コンタロウです。


今回は7月21日の大引けアト

この日の日経平均株価、TOPIX、ほかを見て

コンタロウが無手勝流に思うところ。

21日の日経平均株価ほか上がったね!20日のダウ、ナスダック指数の上昇からか・・

(コンタロウのメモです。)


目次
1 7月21日の日経平均株価
2 日経平均株価の看板銘柄は?
3 市場の関係各指数
4 コンタロウが関心を持つ銘柄

7月21日の日経平均株価

7月21日、ようやく日経平均株価は下げが止まり

上昇です。


米株式市場の動きの影響は大きいですよね。

ダウ、ナスダック指数の変化に沿った形で

日本の株式市場も景気敏感株の上昇を持ちます。


で、日経平均株価・・


反発 です。

 終値  27,548.00  (7月21日)

(単位:円)

前日7月20日終値は27,388.16円

159円84銭高 で、大引け。


【日経平均株価】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/chart/


この日、寄り付きから350円越えの上昇アリ

多くの方々が持つ

下がりで膨らんだ滅入る気持ちを吹き飛ばす?

そんな感じですよね。


とはいえ、その後の流れを追うと

前日までの数日で1,000円以上の下落を

数えているわけで、それを回復するには

「まだまだ上値は重い!」

との印象を受けます。


なお

下落の進みは米ダウ先物指数の変化に

リンクしているか・・にも映るところ。


※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

日経平均株価の看板銘柄は?

日経平均株価の元となる銘柄から

いくつかチョイスしたもの

その価格変化を取り上げてみます。

(目立つもの)

9983 ファストリ 75,120(-680)
8035 東エレク 44,800(+420)
6954 ファナック 25,230(+90)
6857 アドテスト 9,170(+40)
9984 SBG 7,261(+34)
7751 キヤノン 2,628.5(-79.5)
7203 トヨタ自動車 9,725(+113)
9433 KDDI 3,450(-15)
6758 ソニーG 10,905(+220)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)

値がさ株、本日も揺れますが上昇です。

景気敏感株、上がります。


TOPIX、上昇!

東証銘柄の多くは上を向く感じ。


そして

前日まで安くなった銘柄を買い戻す!

そんな動きにも映ります。


ただ

ファーストリテイリングは引き続き下落

下がっています。


新彊綿関連で、加速化して

「人気がなくなってきた?」

・・かもしれません。

市場の関係各指数

TOPIXほかを見ると・・

TOPIX  1,904.41  +15.52
マザーズ  1,137.99  +9.29

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX ⇒ 上昇(反発)


ここで医薬品の代表的な株も

目に入れてみましょう。

4523 エーザイ 9,141(-118)

※ 単位は円


本日も下げましたね。


米国の薬品、医療株はマチマチに映りますが

エーザイでは利益確定を急ぐ理由がある?


判然としませんが

米国での新薬の販売、利用で制約が生じる

と見なし、警戒が強まっているのかも?


続いて

マザーズ ⇒ 上昇(反発)

こちらも一部を除き広く上昇が進んだ様子。

コンタロウが関心を持つ銘柄

はじめは銀行・・メガバンク関連

8411 みずほFG  1,560.5(+6.5)
8316 三井住友FG  3,677(+5.0)
8306 三菱UFJ  571.0(+2.6)
7182 ゆうちょ銀行  930(+7)

※ 単位は円


メガバンク3行、本日は微速前進、上がり!

米国の金融株、米長期金利は上昇ですからね。

影響を受けた様子。

ほかにコンタロウがよく見るもの
〇 8308 りそなホールディングス ↑
〇 8355 静岡銀行  ↑
〇 8358 スルガ銀行 ↑
〇 8410 セブン銀行 ↓

ほかも含め、銀行、多くは上昇しています。

ただし

上がり幅はそれほど大きくはない様子。


また

金融、リース分野のオリックス

8591 オリックス  1,884.5(+21.5)

※ 単位は円


本日は上昇。


ほかに

野村ホールディングスです。

8604 野村HD  549.5(+2.1)

※ 単位は円


こちらも本日、上昇。


それにしても多くの上がり幅は小さく

上値が重い感じ。


やはりコロナの再拡大懸念があるためか

株式市場で漂うかに映る警戒心が

いまだ解けないのでしょう。


続いてこのアト

エネルギー関連を見てみましょう。


最初にWTIの原油先物価格は

1バレル・・66ドル

(当該時間帯)


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/



ブレントも70ドルを割り

1バレル・・68-69ドル

(当該時間帯)


どうやら、今後の世界経済の成り行き

消費見積もり、在庫変化で揺れる動きながら

それでも

「上昇傾向を見せる」は注目でしょう。


そこで

日本の石油関連会社・企業の株価を見ると

その価格は・・この通り。

5020 ENEOS  450.4(+0.5)
5021 コスモHD  2,437(+39)
8133 伊藤忠エネクス  1,021(+14)
5019 出光興産  2,564(-7)
1662 石油資源開発  1,807(-12)
1605 INPEX  750(-7)

※ 単位は円


原油先物価格の下落の影響か

下がりました。

・・ね。


ということで

本日はここまでとなります。


おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す