コンタロウです。


今回は11月1日の大引けアト

この日の日経平均株価、TOPIX、ほかを見て

コンタロウが無手勝流に思うところ。

11月1日の日経平均株価、TOPIXは自民党安定多数の衆院選結果を受け、上昇か!

(コンタロウのメモです。)



11月1日の日経平均株価

本日の日経平均株価・・大きく上昇!


背景は基本、・・

10月29日のダウ、ナスダック、S&P500の各指数

これらの最高値更新の波、とともに


10月31日の衆院選、自民党安定多数の結果が

投資家の株式への関心、取引への意欲、安心感を

膨らませた!

というものでしょう。


で、続伸

 終値  29,647.08円  (11月1日)

(単位:円)

前日10月29日の終値は28,892.69円

754円39銭高 で、大引け。


【日経平均株価】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/chart/


そして

こちらもいつもと同じく目に入れてみます。


【ダウ先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


本日は衆院選結果の影響が

「ダウ先物より強かった」

との印象を受けるところ。

日経平均株価の看板銘柄は?

日経平均株価の元となる銘柄から

いくつかチョイスしたもの

その価格変化を取り上げます。

(目立つもの)

9983 ファストリ 78,700(+3,190
8035 東エレク 55,110(+2,260
6954 ファナック 22,935(+625)
6857 アドテスト 9,890(+560)
4063 信越化学工業 20,460(+205)
9984 SBG 6,329(+165)
7751 キヤノン 2,576.5(+18.5)
7203 トヨタ自動車 2,050.0(+43.5)
9433 KDDI 3,510.0(-18.0)
6758 ソニーG 13,850(+710)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)
(SBG:ソフトバンクグループ)

値がさ株、大きく上に向かって揺れます。

たとえば、こちら

ファーストリテイリング、上昇!

SBGも同様。


衆院選結果を見た外国人投資家が

日本の政治体制が安定、落ち着く!

と見なした動きかも・・。


とはいえ、上昇ばかりでもありません。

ほかの株価も目に入れてみましょう。


《上記に表したもの以外をここに広げます》

6752 パナソニック 1,382.0(-10.5)
6981 村田製作所 8,619.0(-34.0)
6762 TDK 4,125.0(-5.0)
7735 スクリン 11,030(+460.0)
6590 芝浦メカトロニクス 7,550.0(+240.0)
(スクリン:SCREENホールディングス)

※ 単位は円


上がるものあれば下がるものアリ、です。

利益確定売りの動きもある様子。


そして

トヨタ自動車も本日上昇、続伸。


アト、もう一つ触れたいのは海運株

9101 日本郵船 8,450.0(+270.0)
9104 商船三井 7,250.0(+90.0)
9107 川崎汽船 5,610.0(+130.0)



それぞれ上昇です。


これから発表される

日本郵船、川崎汽船の決算内容を「よし」

と見なす動きかも。

【近々の決算発表】
● 商船三井 10/29
● 日本郵船 11/4
● 川崎汽船 11/4

そんなこんなで、本日、TOPIXは上向き。


東証1部銘柄、上昇数、下落数の占有度合いは

おおむね79.8%16.4%

(前場アト)

買い気が勝ります。

市場の関係各指数

TOPIXほかを見ると・・

TOPIX  2,044.72  +43.54
マザーズ  1,131.09  +24.01

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX ⇒ 上昇(続伸)

2,000ポイントを超えさらに上積み!


ここで医薬品関連で目立つ企業の株価を

目に入れてみます。

4523 エーザイ 8,184.0(+157.0)
4568 第一三共 2,874.0(+7.0)

※ 単位は円


両者とも上昇。

ほか、医薬品関連株は上昇多し!


そして

こちらも上がっています。

4519 中外製薬 4,306.0(+59.0)

※ 単位は円


続いて

マザーズ ⇒ 上昇(反発)


メルカリを見てみましょう。

4385 メルカリ 6,620(+470)

※ 単位は円


大きな上昇幅を持ちます。(7.5%超え)

マザーズ、買いへの安心感が増した感じ。

コンタロウが関心を持つ銘柄

はじめは銀行ほか金融関連

8411 みずほFG  1,538.5(+33.5)
8316 三井住友FG  3,825.0(+104.0)
8306 三菱UFJFG  640.1(+17.6)
7182 ゆうちょ銀行  889.0(±0)

※ 単位は円


主要3行、上昇!

いずれも2%を超える上昇率。

(三井住友FG、三菱UFJFGは2.8%あたり)

上記以外でコンタロウがよく見るもの
〇 8308 りそなホールディングス ↑
〇 8355 静岡銀行  ↑
〇 8358 スルガ銀行 ↑
〇 8410 セブン銀行 ±0

銀行、多くは上昇!


続いて

コンタロウが気になるコチラ

8591 オリックス  2,324.5(+69.5)
8604 野村HD  515.3(-34.7)

※ 単位は円


オリックスはさらに上がりました。

2,300円を突破!(絶好調・・)


野村HDは本日、買いが進まない?

大きく下がっています。(6%超え)

まあ、当然でしょうか


10月29日の決算発表内容を見たら

メチャ減益、ですからね。


「凹み街道まっしぐらか?」

「このままでは500円を割るかも?」

(2020年前半は割っていました。)

との想いを持つ方も少なくないでしょう。


それでも、株価を500円台で保てたのは

自民党の安定多数と野村HDのブランド力

でしょうか。

(下がれば上がりもあると見て、気長に)


このアト

エネルギー関連を見てみましょう。


WTIの原油先物価格はゆっくり上昇!

という感じ。

1バレル・・82.8 – 83.4ドルあたり

(日本市場の開いている時間で見た場合)


【原油先物】




北海ブレントの先物価格はほぼ変わらず。

1バレル・・83.0 – 83.8ドルあたり

(日本市場の開いている時間で見た場合)

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


株価に直接影響を与える動きには・・

映らないところ。


そこで

日本の石油関連会社・企業の株価を見ると

その価格は・・この通り。

5020 ENEOS  463.5(+3.9)
5021 コスモHD  2,368.0(+35.0)
8133 伊藤忠エネクス  1,024.0(+21.0)
5019 出光興産  3,140.0(+25.0)
1662 石油資源開発  2,118.0(+41.0)
1605 INPEX  969.0(+17.0)
5017 富士石油  270(±0)

※ 単位は円


上昇傾向強し!


この上昇の動き、どちらかと言えば

原油先物価格によるものは小さく

10月29日のダウの上昇と衆院選の結果から

「買いの力が大となった」

と見なすところ。


伊藤忠エネクスの上昇率は2%超え。

カチッと1,000円以上を保つ感じ。


ということで、本日はここまで

となります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

また、2021年11月9日から

ダウほかの指数内容を午後出しとして

その日のメモページとしました。

そして

無手勝流の予測はやめました。

米夏時間終了で朝、考える時間が足らず

言葉が持てなくなったためです。

7時台出勤だと、チョイきついですね。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す