ。


ここまでコンタロウなりに受けとめたものを

表すと、こんな感じ。

11月8日の日経平均株価は?

続いて

「11月8日の日経平均株価はどうなるか」

と自問自答してみましょう。


と起こしましたが、時間が無くなったので

このアトは戻り次第、表すことにします。

追記 11月6日17:00

追記の始まりに際し、前後切り刻みの形で

ご覧になっていただき、感謝します。

と、一言申し上げ、今朝、中断した時点から

始めてみましょう。


基本、8日早朝時点でのダウ先物、日経先物

さらに原油先物、ほかチャートを眺めないと

言葉を持てない部分もありますが

素朴に8日の日経平均株価は「上昇する」

と見なすところ。


背景の一つとして

米雇用統計の雇用者数が9月と異なり

予想値を大きく超えた数値を持ち

(9月は大きく減少)


失業率は減少し雇用環境の改善が

大きく進んでいると映ること。


平均賃金も予想値との乖離がない点から

日本市場を相手にする投資家の取引意欲を

「削ぐものにはなり難し!」でしょう。

そのためか
ダウ、ナスダック、S&P500各指数は上昇
最高値更新へ進んでいます。

続いて、バイデン政権の目玉の一つ

となるインフラ法案(上院通過:8月)は

当初案より縮小したものの5日下院を通過。


アトはバイデン大統領の署名を待つのみに

至ったところ。


米国の景況感は沸くでしょう。

となれば、日本市場にも影響アリかと。


そして

値がさ株は相応に揺れ米株式市場に倣い

景気敏感株の上昇が期待できそう。


運輸(旅行)空運株は上昇ありそう。

(GoToトラベル再開話題もあります。)


続いて

資源・エネルギー関連株は原油先物価格次第?

でしょう。


OPECプラスの「追加増産しない」は

需給を先鋭化させるというか

先物価格を上昇へ導くと思われますから。


ただ、そうなれば、ほかの景気敏感株を

押し下げることにもなりかねず?

痛しかゆし!


ほかに

銀行、金融株は米長期金利の下げを受け

「振るわないかなあ」と思うところ。


一方、ハイテク、半導体事業関連株は

ナスダックが続伸し上を向きそうですが

その主構成のハイテク株の上昇幅は小さく

(比較的小さい)


日本株にまで上昇の波を寄せられるか

心もとない感じ。

※ 追記終わります。


ということで

今回は2回分けとなりましたが

ここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

また、2021年11月9日から

ダウほかの指数内容を午後出しとして

その日のメモページとしました。

そして

無手勝流の予測はやめました。

米夏時間終了で朝、考える時間が足らず

言葉が持てなくなったためです。

7時台出勤だと、チョイきついですね。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す