コンタロウです。


今回は5月7日の報道で見られた

米石油パイプラインの異変について

チョイ思うです。


対象はコロニアル・パイプライン・カンパニー

サイバー攻撃(ランサムウェアか)を受けた

とのこと。


目次
1 米パイプライン、サイバー攻撃受ける
2 原油価格、時間外取引上昇へ
3 5月10日の日経平均株価に影響アリ?

米パイプライン、サイバー攻撃受ける

いくつかの報道記事を通して明らか

と思われる点はこんな感じ。


米国の最大手とされる石油輸送会社

コロニアル・パイプライン・カンパニーが

5月7日にサイバー攻撃を受けた様子。

(ランサムウエアか)


結果、全パイプラインを通じた業務が停止した

とあります。


今のところ施設の運用開始、復旧のめどは

立たないとあり、その影響を危ぶむ声多し!


このコロニアル社は

メキシコ湾岸から米北東部までを取り扱っており

東海岸の燃料消費の半分近くのシェアをを持つ

とのこと。


そのため、社会生活並びに経済的活動への影響が

危惧されるところ。

原油価格、時間外取引上昇へ

何でもそうなんでしょうけど

不具合、モノ不足とかの不測事態が起きると

それを穴埋めするような動きがあるようで

今回の件も例外とはならない様子。


早速、原油価格が時間外取引ながらも上昇中!

です。


5月7日(米国時間)の原油価格の動きから

見てみましょう。(WTI)


【原油先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


つまり、64ドル台後半だったわけです。


ところが、コロニアル社へのサイバー攻撃が

明らかになると、モロですね。

10日、原油価格(WTI)は上昇しています。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


わかりやすい変化です。


ということで、ここまでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

5月10日の日経平均株価に影響アリ?

本日は、いや午前中は

前週のダウ、ナスダック指数の上昇から

堅調な推移を見せるかもしれませんが

後場はわからないですよね。


すでにダウの先物価格は凹んでいます。

(コロニアル社の影響か、わからずですが。)

※ 09:10ころ

【追記】
09:20あたりから上昇に転じました。
「わからむ」です。

10日ダウ(日本時間、今夜はじまり)指数に

水を差すことも考えられますし

「半導体の次は『原油』かよ?」

といった声も出るかもしれません。


ただ

「石油関連株は上昇する?」・・かも

と、浮かんだりするところ。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す