コンタロウです。


今回は10月12日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

10月12日、ダウ、ナスダック下落!IMFの世界経済見通しの下げが効く・・


IMFの世界経済見通し

10月12日、IMFの世界経済見通しは

2021年の世界経済の成長率を5.9%

7月時の6.0%から0.1ポイント引き下げた

とのこと。


また

米国は1.0ポイント下げとし、6.0%へ。

(日本は2.8%から2.4%へ)


背景は新型コロナ(デルタ株)の感染拡大に

伴う消費の低下、半導体の供給不足など。

参照記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101201130&g=int
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN094UD0Z01C21A0000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1634043702

景況感を損ねるには十分だった感じ。

10月12日の米長期金利、ドル円

債券の買いが進み、米長期金利は低下!

(1.56%あたりへ)


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/”


為替はドル高を維持

ドル円は113円台半ばまで進みます。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/


この流れ、推し量り難い・・

リスク時のドル買い?

10月12日のダウ、ナスダック指数

はじめにダウです。

寄り付きから前半は

プラス圏、マイナス圏と上下に揺れます。


後半はマイナス圏へ、ドップリ。

IMFの見通しに揺れた?

景気敏感株の下げが多い感じ。


【ダウ】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ナスダックも同様の傾向アリに映ります。


また

米長期金利の低下があるも

「目立つ動きは見られず」

ですね。


とはいえ

米長期金利は既に高いところに達しているので

動きが鈍いのは仕方がないかも。


【ナスダック】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、

〇 ダウ続落!

⇒ 34,378.34 -117.72


〇 ナスダック続落!

⇒ 14,465.92 -20.28


〇 S&P500続落!

⇒ 4,350.65 -10.54

【NYSEでは、たとえば】
● ファイザー ↓
● ジョンソン&ジョンソン ↓
● スリーエム ↓
● メルク ↓
● ボーイング ↓
● ゴールドマン・サックス ↑
● JPモルガン・チェース ↓
● ウェルズ・ファーゴ ↓
● キャタピラー ↓
● モルガン・スタンレー ↑
● アメリカン・エキスプレス ↑
● ビザ ↓
● ツイッター ↓
● デルタ航空 ↑
● ナイキ ↑
● シェブロン ↑
● エクソン・モービル ↓
※ 景気敏感株、下落!
【ナスダック・・たとえば】
● モデルナ ↑
● アルファベット ↓
● アマゾン・ドット・コム ↑
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス ↑
● アメリカン航空グループ ↑
● テスラ ↑
● ネットフリックス ↓
● アップル ↓
● マイクロソフト ↓
● フェイスブック ↓
● バイオジェン ↓
※ ハイテク株、下落多し!

ほかに

コンタロウが日々関心を持つ原油先物価格

こちら(WTI)を目に入れますと、ね。

※ 米株式市場に合わせた時間内で見たもの


おおよそ

この日は80.2 – 81.4ドル(1バレル)。

(05時台、80.5ドルあたり)


原油先物高、ちょっと足踏み、一服の様子。


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで石油採掘会社の株価を見ると

〇 シェブロンの株価は0.1ドル弱アップ!

〇 エクソン・モービルは0.3ドル強ダウン!


騰落率、前者は0.1%弱、後者は0.5%強

総じて、下がりの傾向アリかと。


・・・・・


ほかに株式市場引け時の為替ドル円

ドル高傾向を保つ感じ。


1ドル = 113円60銭台

※ 日本時間10月13日05時台


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

10月13日の日経平均株価は?

続いて

「10月13日の日経平均株価はどうなるか」

と自問自答してみましょう。


10月12日のダウ、ナスダックの動きだけを

捉えれば

「日本市場も『揺れ』を感じそう」

「腰の定まらぬ動きアリ」

と思うところ。


値がさ株、景気敏感株・・ガタガタ?

特に、銀行、金融株は下向く?


また

資源エネルギー株は様子見の動きへ


ほかに

ハイテク、半導体事業関連株、新興株は

ナスダックの下落からあまりパッとせず?

※ 米国の消費者物価指数の発表を待つかも


そして

こちらはいつもの通り、気になるところ。

ダウ先物と日経先物は下げの動き。


凹んでも右肩上がりの端緒を作る動きにも

見えますが、注視!

(05-06時台)

※ 参照:https://nikkei225jp.com/cme/

ということで

コンタロウがサッと頭に浮かべるものは

このようなもの。


今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)