コンタロウです。


今回は

FOMC(米連邦公開市場委員会)の発表内容と

FRBパウエル議長の発言からチョイ思うです。


目次
1 FOMC発表
2 FRBパウエル議長の発言
3 直後の米株式市場ほかへの影響

FOMC発表

日本時間03:00にて

FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表が

行われています。


その中で主要なものと見られるのがこちら

〇 金融政策は現状維持

⇒ 政策金利は据え置き(0.00-0.25%)

〇 資産購入(国債の購入)は維持

⇒ コロナウイルスの脅威は続く!

〇 インフレは一時的な要因によるもの

〇 雇用は前よりはマシになった!


基本、これまでと変わらず!

ということでしょうか。

そんな受け止めです。

FRBパウエル議長の発言

日本時間03:30にて

FOMCの結果発表アトに行われています。


コンタロウなりに拾い上げたものがこちら

〇 政策金利、資産購入は続けるよ!

⇒ テーパリングは「まだええんじゃないか」

〇 ワクチンのおかげで雇用はよくなった!

〇 経済への肩入れはまだ必要

〇 インフレは一時的なもの

⇒ このまま続くものと見なしていない


当然でしょうけど、基本FOMC時のものを

強調した感じ。


FRBは現状維持をこれからも続ける考えかと。

直後の米株式市場ほかへの影響

〇 米株式市場

ダウ、ナスダック指数は下落へ


※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


FOMC発表、FRBパウエル議長の発言アトは

米国時間の夜(日本では午前ですね。)

バイデン大統領の施政方針演説の中で


増税にかかる内容も飛び出すでしょうから

(「米国の家族のための計画」によるもの)

それの影響もあると思われますが・・

とにかく、下がっています


〇 米長期国債利回り(長期金利)

下がりましたね。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


〇 為替ドル円

ドルは売りに進んだ様子。

(ドル安、円高)


※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


まあ、そうなっても仕方がない

と言いましょうか、そうなるのでしょう。


〇 原油先物

直後は下がっていましたが

その後は再び上昇の動きを持ちます。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


EIA(米エネルギー情報局)による

米国内の石油在庫状況は余り多し!

ダウが下落の流れを持っても

原油先物価格は堅し!

で、チョイ不思議ですが、そんなところ。


ほかにOPECプラスは減産枠を小さくする!

ともあるのに、ね。

原油先物にはさほどの影響はなかった感じ。


ともあれ

株価は上を向かなかった!


FOMC発表、パウエルさんの発言は

これまでの株価の動きにおいて

基本、織り込み済みだったのでしょう。


目新しいものではなかった!

そのように映ってきます。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す