コンタロウです。


今回は8月3日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

3日、ダウ、ナスダック上昇!4日の日経平均株価は?

目次
1 8月3日の米経済指標
2 8月3日のダウ、ナスダック指数
3 8月4日の日経平均株価は?

8月3日の米経済指標

8月3日の米経済指標を取り上げると

こちらですね。

製造業新規受注(6月分)

結果:1.5%
予想:1.0%
前回:1.7%(修正2.3%)
※ 数値引用元:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210803&c=ALL&i=0

前回ほどではなくとも予想を超えた値が

表れています。

そのためか、債券買いが鎮まり、売りへ

転じた様子。


このアト米長期金利は上昇。


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


「好転の兆しか」

と思ったりもします。


そして

為替もドル安がドル高へ変化

108円台から109円台へ進みます。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/


こうした変化の中、当然かもしれませんが

下がり続けていたダウは元気を取り戻した感じ。

(4日00:00ころ)

8月3日のダウ、ナスダック指数

8月3日のダウ、ナスダックの両指数です。


ダウのはじまりはプラス域でしたが

しばらくするとマイナス域へ沈み

「このまま、どうなる?」

と思われたものの、米経済指標の影響か

上昇!


【ダウ】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ナスダックもはじまりはプラス域ながら

途中マイナス域を進み、再びプラス域へ。

この再度の上昇、背景はわかりませんが

まずは上昇、右肩上がりを持ちます。


【ナスダック】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


で、


〇 ダウは反発!

⇒ 35,116.40 +278.24


〇 ナスダックは続伸!

⇒ 14,761.30 +80.23


〇 S&P500は反発!

⇒ 4,423.15 +35.99



ほかに

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


この日は69.2-70.8ドル


コロナ再拡大の懸念か

ここ数日のダウの動きを見て

今後の需要増に疑念を抱いた投資家が

売りへ動いたのかもしれません?


原油先物は下がりの傾向を持ちます。

※ 05時台、70ドル台


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで石油採掘会社の株価を見ると


〇 シェブロンの株価は1ドル弱アップ!

〇 エクソン・モービルは0.6ドル強アップ!    !


コンタロウ的には意外でしたが

この日は上昇しています。


・・・・・


ほかに当該時間において

為替ドル円はドル高円安に転じ

そのまま進むと映るところ。


1ドル = 109円台前半での動き。


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

8月4日の日経平均株価は?

ダウ、ナスダックの両指数を見る限り

日本の株式市場も相応な活気はありそう

と見なすところ。


ただ

ダウ先物はマイナス域を走りつつも右肩上がり

でしたが、5時台以降、その動き鈍ります。

日経先物も同様の動き。

いや、下がりの兆候アリにも映ります。


【日経先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


気になります。


やはり

基本的に米国でのコロナ再拡大の懸念が

払しょくされたわけではないので

ためらいを持ちつつの展開、上昇あっても

あまり大きくならず、かもしれません。


値がさ株はハイテク関連を含み上昇かも?

景気敏感株は銀行株、資源株は振るわず?

でしょうか。

何気に思い浮かぶものはこんな感じ。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す