コンタロウです。


今回は

5月5日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

チョイ頭に浮かぶ

「6日の日経平均株価、どうなる?」

です。


目次
1 5月5日発表の米経済指標
2 5月5日のダウ、ナスダック指数
3 5月6日の日経平均株価どうなる?
《ココから追記》
4 日経平均、連休明けは、上昇やね!
(21:30)

5月5日発表の米経済指標

はじめに

5月5日、目に入れた米経済指標のうち

気になるものから触れてみます。


〇 ADP雇用統計

【4月】
結果:74.2万人
予想:80万人
前回:51.7万人(修正56.5万人)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/
(日本時間 21:15)

⇒ 前回3月値より大きく上昇。

ですが、予想を下回っています。

そのためかドル、下がりましたね。

(その時点で要因はコレと思うのです。)


ただ、雇用は増えているのだから

もっと肯定的に受け止めても、よいかと。


〇 ISM非製造業景況指数

【4月】
結果:62.7
予想:64.3
前回:63.7
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/
(日本時間 23:00)

⇒ 前回3月の値、予想値を下回る!


これで景況感が冷めたとはならずとも

トーンダウンでしょうか、ね。


ただ、株価にネガティブな影響はない様子。

まあ、影響アリとしても

大きなものはないでしょう。

60を超えた、堂々とした数値です。

5月5日のダウ、ナスダック指数

続いて

5月5日のダウ、ナスダック指数です。

これらはともにはじまりはプラス値から

さい先がよさげに映ります。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ですが

ダウは一時下降、昨日の終値よりも下落し

「オヨヨ・・アワワ・・」

とさせたり


そのアトは浮上し

「ヨッシャ」

と気持ちに変化を与えてくれる展開もアリ。


【ダウ】

※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


この背景はISM非製造業景況指数の発表が

あったためか、発表後の時間あたりから

下降へ。


この下がり、もう少し、辛抱すればよい

とも思いますが

「そうとはいかない」

先手必勝の考えがあるのかもしれません。


でも、アトは上昇していますからね。

同発表を肯定的に捉えている向きが多い!

その証左にも見えます。


一方、ナスダックは金利上昇に触れた

イエレン財務長官の否定、修正発言アト

【イエレンさんが4日触れた趣旨】
● 米経済過熱(インフレ)予測
● インフレ対応の金利上昇ほのめかし

上昇


とはいえ、引けの時点あたりで

下降、下落しています。


この下落、不可思議に見えますが、いかが。


【ナスダック】

※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


いや、専門家が見ると「当然」

となるやもしれません、が

コンタロウには難解なものに映るところ。


強いて挙げるならば

原油とか金とか、が、上昇していますからね。


景気敏感株に目が進む向きや

株式以外の投資対象に進みたい向きが

それぞれの行動を起こしたことが要因かと。


どうでしょう、ね。

(ホントは「わからむ」です。)


また

米長期国債利回り(長期金利)の動き

これについて・・


先ほども触れましたが

今回取り上げた経済指標を思った以上に

「株価がネガティブに受け止めた!」

・・感じ。


それもあってか

債券買いが進んで同価格は上昇へ

そしたら「金利下落へ進んだ!」

というものでしょう。


【米長期国債利回り】

※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ここで再びナスダックの件・・

蒸し返しますが

どうしてナスダックは下降するのか?

長期金利が下がればハイテク株を持つ価値

「上がりそう」なのですが

不思議なわけです。


そして

あっちこっちとの絡みが複雑です。


それで

〇 ダウは続伸!

※ 過去最高値更新

〇 ナスダックは続落!

〇 S&P500は反発!

・・です。


【NYSEでは、たとえば】
● ボーイングは6ドル未満ダウン!
● ゴールドマン・サックスは8ドル未満アップ!
● キャタピラーは5ドル未満アップ!
● モルガン・スタンレーは2ドル未満アップ!
● デルタ航空は1ドル未満アップ!
※ 景気敏感株、ビンビン上昇の様子。
【ナスダック・・たとえば】
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは1ドル未満アップ!
● アメリカン航空グループは1ドル未満アップ!
● テスラは3ドル未満ダウン!
● ネットフリックスは8ドル未満ダウン!
● アップルは1ドル未満アップ!
● マイクロソフトは2ドル未満ダウン!
● フェイスブックは4ドル未満ダウン!
※ ハイテク株はアカンの多し!

ほかにコンタロウが日々気にしている

原油価格を目に入れると


1バレル = 65ドルの価格帯を維持

ですが、やや上昇の勢いは小さくなった!

そんな感じ。


【原油先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


ここらを天井と見た動き?

ほかのもので利益を追求したい動き?

ホントのことはわかりませんが

とにかく、小康状態、足踏みのようです。


そこで、気になるのがこちら。

石油採掘会社の株価・・です。


〇 シェブロンの株価は3ドル未満アップ!

〇 エクソン・モービルは2ドル未満アップ!


前回同様、上がっています。

これは・・

「イイネ、イイネ、イイーネ!」

でしょう。(横山剣さんふうに、ね。)


アト、為替ドル円は109円台!

イエレンさんのインフレ対応金利が

「上昇するかもよ」

とのほのめかしの修正もあってか


ドル高がやや減速気味?


【為替、ドル円】

※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/fx/


※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


今は円高へ進んでいる!

ですね。


《ここでいったんミニまとめ》


とにかくも

5月3日、4日、5日はダウは上昇です。


また、米経済指標は悪くはありません。

ナスダックはやや元気なしに映るものも

ありますけど。


となると、6日の日経平均株価はじめ

日本の株式市場へかなりの影響を与える!

そんな想いに駆られますが、どうでしょう。

続きます。

5月6日の日経平均株価どうなる?

そこで、5月6日の日本の株式市場に触れると

まずは、コレ

「5月6日の日経平均株価どうなる」

ですね。


そして

コンタロウが思うに『上昇』でしょう。


これまで長い連休が続き

市場が開いていなかったことに加え

米株式市場の動き、米経済の再生の活況さが

伝われば自然と買いに走る動きが進む!

と考えるのです。


(ポジポジ病、再発しそうです。)


ただ

緊急事態宣言の延長話題もありますからね。

どこかでブレーキがかかり

上昇一辺倒では大引けを迎えられない?

そんな想いももたげるところ。


合わせて

景気敏感株はどこまで伸びるか?


コンタロウ個人としては、エネルギー関連が

どこまで上がるか気になるところ。


一方、ハイテク株は米国の風に煽られるかも?

おそらく、マザーズは下がる・・かな?

と見なしますが、このアト、注視かと。


ということで(このアトは追記にて。)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


《ココから追記》21:30

日経平均、連休明けは、上昇やね!

今回も淡々です。


5月6日の日経平均株価・・

今朝、頭に浮かべていた以上に上昇です。


「買いに走りたい、待ってたんだ!

はじまりはそんな感じの流れに見えましたが

どうでしょう。


で、日経平均株価の流れです。

寄り付きから勢いがいいですね。


※ https://nikkei225jp.com/chart/

 始値  29,024.01  (09:00)
 高値  29,430.22  (11:15)
 安値  28,966.47  (09:02)
 終値  29,331.37  (15:15)

(単位:円)

※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000

4月30日終値は28,812.63円

518円74銭高 で、大引け


このアトは

日経平均株価の看板銘柄のいくつか

こちらの価格変化も見てみましょう。

(ランダムに選択したもの)

 9983 ファストリ 92,790(+3,080)
 8035 東エレク 48,750(+430)
 6954 ファナック 26,200(+1,025)
 6857 アドテスト 10,220(-160)
 9984 SBG 10,040(+155)
 7751 キヤノン 2,572.0(-31.0)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)

値がさ株は本日5月6日上がっています。

もちろんすべてではありませんが

目立つものはそれなりに、ですね。

大きな上昇幅アリです。


これまで連休で取引ができなかった反動?

でしょうか。

ガンガン買いが入ったようです。


ですが

コンタロウがチョイ気にしている

ソニーG

コレは下落です。

10,715円(-185円)


残念!


続いて

本日の株式市場の関係各指数のほか

コンタロウが関心を持つ銘柄の価格変化を

取り上げてみます。


では、TOPIXから

 TOPIX  1,927.40  +29.16
 マザーズ  1,183.84  -17.93

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX・・上昇です。

この上昇の値から、結構幅広く銘柄の多くが

膨らんだ感じ。


ただ、マザーズは下落しています。

米株式市場の影響も少なからずアリや

と思いつつも・・


この要因として、緊急事態宣言の発令ですね。

なし崩し的に場当たり的に・・と言えば

政府批判に聞こえてしまい


よろしくないかもしれませんが

成長株には痛い!

と思うばかり。


このアトはコンタロウが関心を持つ銘柄へ

はじめは銀行・・メガバンク関連

 8411 みずほFG  1,590.0(+55.0)
 8316 三井住友FG  3,936(+134)
 8306 三菱UFJ  602.2(+24.2)
 7182 ゆうちょ銀行  1,016(+17)
 8591 オリックス  1,778.5(+21.0)

※ 単位は円


銀行・・どうした?

すばらしい動きを持っています。

このまま天翔ける勢いを持って欲しいほど。


金融、リース分野のオリックスはじめ

三菱HCキャピタル、東京センチュリーは上昇。


この日限りではないことを、祈念!


さらに、こちらも合わせて

見てみましょう。

野村ホールディングスです。


こちらの株価は588.1円(+1.2円)

上がっています。


かなり、連休前と株式市場を巡る風の向きは

変わったようです。

このまま流れが定着すれば、なお、よしかと。


そして、次はエネルギー関連です。

特筆は原油先物価格が上昇していること。

採掘分野は潤い、業績に大いに期待が持てる!

・・ほどと思いますが、どうでしょう。


コンタロウ的には買いに入っても

おかしくないと見なすのです。

 5020 ENEOS  487.9(+16.7)
 5021 コスモHD  2,497(+148)
 5019 出光興産  2,710(+93)
 1622 石油資源開発  2,112(+82)
 1605 INPEX  776(+30)

※ 単位は円


原油先物の価格の上昇に合わせた感じで

これらの企業の株価も膨らんでいます。


となると

ドバイ産の価格の変化が気になるところ。

もちろん

WTI・・引き続き注視でしょう。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す