コンタロウです。


今回は10月29日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数と

10月31日の週銀選挙結果を見て

チョイ思うこと。

(総括し直します。)

11月1日の日経平均株価、興味深し!ダウ、ナスダック最高値更新、衆議院選挙の自民安定多数の話題アリ・・




はじめに、こちら

10月29日のダウ、ナスダック、最高値更新

10月29日、ダウ、ナスダックは上昇!


〇 ダウ続伸!

⇒ 35,819.56 +89.08

※ 最高値更新


〇 ナスダック続伸!

⇒ 15,498.39 +50.27

※ 最高値更新


〇 S&P500反発!

⇒ 4,605.38 +8.96

※ 最高値更新

衆議院選挙、自民安定多数

自民党は公示前からの議席数を減らすものの

政治の安定運営の条件を確保した様子。


● 過半数(233議席)を超える

● 安定多数(244議席)を維持

● 常任委員長ポスト、独占可能

● 各委員会、半数確保


これなら11月1日はご祝儀相場かもね。 

で、日経平均株価は上昇と見なすところ。


景気敏感(シクリカル)株は

ダウ上昇の影響を受け、跳ねるかも。

特に、資源エネルギー株は原油先物高から

上を向きそう。


ハイテク、半導体事業関連株も

ナスダック上昇と米長期金利低下を受け

素直に上向きか。


・・と、本日も願望コミコミの見なしですが

総じて、市場は明るい動きを持つ!

と思うところ。


ただ、気になるものもあります。

本日のみならず、今後において

岸田政権が金融所得課税強化をいつ行うか?

この一点。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

また、2021年11月9日から

ダウほかの指数内容を午後出しとして

その日のメモページとしました。

そして

無手勝流の予測はやめました。

米夏時間終了で朝、考える時間が足らず

言葉が持てなくなったためです。

7時台出勤だと、チョイきついですね。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す