コンタロウです。


今回は9月10日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

ダウ5日続落

9月10日、米経済指標は淡々と映るけど、ダウ、ナスダック下落!景気回復後退の風は衰えずか?


米経済指標ほか

はじめに9月10日の米経済指標に触れると

手放しでよいと言えるとも思いませんが


同時に

「悪い印象を与えるものでもないか」

との受け止め。


PPIは予想値よりは高いので

「景況感をメチャ悪く捉えなくても」

と。

ただ、債券売りは進みますよね。


また

卸売在庫の値も予想値と同じです。

(在庫減少なら、よいでしょう)


※ 引用元:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210910&c=ALL&i=0


とはいえ

米経済指標を見てからほかをあたると

同指標は淡々とした数値を表しつつも

コンタロウ的に不思議に映るものアリ。


株価が下落傾向を持つところ。


おそらく、ここ数日登場している話題のうち

景気回復後退を予想、予測させるものが

影響しているのかもしれません。


たとえば

バイデン政権による薬価引き下げの動きですね。

コロナ対応に追われている感を持たせるには

十分でしょう。


ほかにメキシコ湾岸域のハリケーン被害

原油価格の高騰を招き石油関連企業の収益は

いささかなりとも上がるでしょうけど。


長い目で見れば

経済活動の鈍化が考えられるところ。

9月10日の米長期金利、ドル円

米経済指標の影響が表れた様子。

PPI数値の発表あたりから勢いを持ち

米長期金利は上昇!


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/”


また

為替は米経済指標を受けてドル高へ

それ以降は緩やかな下がりを持ちます。


基本、ドル高傾向を持つに映ります。

ドル円は110円を割った、その直下。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/

9月10日のダウ、ナスダック指数

9月10日のダウ、ナスダック両指数です。


ダウは下落。

はじまりはプラス圏ですが

直ちに下りの流れ、マイナス圏へ突入!


また

マイナス圏ではそれなりに下値は堅く

映りましたが、引け際でドスン!


【ダウ】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ナスダックも下落しています。

米長期金利、特に上昇で揺れる感じ。


【ナスダック】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、

〇 ダウ続落!

⇒ 34,607.72 -271.66


〇 ナスダック続落!

⇒ 15,115.49 -132.76


〇 S&P500続落!

⇒ 4,458.58 -34.70

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナ ↓
● ファイザー ↓
● ジョンソン&ジョンソン ↓
● スリーエム ↓
● メルク ↓
● ボーイング ↓
● ゴールドマン・サックス ↓
● JPモルガン・チェース ↓
● ウェルズ・ファーゴ ↓
● キャタピラー ↓
● モルガン・スタンレー ↓ 
● アメリカン・エキスプレス(アメックス) ↓
● ビザ ↓
● ツイッター ↓
● デルタ航空 ↓
● ナイキ ↑
● シェブロン ↑
● エクソン・モービル ↓
※ 景気敏感株は下落。
⇒ 金融、資本財、目立つ下がり
【ナスダック・・たとえば】
● アルファベット ↓(60ドル弱)
● アマゾン・ドット・コム ↓(15ドル弱)
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス ↓
● アメリカン航空グループ ↓
● テスラ ↓(19ドル弱)
● ネットフリックス ↑
● アップル ↓(5ドル強)
● マイクロソフト ↓
● フェイスブック ↑
※ ハイテク株、下がる!

ほかに

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。

※ 米株式市場に合わせた時間内で見たもの


おおよそ

この日は69.3 – 69.9ドル(1バレル)。

(05時台、69.5ドルあたり)

上がっています。


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


この上昇の背景、前日同様、見なしは

『メキシコ湾岸の石油関連施設復旧の遅れ』が

多い様子。


そこで石油採掘会社の株価を見ると

〇 シェブロンの株価は0.1ドル弱アップ!

〇 エクソン・モービルは0.1ドル強ダウン!


・・・・・


ほかに株式市場引け時

為替ドル円、ドル高傾向に映ります。


1ドル = 109円80銭後半あたり

前日より高いです。

※ 日本時間11日05時台


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

9月13日の日経平均株価は?

それでは、続いて

「13日の日経平均株価はどうなるか」

と自問自答してみましょう。


ザクッと見ると

米株式市場の結果から

「大いに下がる」

と、捉えるところ。


景気敏感株は米株式市場に倣えかも・・

資本財も

デイフェンシブ株も下がっているので

やはり影響を受けるかも?


とはいえ

原油先物価格は引き続き上昇傾向アリ!

と映るので、13日の朝も下りがなければ

資源エネルギー株はイケルかも。


ハイテク株、半導体関連は下げそう?

ですね。

ほかにもいろいろありそうですが

コンタロウがサッと頭に浮かべるものは

このようなところ。


ただ

ダウ先物、日経先物が05時台以降

やや右肩上がり


これが13日の朝につながるかどうか

チョイ気になります。

※ CME日経先物 https://nikkei225jp.com/chart/


ということで、今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す