コンタロウです。


今回は7月20日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

21日の日経平均株価ほかを夢想します

20日のダウ、ナスダックは前日の反動か、大きく上昇!21日の日経平均株価ほかも上がる?

目次
1 7月20日の米経済指標
2 7月20日のダウ、ナスダック指数
3 7月21日の日経平均株価ほかは?

7月20日の米経済指標

この日、目に入るものはこちら

● 米住宅着工件数

● 米建設許可件数


※ 引用元:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210720&c=ALL&i=0


住宅着工件数は増えましたね。

これは好感。


ただ

建設許可件数は減少傾向を示す様子。


そのためか

一時的にしても米長期金利は低下し

ドルも下がりを示したようです。





※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


とはいえ

それも長くは続かず、元に復すとともに

上昇へ。


どうやら悪い影響はなかった感じ。


ダウはガンガン膨らんでいますし、ね。

(20日23:00)

7月20日のダウ、ナスダック指数

7月20日のダウ、ナスダックの両指数は

前日の反動でしょうか

かの日の下落分を取り返すかのように

この日はずいぶんと上げを見せてくれます。


「下がりすぎた」

との見なしが表れたのでしょうか。


〇 ダウは反発!

⇒ 34,511.99 +549.95


〇 ナスダックも反発!

⇒ 14,498.88 +223.89


〇 S&P500も反発!

⇒ 4,323.06 +64.57


また

米長期国債利回り(米長期金利)と見なされる

10年利回り債券はこの日、当該時間帯

上昇に転じています。


ここしばらくの流れとしても

明るい兆しでしょう。


ほかに

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


この日は65-67ドル

「67ドル台へ上昇!」

※ 時間外取引、05時台は66ドル台


上昇です。

これはよき動きでしょう。

(もちろん、メチャ上がりも困りますけど。)


そこで石油採掘会社の株価。


〇 シェブロンの株価は0.5ドル強アップ!

〇 エクソン・モービルは0.5ドル強アップ!


株価にはあまり反映至らずか・・

「この程度の原油先物の上昇では物足りない」

との見立てが多し!・・かも。


・・・・・


ほかに

当該時間帯、為替ドル円はドル高円安!

110円にかなり近づきつつあるところ

1ドル = 109円台後半を保ちます。


米長期金利の上昇もありますからね。


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

7月21日の日経平均株価ほかは?

そこで、7月21日の日本の株式市場ですが

20日の米株式市場の結果を見る限り

「こりゃイケそう」

と思うところ。


値がさ株は大きく息を吹き返すか

米国の株式市場同様、景気敏感株、上昇か

ハイテク株も伸びそうです。


ダウ先物はマイナス域ながらも

プラス域へ転じそうな動きに映りますし

日経先物は大きく膨らんでいます。

何気に期待するばかり。


なお、加えて

日本の市場は本日が19日の週のオワリ。

「やっぱ、慎重にあたりたい!」

・・ところ。


ということで

ここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す