コンタロウです。


今回は

4月29日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

30日の日経平均株価をチョイ思うです。


目次
1 4月29日発表の米経済指標
2 4月29日のダウ、ナスダック指数
3 4月30日の日経平均株価はどう?
《ココから追記》
4 日経平均、アカンかったね、下落!
(21:30)

4月29日発表の米経済指標

4月29日の経済指標で

株価に影響を与えそうなものを取り上げると

やはり、これでしょう。


〇 米四半期実質国内総生産(GDP)

【1-3月期】
結果:6.4%
予想:6.1%
前回:4.3%
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/

⇒ 前回、予想を上回っていますね。


経済の成長具合、回復具合はよい!

ということでしょう。

株価へのアフターバーナー点火!

となりそう。


ほかに、これもありますね。


〇 米新規失業保険申請件数

【4月24日までの1週間】
結果:55.3万件
予想:54.9万件
前回:54.7万件(56.6万件)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/

(修正値から見れば減少です。)

(むしろ、改善・・OK!)

好感度を増すと思われるところ。

4月29日のダウ、ナスダック指数

4月29日のダウ、ナスダックは

米四半期実質国内総生産(GDP)ほか

各種経済指標の効果も相まってか

始まりから上昇です。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


途中、マイナス値を示すこともありましたが


【ダウ】




【ナスダック】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ほぼ終始プラス値を示す流れを持って

上昇傾向で引けまで進んだところ。


勢いの強さから

冒頭で触れた経済指標のほかに

直近の変化要因を考慮すると

バイデン大統領の施政方針演説

こちらもかなり影響を与えるものがあった

と見なせるでしょう。


また

決算発表もありますからね。

これがダウ、ナスダック指数を

「支える!」

とともに「落としている!」

とも映ります。

【NYSEでは、たとえば】
● ボーイングは1ドル未満アップ!
● ゴールドマン・サックスは5ドル未満アップ!
● モルガン・スタンレーは1ドル未満アップ!
● デルタ航空は0.1ドル未満ダウン!
● キャタピラーは5ドル未満ダウン!

ほかに米長期金利の影響もアリか・・と。

金融緩和施策の継続から国債の買いが

進んだと思えば(28日、下げ)


バイデン大統領の施政方針演説の影響か

売りへの転換もあったようで


下がったり(28日)上がったり(29日)!

で、また、下がる(29日)!って感じ。

※ ここでの日付は米国時間の話。


【米長期国債利回り】

※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


これに影響を受けた上昇もあるでしょう。

【ナスダック・・たとえば】
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは0.1ドル超えアップ!
● アメリカン航空グループは1ドル未満ダウン!
● アップルは0.1ドルダウン!
● テスラは17ドル超えダウン!
● ネットフリックスは2ドル超えアップ!
● マイクロソフトは2ドル超えダウン!
● フェイスブックは22ドル超えアップ!

ダウは反発!

ナスダックも反発!

S&P500も反発!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

・・です。


ほかにコンタロウが日々気にしている

原油価格は引き続き上昇傾向維持ですね。

1バレル = 64ドル以上の値を付けています。


【原油先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


やっぱ・・需要が大きくなる!

との見なしが膨らんでいる。

・・と考えてもよいのでしょう。


そこで、石油採掘会社の株価を見ると

こんな動きですね。


〇 シェブロンの株価は2ドル未満アップ!

〇 エクソン・モービルは1ドル未満アップ!


来ましたね、本日29日も。

少しずつ、上昇です。


アト、為替ドル円は108円台!

上へ行くか、下へ行くか、逡巡中?

って感じ。

どちらかと言えば、ドル高円安かも?


【為替、ドル円】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/

4月30日の日経平均株価はどう?

それでもって、本日、4月30日

「日経平均株価はどうなる?」

米株式市場の動き、経済指標ほかを見て

チョイ思うところ。


米の株式市場の動きは

米国バイデン政権の対コロナ施策によるものが

『大』に映りますから、ね。


今回の米株価の上昇変化が日本の市場に

与える影響はあまりないかもしれません。


基本、ここ数日を見ても

対コロナにおける日本の国内事情に

特段のプラス変化は見られませんし


30日の日経平均株価・・やっぱ継続して

コロナ対策の一環、『緊急事態宣言』ほかが

重く映り込み、様子見の下落と見なすばかり。


値がさ株はなんやかんやで

買い、売りの位置を入れ替えたりしても

やや下落傾向多しでしょう。


ハイテク株は多少なりとも

米株式市場の影響もあってか、浮き上がる?

そんな姿勢がありそうな気もしますが

米株式の先物価格の動きを見ると

「やっぱ、どうかな?」

とも思えてきます。


景気敏感株も、上昇は難しいかな?


ただ

様子見が主体の動きと考えられるので

ガタ下がりはしないと捉えるところ。


コンタロウの願望中心の話となりましたが

こんな感じで受け止めてしまうのです。


ということで(このアト、追記にて。)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


《ココから追記》21:30

日経平均、アカンかったね、下落!

今回も淡々です。


30日の日経平均株価・・

今朝、頭に浮かべていた以上に下落ですね。


「様子見、飛び越し、腰が引けた!

そんな感じの市場の流れに見えましたが

どうでしょう。


基本、連休前に危ない橋は渡りたくない?

そんな雰囲気を醸しているかにも映りましたが

・・。


米国はコロナへの対応はよくても

「日本はどうかなあ?」

との想いの部分があるのかもしれません。


で、日経平均株価の流れです。

寄り付きから下がりました。


※ https://nikkei225jp.com/chart/


途中、起き上がりかけましたが

力尽きた?

・・でしょうか。

 始値  28,996.66  (09:00)
 高値  29,046.49  (09:01)
 安値  28,760.27  (14:33)
 終値  28.812.63  (15:15)

(単位:円)

※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000

4月28日終値は29,053.97円

241円34銭安、で大引け


このアトは

日経平均株価の看板銘柄のいくつか

こちらの価格変化も見てみましょう。

(ランダムに選択したもの)

 9983 ファストリ 89,710(-20)
 8035 東エレク 48,320(-1.040)
 6954 ファナック 25,175(-755)
 6857 アドテスト 10,380(-140)
 9984 SBG 9,885(-6)
 7751 キヤノン 2,603.0(+10.0)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)

おなじみの値がさ株は本日30日

多くは下がっています。

ただし、下がりに差が出ており

東京エレクトロンはガンガン下がりまくった

感じ。


連休前で、皆が皆、疑心暗鬼状態に陥って

しまったのか

本当のことはわかりませんが、下がり激し!

・・です。


ほかに、コンタロウがチョイ気にしている

ソニーGも下落ですね。

10,900円(-910円)


残念!


続いて

本日の株式市場の関係各指数のほか

コンタロウが関心を持つ銘柄の価格変化を

取り上げてみます。


では、TOPIXから

 TOPIX  1,898.24  -10.82
 マザーズ  1,201.77  -9.54

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX・・下落です。

この下落の値から、結構幅広く銘柄の多くが

コケタ感じですね。


マザーズも下落しています。

経済状況として先が見えない?

今後の展望が利かない懸念から?

とにかく、下がりです。


このアトはコンタロウが関心を持つ銘柄へ

はじめは銀行・・メガバンク関連

 8411 みずほFG  1,535.0(-18.5)
 8316 三井住友FG  3,802(-30)
 8306 三菱UFJ  578.0(-5.7)
 7182 ゆうちょ銀行  999(+1)
 8591 オリックス  1,757.5(-8.0)

※ 単位は円


銀行・・いやいやドンづまった?

下落ですね。


金融、リース分野のこちらも

オリックス、三菱HCキャピタルは下落。


コンタロウが見たい、関心を持つものは

ダメダメです。もう一回、残念!


が、日頃関心を持つことが少ない

東京センチュリーほかいくつかは上昇。


さらに、こちらも合わせて

見てみましょう。

野村ホールディングスです。


こちらの株価は586.9円(-5.0円)

下がっています。


ここまでくると

全般に沈んでしまった感が広がります。


そんな中、次はエネルギー関連です。

こちらはささやかな涼風と化しています。

本日は上がっているところが多し!

というか、ナントカ踏みとどまった感じ。


もっとも、原油先物価格は上昇しています。

採掘分野は潤い、業績に期待が持てそう!

ですから、買いは入ってもおかしくないか

・・と。

 5020 ENEOS  471.2(+6.1)
 5021 コスモHD  2,349(-2)
 5019 出光興産  2,617(+6)
 1622 石油資源開発  2,030(+1)
 1605 INPEX  746(+1)

※ 単位は円


連休明け、さらに期待したいところ。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す