コンタロウです。


今回は7月22日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

22日のダウはマイナス域から発進、ナスダックはプラス域でユラユラ、引けは続伸!

目次
1 7月22日の米経済指標
2 7月22日のダウ、ナスダック指数
3 日経先物を見ると

7月22日の米経済指標

はじめに、7月22日の米経済指標において

特筆すべきところはココでしょう。


※ https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210722&c=ALL&i=0


米新規失業保険申請件数の増加です。

「雇用回復が鈍る」

と映ったのか(そう見えますよね。)


これは米長期金利の低下と為替ドル円の下落

として影響を与えた感じ。

ダウもはじまりから下げが続きましたし・・


ただ、その後、いずれも回復。

メチャ影響を与えるものにはならなかった様子。


ほかに株式市場にネガティブに映るものとして

中古住宅販売件数が挙げられます。


※ https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210722&c=ALL&i=0


減少ですね。

コレも発表後、ダウの下落を推し進めた感は

ありましたが

前日の指数から押し下げるほどの影響は

なかった・・様子。

(7月22日23:40)

7月22日のダウ、ナスダック指数

7月22日のダウ、ナスダックの両指数は

前日21日に続いて上昇しています。


〇 ダウは続伸!

⇒ 34,823.35 +25.35


〇 ナスダックも続伸!

⇒ 14,684.60 +52.64


〇 S&P500も続伸!

⇒ 4,367.48 +8.79


また

米長期国債利回り(米長期金利)は

当該時間帯、はじまりは下げを持ちつつも

時間の進みとともに上昇。

※ 米国の債券10年利回り


1.3%に戻る勢い。(1.27%)

債券売りが進んで金利上昇ですからね。

「景気はまだよかんべ」

との見なしが強いのでしょう。

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナは2.5ドル弱アップ!
● ファイザーは0.5ドル弱アップ!
● ボーイングは2ドル弱ダウン!
● ゴールドマン・サックスは1ドル弱ダウン!
● JPモルガン・チェースは2ドル弱ダウン!
● ウェルズ・ファーゴは1ドル弱ダウン!
● キャタピラーは1.5ドル強ダウン!
● モルガン・スタンレーは0.1ドル強ダウン!
● ビザは0.5ドル弱アップ!
● デルタ航空は0.5ドル強ダウン!
● ナイキは2.5ドル強アップ!
※ 景気敏感株は下落。金融目立ちます。
【ナスダック・・たとえば】
● アルファベットは15ドル弱アップ!
● アマゾン・ドット・コムは53ドル弱アップ!
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは0.1ドル強ダウン!
● アメリカン航空グループは0.2ドル強ダウン!
● テスラは6ドル強ダウン!
● ネットフリックスは2ドル強ダウン!
● アップルは1.5ドル弱アップ!
● マイクロソフトは5ドル弱アップ!
● フェイスブックは5ドル弱アップ!
※ ハイテクは様々ながら、上昇アリ。
GAFAM、上がっています。

ハイテク株が健闘か。


ほかに

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


この日は70-71ドル

71ドルまで上昇しています。


そこで石油採掘会社の株価。


〇 シェブロンの株価は1ドルダウン!

〇 エクソン・モービルは0.5ドル強ダウン!


下がりましたね。


米経済指標からの需要への不安

それを反映したかに映るダウの動きが影響か?

気になるところ。


・・・・・


ほかに

当該時間帯、為替ドル円はドル安円高!


とはいえ

1ドル = 110円台での動き。


前日より下がった範囲の中で

徐々に右肩上がりの傾向も目に入ります。


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

日経先物を見ると

そこで、先物を見ると

7月23日05時台において

ダウは二けたのマイナス値ながら

右肩上がりを示しています。


そして

日経先物は500円増しに近い数値で推移!

この時点では次に続くよき流れがある!

と映りますが、このアト、いかに。


このまま望みたいところ。


ということで

ここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す