コンタロウです。


今回は

7月6日の時間外取引(米国では深夜)時の

WTI原油先物価格ほかの上昇に関連して

話を持つことにします。


そして

その上昇の背景を考えるとともに

日本の石油関連企業の株価をチェックして

みましょう。(現状の小まとめ)

※ 対象時間:日本時間13時台


目次
1 7月6日の原油先物価格
2 原油先物価格上昇の背景
3 石油関連企業の株価

7月6日の原油先物価格

それでは、早速

原油先物価格、WTIと北海ブレント双方を

見てみましょう。

(1バレルあたり、13:22ころ)

 WTI  76.76ドル
 Brent  77.54ドル

※数値引用:https://nikkei225jp.com/oil/


7月2日に比べると、急上昇です。

(5日は独立記念日振替で休場)

WTI:75ドル台前半(2日)
Brent:76ドルあたり(2日)
※ このアト時間外取引で急上昇

【原油先物(WTI)】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


そして

6日は5日と違い市場は開くでしょうから

もっと激しい展開になるかも・・

気になります。

原油先物価格上昇の背景

早い話、OPECプラスの会合において

減産のやり方、延長期間で揉めている様子。


どうやら

UAE(アラブ首長国連邦)の王様たちが

荒れている感じ。


おそらくは会合内での利害得失とか

有利な立場を崩したくない国々の存在で

今後の方向性を見いだせないのでしょう。

OPECプラスは
5日に開催予定の閣僚級会合を
さらに延期、減産関連の話は進まず!
ですね。

ただ、長引けば

これから世界のエネルギー需要が高まる中

増産が進まないと供給ひっ迫状態が

生起する恐れもあるわけで・・


そのためか

先を見越したが買いが進み、価格が上昇!

しているようです。

石油関連企業の株価

ところで、そんな背景がある中

日本の石油関連会社・企業の株価を見ると

その価格は・・(13:01 – 13:05)

5020 ENEOS  481.4(+11.4)
5021 コスモHD  2,644(+90
8133 伊藤忠エネクス  989(0)
5019 出光興産  2,943(+80
1662 石油資源開発  1,994(+4)
1605 INPEX  866(+24

※ 単位は円


本日は上昇!

濃淡の違いはありますが、上がっています。

でも

爆上げに至るようなものではないですね。


どこか冷めているというか

「いつまで、この上昇が続くのか」

「原油先物価格の上昇にすがってよいのか」

といった疑念を感じさせるものにも映ります。


また

株価が原油先物価格に比例し上がったとしても


それは同時に世界がインフレへ進む

急激な物価上昇へ向かう証にも見えるわけで

「あまり喜べないかな」

との想いも持つところ。


ということで

本日のコンタロウ風のまとめは

ここまでとなります。


おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す