コンタロウです。


今回は10月1日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

10月1日、ダウは債務上限問題絡みの米国格付け話題と経済指標の狭間で上昇!ナスダックは米長期金利低下で活気づく?


米経済指標

10月1日発表の米経済指標を見ると

ISM製造業景況指数

ミシガン大学消費者態度指数から

景況感はグッとアップか、といった感じ。


※ 引用元:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20211001
&c=ALL&i=0



ただ

この日の午前中(米国時間)に伝わった

話題の一つに

米債務上限問題から債務不履行のおそれアリ

と見なした格付け会社が

米国の格下げに触れたものがあり


それが米長期金利、為替、株式市場に影響

上下の激しい動きをもたらした様子。

10月1日の米長期金利、ドル円

米経済指標の影響か

債券は買いの動きが加速化した模様。

米長期金利、低下へ。


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/”


為替はドル安へ

ドル円は111円を割るあたりまで

下がります。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/

10月1日のダウ、ナスダック指数

10月1日のダウです。

まず、米長期金利は低下、為替はドル安


また

米共和党、民主党の議会での対立が続き

米債務上限問題は先送り状態であることから

ダウはこの日も下がりと思われましたが


米経済指標の好感度が高かったためか

ダウは上昇を回復。


【ダウ】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ナスダックは米長期金利の低下も相まって

マイナス圏を脱しプラス圏、上昇!


【ナスダック】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、

〇 ダウ反発!

⇒ 34,326.46 +482.54


〇 ナスダック反発!

⇒ 14,566.70 +118.12


〇 S&P500反発!

⇒ 4,357.04 +49.50

【NYSEでは、たとえば】
● ファイザー ↓
● ジョンソン&ジョンソン ↓
● スリーエム ↑
● メルク ↑
● ボーイング ↑
● ゴールドマン・サックス ↑
● JPモルガン・チェース ↑
● ウェルズ・ファーゴ ↑
● キャタピラー ↑
● モルガン・スタンレー ↑
● アメリカン・エキスプレス ↑
● ビザ ↑
● ツイッター ↑
● デルタ航空 ↑
● ナイキ ↑
● シェブロン ↑
● エクソン・モービル ↑
※ 景気敏感株、上昇!
⇒ 空運、金融、資本財、資源エネルギー、勢いづく
【ナスダック・・たとえば】
● モデルナ ↓
● アルファベット ↑
● アマゾン・ドット・コム ↓
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス ↑
● アメリカン航空グループ ↑
● テスラ ↓
● ネットフリックス ↑
● アップル ↑
● マイクロソフト ↑
● フェイスブック ↑
● バイオジェン ↑
※ ハイテク、空運、上昇!

ほかに

コンタロウが日々関心を持つ原油先物価格

こちら(WTI)を目に入れますと、ね。

※ 米株式市場に合わせた時間内で見たもの


おおよそ

この日は74.6 – 75.9ドル(1バレル)。

(05時台、75ドルあたり)


引き続き、上下揺れつつ高価格帯を進む感じ。

※ 参照:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで石油採掘会社の株価を見ると

〇 シェブロンの株価は3ドル弱アップ!

〇 エクソン・モービルは2ドル強アップ!


上昇率、それぞれ概ね2.8%、3.5%。


・・・・・


ほかに株式市場引け時の為替ドル円

1ドル = 111円00銭台

※ 日本時間10月2日05時台


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

10月4日の日経平均株価は?

続いて

「10月4日の日経平均株価はどうなるか」

と自問自答してみましょう。


10月1日のダウ、ナスダックの動きから

4日の日経平均株価の上昇は期待できそう

・・かな、という感じ。


米株式市場の引け近くころ

ダウ先物は右肩上がりでヨコヨコと映りますし

日経先物も三ケタのプラス値を持ちます。

※ 参照:https://nikkei225jp.com/cme/


もちろん、当日4日の流れを見てから

判断しないといけないものの、今の時点では

何気に「イケそう」と思えるところ。


特に、景気敏感株、ハイテク株

半導体事業関連株ほか

これまでの下げが激しかったものが

「勢いを取り戻す!」

これを期待したいものです。


コンタロウがサッと頭に浮かべるものは

このようなところ。


ということで、今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す