コンタロウです。

今回は3月22日のダウ、ナスダックを見て

23日の日経平均株価は

「上がるんだろうなあ」

と素朴に思うこと。


目次
1 3月22日のダウ、ナスダック
2 日経平均株価も元気になる?

ココから追記
3 日経平均株価、最初はよしだが・・
4 銀行、商社株は強くなれず

3月22日のダウ、ナスダック

22日の米国株式市場、ダウは当初下落の流れ


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、はじまりは

「危うい?」

なんてこともちらつきましたが

しばらくすると主要3指標値はみなプラスへ


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


米長期金利は1.7%を割っていたことが奏功?


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


その後のダウ、ナスダックはプラスを維持した

走りを続けて、閉場時はこの通り


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


メチャ上がり・・

いわゆる爆上げではありませんが

ダウは3日続いた下がりから回復、反発です。


ナスダックは米長期金利の下降の影響、恩恵?

上昇!・・続伸です。


※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ともあれ

VIXも下がり「よきかな」と思うのですが

いかに・・。

日経平均株価も元気になる?

コンタロウなりに頭をグルグルさせると

飛び出たものは、本日23日の日経平均株価は

反発!・・上がりと思う次第。


● ダウが反発!

● 原油価格が60ドルを超えている!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


となると、景気敏感株は跳ねそうな想いに

至るのです。

が、フタを開けるまではわかりませんが・・

ちなみにコンタロウは石油関連株にトライしてみたいと思います。
トライしたからと言って、必ずしもゲットできるわけではありませんが、モチベーションの維持です。(笑)

ということで(このアトは追記にて)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


日経平均株価、最初はよしだが・・

さて、日経平均株価です。

はじめに

「ふたを開けてみたら、こうだった」

・・です。

【3月23日 日経平均株価】
〇 始値 29,381.49 (09:00)
〇 高値 29,496.83 (09:18)
〇 安値 28,995.92 (15:00)
〇 終値 28,995.92 (15:15)
(3月22日終値 29,174.15)
※ https://kabutan.jp/stock/?code=0000ほか

結局、大引けではマイナスですね。

(178円23銭安)


でも、前場の寄り付きでは上昇していたのに

・・何とも残念!


※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/chart/


で、いくつかの報道記事を見ると

『米政権による増税の動きアリ!』

『日銀のETFの扱いはいかに?』

との趣旨のものがあちらこちらに・・

「むべなるかな」の想いに至ります。


またこれもあるのです。

『利確の表現アリ!』


うーん、3月末ですからね。

「ここらで整理するべ」

ということなのでしょうか。


それにしても景気敏感株の主力に映る

銀行やら商社が凹んでいたのはやや意外・・

(でもないかな、凹む時がついに来た?)

銀行、商社株は強くなれず

そこで銀行、商社株です。

昨日はと言いましょうか

前回は「強い株」として持ち上げました。

・・からね。


下がった現実を知った時は

「ええー、アアー」

という感じ。

 8411 みずほFG  1,679.5(-22.0)
 8316 三井住友FG  4,203(-99)
 8306 三菱UFJ  632.7(-21.2)
 7182 ゆうちょ銀行  1,110(-17)

※ 単位は円


ほかにもありますが著名なメガバンク関連を

取り上げています。


続いては五大商社です。

 8058 三菱商事  3,227.0(-50.0)
 8031 三井物産  2,379.5(-5.0)
 8001 伊藤忠商事  3,519.0(-54.0)
 8053 住友商事  1,621.0(-12.5)
 8002 丸紅  929.1(-22.7)

※ 単位は円


こちらは鉄壁と思っていましたが

そうでもない様子。

本日は「アカンかった」と映ります。


いったん、足踏みかもしれません?

このあたり、気になるところ。


ともあれ、本日の日経平均株価の下がりは

これまで以上に注視し明日以降に臨みたい

と思わせるのです。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。


コメントを残す