コンタロウです。

今回は3月18日の米長期金利と

米株式市場指標値ダウ、ナスダックを見て

思うこと。


目次
1 米長期金利1.7%まで跳ねる
2 3月18日のダウ、ナスダック
3 3月19日の日経平均株価は下がる?
ココから追記
4 日銀会合・・ETFの購入はこうなる! 
5 3月19日の日経平均株価大引け

米長期金利1.7%まで跳ねる

いやあ、跳ねましたね。


前日も触れましたが、パウエルキャノンでは

「米長期金利に関し明らかなものがない」

と。


それを反映したかのように米長期金利


米株式市場の終わりころは始まり時よりも

下がっていますが

それでも グーングーン!

と上昇した姿を持ちます。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ここまで上がると米株式市場

影響を受けますよね。

いや、強く受けた様子。

特にナスダックは・・

3月18日のダウ、ナスダック

ダウ、ナスダック、S&P500、各々下落

ナスダックは轟沈状態でしょうか


いささかなりとも時間の流れで追うと

米株式市場始まりのころはこちら


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


次いでしばらくは盛り返し


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


また、下がり


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


このアト、ダウは息を吹き返すような場面も

ありましたが、ナスダックは沈没への流れ


で、結局、終わりはこの通り


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ナスダック・・

米長期金利の上昇の影響がかなり大きい

・・かと。


また

ダウも・・

ただ

金利上昇は銀行系にはよさそうに思えます。

ですので、ソコソコ下落を食い止めたかも。


それにしても、この日は米国の経済指標の一つ

こちらはよかったのに、ね。

フィラデルフィア連銀製造業景気指数

メチャ、いいじゃないですか。

〇 結果:51.8
〇 予想:23
〇 前回:23.1
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9161

でも、こっちはよくなかったですね。

新規失業保険申請件数

先週分(週単位評価です。)

増えています。よろしくない感じ。

〇 結果:77.0万件
〇 予想:70.0万件
〇 前回:71.2万件
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/

こうしたものもあって今回の下落へ至った!

ということでしょう。


ほかに気になるのはココ、この点ですよね。

これまで好調だった

いや、比較的高価格を維持していた

原油価格 (WTI)

1バレル60ドルを割り下げていること。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ダウを押し下げる要因でしょう。

エネルギーで見れば

シェブロンということになりますが

その株価チャートを見ると下げています。


ともあれ

これが分岐点になるのかどうか?

本日19日の日経平均株価

コンタロウ的には大きな関心事です。

3月19日の日経平均株価は下がる?

まずは「下がる」と思いますよね。


日銀金融政策決定会合

終了後、どのような発表するのか

あるいはしないのか

それによって新たな変化が生まれる

とは思いますが


この時点(08:00)で先物価格を目に入れると


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


おそらく、ジャスダック、マザーズ上場株

これらは影響を受けて下落する流れを持ち

で、直接間接問わず日経平均株価も下がる!

と思うばかり。


そこでコンタロウ的には、今慌てて

今日の買いにトライしたく準備をするのです。

バリュー株は手が出ないから

景気敏感株で下がったものをゲットするか

・・と。

(この考えが正しいかどうかわからずですが)


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


日銀会合・・ETFの購入はこうなる!

『日銀会合』(『日銀金融政策決定会合』)

これの結果発表がありました。


下馬評と言いましょうか

事前にネットでも伝わっていた内容が

表れていましたが、ほぼその通りかと。


で、それらがこちら

(コンタロウなりのチョイス)

● ETF購入で『年6兆円』はなし

● ETF購入の『上限12兆円』はアリ

このあたり、市場が大きく不安定な状態になった場合、大規模な購入が効果アリとの考えがある様子。

● ETFは必要に応じTOPIX連動ものを購入

● 長期金利の幅を-0.25%から+0.25%

● 必要なら金融緩和に動く


基本、これまでの施策を大きく違えるもの

ではないと映りますが、いかに。


ただ

「『年6兆円』はなし」から痛いものを感じる

業種はアリかも?


やや、想いはそこに至る次第。


なお、コンタロウ・・

今回の『日銀会合』の発表の前後で

下がる『日経平均株価』を横目に見ながら

『三菱商事』をゲットしてみました。


今、こちらは再び上昇、いい感じ。


コンタロウ、大きなことはできませんが

たまにこうした小さな満足を得て

楽しんでいます。


では、引き続き、後場へ・・

3月19日の日経平均株価大引け

後場は寄りから下がっていきます。

結局、昨日復活の3万円を割って大引け

この流れ、むべなるかなでしょう。

【3月19日 日経平均株価】
〇 始値 29,904.57 (09:00)
〇 高値 30,049.77 (12:41)
〇 安値 29,621.22 (13:05)
〇 終値 29,792.05 (15:15)
(3月18日終値 30,216.75)
※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000

基本、日銀会合、ETFの扱いの変更などが

米株式市場ダウの下落で冷える心理を

さらに冷ました様子。


とはいえ

日経平均株価を構成する225銘柄のうち

時価総額の大きい上位20種の値嵩株

そのいくつかの下落した波が目立つ感じ。


他方、株価5,000円以下の数多ある

銀行含むバリュー系は下がりが目立たない

と言いましょうか、逆に上昇するものもアリ

十把一からげに評するのは難しいところ。


で、コンタロウには、日経平均株価が

大引けで400円を超えて下がったとしても

主に外国人投資家の目に入る株の価格が

変動しただけにも映るのです。


もちろん「日経平均株価が下落」の声で

売りに走られた株もあるでしょうけど。


何気にそんなことも思う次第。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。


コメントを残す