コンタロウです。


今回もチョイ、メモ

5月4日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

思う・・です。


いつもの通り、無手勝流に表してみます。


目次
1 5月4日発表の米経済指標
2 5月4日のダウ、ナスダック指数

5月4日発表の米経済指標

はじめに

5月4日、目に入れた米経済指標のうち

気になるものから触れてみます。


〇 米貿易収支

【3月】
結果:-744億ドル
予想:-743億ドル
前回:-711億ドル
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/
(日本時間 21:30)

⇒ 前回、2月より下がりが増えています。

輸入超過がさらに進んだ!

赤字幅拡大!


これって

「経済活動が急ピッチで進んでいる?」

ということでしょうか。


ものごと、肯定的に見なせば、ですよ。


日本時間の21:30ころ、目に入れた際は

そのように捉えたわけですが


でも

株式市場の受け止めは芳しくない感じ。

もっと大きな変化要因があるのでしょうか。

次へ、続きます。

5月4日のダウ、ナスダック指数

5月4日のダウ、ナスダック指数です。

これらはともにはじまりは

マイナス値を表します。


※ https://nikkei225jp.com/nasdaq/


その後もイエレン財務長官の動き

● 米経済過熱(インフレ)予測
● インフレ対応の金利上昇ほのめかし

・・で

ユラユラ、フラフラに映ります。


ただ、こちらは効いたようです。

バイデン政権は米国独立記念日7月4日までに米国の成人のうち70%が少なくとも1回、コロナ対応ワクチンの接種が受けられることを目標とする。

と、4日の報道にアリ。

これで景気にプラスと見なす動きも

生まれた様子。


ダウは昨日終値から見ればマイナスながらも

上昇!


【ダウ】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


引け間近で浮上、プラス値を持ちます。

34,133.03ドル(+19.80ドル)

「かろうじて」

といった印象。

【NYSEでは、たとえば】
● ボーイングは2ドル未満ダウン!
● ゴールドマン・サックスは1ドル未満ダウン!
● キャタピラーは5ドル超えアップ!
● モルガン・スタンレーは1ドル未満アップ!
● デルタ航空は2ドル未満ダウン!

続いて

ナスダックはイエレン財務長官による

将来の金利上昇示唆!


そして

米長期国債利回り(長期金利)の素直な反応!


【米長期国債利回り】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


債券市場が開く時間からしばし

ガバッチョッと金利下降から上昇へ。


これによってか?

ハイテク株への影響は

それなりに表れているかに映ります。


さらには

冒頭で取り上げた貿易収支の赤字幅拡大!


これらを通じ

すごもり需要を持ったハイテク株から

景気敏感株へ関心が移ったことも

・・考えられ

とにかく、厚い下落幅を構成しています。


【ナスダック】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

【ナスダック・・たとえば】
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは2ドル未満ダウン!
● アメリカン航空グループは1ドル未満ダウン!
● テスラは10ドル超えアップ!
● ネットフリックスは6ドル未満ダウン!
● アップルは5ドル未満ダウン!
● マイクロソフトは4ドル超えダウン!
● フェイスブックは4ドル超えダウン!
※ 下落多し!

それで

〇 ダウは続伸!

〇 ナスダックは続落!

〇 S&P500は反落!

・・です。


ほかにコンタロウが日々気にしている

原油価格を目に入れると


1バレル = 65ドル以上の値を付け

さらに上昇の機会をうかがう流れアリ。


【原油先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


コロナワクチン接種の広がり

米経済活性化への見なしもあって

(イエレンさんの動きとか、からね。)

原油先物価格は上昇傾向アリ

と映ります。


そこで、気になるのがこちら。

石油採掘会社の株価・・です。


〇 シェブロンの株価は1ドル未満アップ!

〇 エクソン・モービルは1ドル未満アップ!


前回同様、上がっています。

「景気敏感、ビーン、ビーン」

って感じでしょう。


アト、為替ドル円は109円台!

イエレンさんのインフレ対応金利が

「上昇するかもよ」

とのほのめかしもあってか


ドル高がさらに進むのでは?


【為替、ドル円】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


ともあれ、米国株価・・

上がりのシグナルより下落のそれの方が

多くなる、なってくる?

その傾向がチラチラする感じ。


ナスダック、沈む期間が増えてきた!

そのようにも映ります。


日本にも影響を与えるでしょうから

「もう少し、奮起して欲しいかな」

と、願望は膨らむばかり。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す