コンタロウです。


今回は7月26日の大引けアト

この日の日経平均株価、TOPIX、ほかを見て

コンタロウが無手勝流に思うところ。

23日のダウ、ナスダックを受けた26日の日経平均株価は上昇!でも、上値は重い?

(コンタロウのメモです。)


目次
1 7月26日の日経平均株価
2 日経平均株価の看板銘柄は?
3 市場の関係各指数
4 コンタロウが関心を持つ銘柄

7月26日の日経平均株価

7月26日、日経平均株価は上昇です。

米株式市場の前週末の結果から動いた様子。


ただ

ダウ、ナスダック指数の上昇に比べ

日経平均株価、TOPIXの上がり幅は

いささか見落とりする感じ。


「上値重すぎ・・上がらん」

ですよね。


少々、消化不良の感を覚えます。


でも、日経平均株価・・


続伸 です。

 終値  27,833.29  (7月26日)

(単位:円)

前日7月21日終値は27,548.00円

285円29銭高 で、大引け。


【日経平均株価】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/chart/


寄り付きは前日比400円超えの値を持ち登場

その後は500円幅の上昇を得るやに映るものの

次第に下降、後場でも同様の動きとなり

上昇幅を狭めます。


また、この下落の動き

コンタロウ的に日頃から関連付ける

米ダウ先物指数の下落変化も影響アリ

と見なすところ。


※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


投資家の皆さん、警戒しているかも?

「どんでん返しがいつ起こるか」

と。


それにしても(日経平均株価)

「もうちょっと頑張れるというか」

「跳ねる」

と思ったのですが・・。


残念!

日経平均株価の看板銘柄は?

日経平均株価の元となる銘柄から

いくつかチョイスしたもの

その価格変化を取り上げてみます。

(目立つもの)

9983 ファストリ 75,810(+690)
8035 東エレク 45,370(+570)
6954 ファナック 25,355(+125)
6857 アドテスト 9,270(+100)
9984 SBG 7,106(-155)
7751 キヤノン 2,620.5(-8.0)
7203 トヨタ自動車 9,829(+104)
9433 KDDI 3,469(+19)
6758 ソニーG 10,975(+70)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)

値がさ株、本日も上昇です。

ココに挙げるもの以外も広く

景気敏感株は上がっています。


TOPIX、上昇!

東証銘柄の多くは上を向く感じ。


この日はファーストリテイリングも上昇!


ただ

SBGは滴滴(ディディ)の件が原因?

【中国による同社締め付けの動き】
中国の配車サービス企業『滴滴出行(ディディ)』が6月に米NYにてIPO(株式公開)を行ったことで中国当局が厳しく反応。

SBGの『滴滴出行(ディディ)』への投資額が

大きいこともあり不安視されたかも?

市場の関係各指数

TOPIXほかを見ると・・

TOPIX  1,925.62  +21.21
マザーズ  1,142.04  +4.05

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX ⇒ 上昇(続伸)


ここで医薬品の代表的な株も

目に入れてみましょう。

4523 エーザイ 9,456(+315)

※ 単位は円


本日、大きく上げました。


続いて

マザーズ ⇒ 上昇(続伸)

こちらも広く上昇が進んだ様子。

コンタロウが関心を持つ銘柄

はじめは銀行・・メガバンク関連

8411 みずほFG  1,570.5(+10)
8316 三井住友FG  3,693(+16)
8306 三菱UFJ  580.0(+9.0)
7182 ゆうちょ銀行  933(+3)

※ 単位は円


メガバンク3行、本日は上昇!

ですが

さほど大きい上昇幅は持たなかった様子。


米長期金利の下落も影響アリや?

気になるところ。

ほかにコンタロウがよく見るもの
〇 8308 りそなホールディングス ↓
〇 8355 静岡銀行  ↑
〇 8358 スルガ銀行 ↑
〇 8410 セブン銀行 ↓

下がったところがありつつも

銀行、比較的堅調か。

(上がり幅は小さい感じ。)


また

金融、リース分野のオリックス

8591 オリックス  1,913.5(+29)

※ 単位は円


本日、やや大き目な上昇。


ほかに

野村ホールディングスです。

8604 野村HD  549.6(+0.1)

※ 単位は円


こちらも本日、上昇。

とはいえ

ここ数日を見る限り、上値が重い感じ。


やはりコロナの再拡大懸念に加え

最近の報道に表れ始めた中国の洪水話題が

影響している・・かもしれません。

中国での取引、需要減少?・・懸念で。


続いてこのアト

エネルギー関連を見てみましょう。


最初にWTIの原油先物価格は

1バレル・・71-72ドル

(当該時間帯)

前週の上昇から下がりの流れを持つところ。


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


ブレントの先物価格は

1バレル・・72-74ドル

(当該時間帯)


こちらも下がりの傾向を示します。

【ブレント先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで

日本の石油関連会社・企業の株価を見ると

その価格は・・この通り。

5020 ENEOS  454.7(+4.3)
5021 コスモHD  2,476(+39)
8133 伊藤忠エネクス  1,020(-1)
5019 出光興産  2,570(+6)
1662 石油資源開発  1,828(+21)
1605 INPEX  766(+16)

※ 単位は円


今ひとつ、パッとしない感じでしょうか。


原油先物価格は

前週末まで上昇の流れを持ちましたが

日本市場が開いた時間(時間外取引)では

価格下降、下落へ進みます。


そのためか

大引けでは寄付き時の上昇分を吐き出した

感じ。


残念!


ということで

本日はここまでとなります。


おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す