コンタロウです。


今回は、4月28日に行われた

バイデン大統領施政方針演説に関し

株式市場ほかへの影響をチョイ思うです。


目次
1 バイデン大統領施政方針演説
2 米株式市場ほかへの影響

バイデン大統領施政方針演説

はじめに、4月28日に行われた

バイデン大統領施政方針演説に関し

主要と思われるものを並べてみましょう。

〇 コロナと対峙している
〇 中国に向け対抗姿勢を鮮明にする
〇 6歳以下の子供に免税
(よくわからないけど、免税したい様子)
〇 最低賃金自給15ドル、議会にかける
〇 ロシアに対し強い姿勢で臨む
〇 米国富裕層に税の負担をしてくれ!
 ・ キャピタルゲイン課税
 ・ オバマケア分の課税
 ・ 所得税率引き上げ
〇 銃規制に取り組む
〇 中産階級への税負担は考えていない

項目のみですが、趣旨は察して頂ける

と思います。


また

コンタロウ的に淡々と押さえた範囲ですが

さほど違えることはないでしょう

米株式市場ほかへの影響

それではランダムに目に入る状況から

思うことなど広げていきます。


〇 米株式市場(ダウ、ナスダック)

目に入れた順としては一番最後ですが

当ブログのテーマは株ですので

まずは筆頭に挙げてみたいと思います。


基本、バイデン大統領の演説

よいと受け止められたかどうか

細かなところまではわかりませんが


少なくとも、今、現在(29日2240)

米株式市場は悪いとの認識は持っていない

と見なせそうです。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


寄り付きからプラス値、上昇です。

もちろん決算発表の影響もあると思われます。

アップル、フェイスブックがよかった話題も

取り込まれているでしょう。


〇 米長期国債利回り

上昇中ですね。

ちょうど施政方針演説の頃から・・

金利が高まる、上を向いています。


※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


金融緩和環境がある中

「米国は強くなる」

「強い米国を目指したい」

そうした想いを背に長期債が売られている

・・のかもしれません。


リスクオンへ動いている?


〇 為替ドル円

続いてはコチラ

為替ドル円はドル高円安方向に動いています。


※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


米長期金利が上がっていますからね。

そうした方向に向かうのでしょう。


もっとも、この傾向、明日の朝

(米株式市場の引け時)まで続けば

さらに興味深いところ。


ということで、ここまでコンタロウなりに

受け止めたものをまとめるとこんな感じ。


今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

(29日22:50)


【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す