コンタロウです。


今回は

7月7日のFOMC議事録公表を受け止めた

ダウ、ナスダック指数から

8日の日経平均株価ほかを思うです。


目次
1 7月7日公表のFOMC議事録
2 7月7日のダウ、ナスダック指数
3 7月8日の日経平均株価ほかは?

7月7日公表のFOMC議事録

7月7日公表FOMC議事録要旨に触れると

「コレは」と言えるものはコチラ

『テーパリングを急ぐ考えは見られず』

というものでしょう。

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
対象は6月分

これで米株式市場、好感したのか

8日03時台(米国時間、午後)

上昇の動きを持ちます。 

(8日04:00)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

7月7日のダウ、ナスダック指数

7月7日のダウ指数

はじまりはややマイナス値を持ちつつも

しばらくすると、上昇、プラス域へ。


その後はFOMC議事録要旨公表を睨んで

様子見なのか、買いが鈍ったのか

下降、マイナス域へ。


FOMC議事録要旨公表後は上昇。


【ダウ】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナは11.5ドル弱ダウン!
● ファイザーは0.1ドル弱アップ!
● ボーイングは4.5ドル弱ダウン!
● ゴールドマン・サックスは2ドル強ダウン!
● キャタピラーは1ドル強アップ!
● モルガン・スタンレーは0.1ドル強ダウン!
● ビザは0.5ドル弱アップ!
● デルタ航空は1ドル弱ダウン!
● ナイキは0.1ドル弱アップ!
※ 景気敏感株は上昇もアリ、金融は弱いかも

一方

ナスダックは米長期国債利回り(米長期金利)

これの比較的低い範囲での揺れに合わせて

上下を繰り返す感じ。


【米長期国債利回り】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


FOMC公表後はダウ同様上昇。


【ナスダック】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

【ナスダック・・たとえば】
● アルファベットは6ドル強アップ!
● アマゾン・ドット・コムは21ドル弱アップ!
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは1ドル強ダウン!
● アメリカン航空グループは1ドル弱ダウン!
● テスラは15ドル弱ダウン!
● ネットフリックスは6ドル弱ダウン!
● アップルは2.5ドル強アップ!
● マイクロソフトは2ドル強アップ!
● フェイスブックは2ドル強ダウン!
※ ハイテク株、上昇ながらマチマチか
⇒ アマゾン突出!

・・で

〇 ダウは反発!

⇒ 34,681.79 +104.42


〇 ナスダックは続伸!

⇒ 14,665.06 +1.42

※ 過去最高値更新


〇 S&P500は反発!

⇒ 4,358.13 +14.59

※ 過去最高値更新


ところで

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


この日は71-72ドル

下がりましたね。


【原油先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


どうしたのでしょうか、ね。

OPECプラスの騒ぎ、混乱は、続けば

増産への道筋が開かれず価格は上昇か

と見なしていましたが、そうではない様子。


投資家はしびれを切らして

いったんここは売り利益確定、様子見

と決め込んだのかも・・

ともあれ、下落しています。


そこで

気になるのが石油採掘会社の株価。


〇 シェブロンの株価は1ドル強ダウン!

〇 エクソン・モービルは1ドル弱ダウン!


・・・・・


ほかに、当該時間帯、為替ドル円は

ドル安円高!

特に、FOMC議事録要旨公表アト

(テーパリングを進める姿勢映らず)

ドル買いが鈍った様子。


【為替、ドル円】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

7月8日の日経平均株価ほかは?

そこで、7月8日の日本の株式市場ですが

7日の米株式市場の結果を受けても

前日の傾向にあまり変化は現れず、かも。


日経先物はマイナス域で推移していますし

どちらかと言えば下降気味。


また

OPECプラスの動きが停滞に映ることから

原油先物価格を「様子見、様子見」とする

流れに見えます。


景気敏感株は振るわずか、と。


そんなこんなで

本日も日本市場がパッとぜず!

と受け止めるばかり。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す