コンタロウです。

今回は

4月13日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

14日の日経平均株価など


「どうなるの?」

・・と、素朴に思うこと。


目次
1 4月13日のダウ、ナスダック
2 日経平均、4月13日はどうなる?
《ココから追記》
3 日経平均、景気敏感ビンビンと下落
  (18:00)

4月13日のダウ、ナスダック

13日のダウは初っ端から下がりの姿です。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


コロナワクチンの使用の見合わせ?


この日、寄付き前後から飛び交った!

ジョンソン&ジョンソン製のワクチンの

使用中断勧告が出たことが

足かせ、ブレーキになった様子。


どうしても、この種の話が出ると

「景気回復が遅れる!」

との見なしが強まり

景気敏感株は売られる流れになるのでしょう。


でも、寄付きから下がったとはいえ

その後、激しい下落はなく

むしろ回復への流れを持ちます。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


これは市場が開く前に発表された

3月分の消費者物価指数が予想より高かった!

・・こと。

(もちろん、米国のそれですよ。)

【たとえば前年同月比】
結果:2.6%
予想:2.5%
前回:1.7%
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9052

でも、高くても

「金融緩和に影響を与えるほどでもない」

との見なしが強まったからかもしれない

・・ですね。


これもあってか

いわゆる下げ渋り状態を過ごし

引け時はマイナス値を小さくします。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


一方、ナスダックは米長期金利の下がり


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

(債券買いの勢いが増し、価格上昇か)


これの影響を受けてか、プラス値の維持へ

向かった様子。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ここでハイテク関連株、チョイつまみ食いです。

【たとえば】
上がりはこちら
● テスラは60ドル超えアップ!
● マイクロソフトは2ドル超えアップ!
● アップルは3ドル超えアップ!
● ネットフリックスは1ドル近くアップ!
こっちは下がっています。
● フェイスブックは2ドル未満ダウン!
・・・・・・・・・・
比較的多くが上昇ですね。

・・で

ダウは続落!

ナスダックは反発!

S&P500も反発!

ということに・・。


ほかにコンタロウ的に気になるところはココ

「原油価格はどうか」

ですね。


ダウの動きから

「下がるかな」

と思われましたが

・・上昇です。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで、いくつかの企業株を見ると

〇 シェブロンの株価は1ドル未満アップ!

〇 エクソン・モービルも1ドル未満アップ!


エネルギー関連、メッチャよい!

そんなわけではありませんが

この日は原油先物の価格と同じように

上を向いています。


日本の同業界もこうなればいいけど。

(個人的な願望を交えつつ・・)


ということで、ここまでコンタロウなりに

受け止めたものをまとめるとこんな感じ。

日経平均、4月14日はどうなる?

頭に浮かぶものを挙げると

基本・・14日も

「わからむ」

・・ですね。


米株式市場の影響を受けたら

日本も上昇と思いたいのですが


どうも日本の株式市場の姿勢は

そちらに追随という流れ一辺倒でもない

そんな感じですからね。


やっぱ『まん延防止』の地域拡大の動きは

人々の気持ちを萎えさせるのでしょう。

株価・・「今、一つ」となるかもしれません。


ただ

日経先物はプラス値を持っています。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/chart/

期待を持たせてはくれます。


そして、やっぱ、これは、引き続き

「金融、銀行はどうかな?」

「エネルギー関連、ガンバ!」

って感じ。

【突然余談ですが】
アト一つ
言葉にするとチャートは大事ですよね。
下降なら移動平均線の位置とのかかわり
この点は大事かと、最近強く思う次第です。
当たり前と言わそうですが・・(笑)

ということで(このアトは追記にて。)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


ココから追記(18:00)

日経平均、景気敏感ビンビンと下落

今回もいつもの如く、本日の株式市場を概観

・・徒然に触れてみたいと思います。


で、日経平均株価は初っ端から

「思い切りよく下落」

って感じですね。


米国でのコロナワクチン使用の件で

(ジョンソン&ジョンソンのワクチン)

「ちょっと、待った」

・・が影響した様子。


基本、日本の新型コロナの広がり防止

食い止める施策は効果が出ている!

と思われますが


一方、多くの方々の目には

コロナウイルス対応のワクチン開発が

米国頼みに映るとともに


その接種も何か後手に回った印象を

持つからかもしれません。


そのため、米国の接種中断の報道は

先行き不安、将来への展望なし!

と見え、売りを誘った?

と捉えるのです。


そこで寄り付きから

「アリャリャ、アカンで」

と思うような流れが生じたのではないか

・・と。


それでも、このアト

チョイ戻したりもするわけで

コロナ一辺倒の相場でもないのでしょう。

(下落と上昇が繰り返されます。)


とはいえ

大引けの数値を見ると

「後場でも立ち直れず下り坂を転がった」

と受け止める次第、ですね。


それではいつもように

本日の株式市場で目に飛び込んできた

日経平均株価はじめほかの指数


さらにはコンタロウが関心を持つ銘柄から

価格の変化を取り上げてみます。


まずは日経平均株価(単位:円)から

 始値  29,718.06  (09:00)
 高値  29,722.40  (09:00)
 安値  29,567.18  (09:23)
 終値  29,620.99  (15:15)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/

4月13日終値は29,751.61円

130円62銭安、で大引け


※ 引用:https://nikkei225jp.com/chart/


先ほど「後場でも下り坂を転がる!」など

と触れましたが


下げ幅を300円、400円、それ以上と

広げることがなかったのは

景気敏感、銀行ほか以外の株は強かった!

と見なせましょうか。


米株式市場のナスダック指数の影響で

日本のハイテク関連の多くは持ちこたえた

あるいは上昇していますし・・


米長期金利も下がっていますから

(外国人投資家が)日本のハイテク関連に

触手を伸ばしやすかったかもしれません。


そこで、日経平均株価の看板銘柄から

ハイテク関連も含めピックアップしてみます。

(たとえば・・)

 9983 ファストリ 89,750(-970)
 8035 東エレク 49,910(+460)
 6954 ファナック 27,415(-195)
 6857 アドテスト 10,770(+140)
 9984 SBG 9,960(-150)
 7751 キヤノン 2,617.0(+65.0)

(ファストリ:ファーストリテイリング)

(東エレク:東京エレクトロン)

(アドテスト:アドバンテスト)

※ 単位は円


必ずしも

ハイテク株、ハイテク関連と見なされるものが

すべて上昇しているわけではありませんが


「その傾向、強し!」

と言えそうです。


ほかにTOPIXなどを見るとこの通り。

(単位:ポイント)

 TOPIX  1,952.18  -6.37
 マザーズ  1,235.15  +18.91
 ジャスダック  189.68  -0.10

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX、下がっていますね。

広範に渡って売りが進んでいる感じ

コロナの影響アリアリかも・・


マザーズは上昇、ハイテク株は今日強し!

・・でしょう。


ジャスダック(ジャスダックインデックス)

こちらは下を向きました。

新興株にも影響はしっかりある様子。

(そうなりますよね。)


続いてはコンタロウが関心を持つ銘柄です。

はじめは金融、銀行・・メガバンク関連

 8411 みずほFG  1,538.5(-5)
 8316 三井住友FG  3,849(-32)
 8306 三菱UFJ  583.8(-2.7)
 7182 ゆうちょ銀行  991(-2)
 8591 オリックス  1,816.0(-0.5)

※ 単位は円


銀行はどこまで下がるかわからない?

そんな状況ですね。

「もう、みずほFGだけではありません。」

「皆、元気なし!」

と映ります。


金融関連も下がり

オリックス、三菱HCキャピタル(8593)

ほかも多くは同様傾向ですね。


さらに、こちらも合わせて

見てみましょう。

野村ホールディングスです。


こちらの株価は571.0円(-14.3円)

また、凹んでいます。

「しようがないか」

との感覚しかないですね。


よき日を待つばかり。


そして

エネルギー関連です。

 5020 ENEOS  468.0(-4.7)
 5021 コスモHD  2,346(-24)
 5019 出光興産  2,631(-46)
 1622 石油資源開発  2,004(-17)
 1605 INPEX  730(-3)

※ 単位は円

こちらもブレーキがかからないようです。

ドンドン下がります。


出光興産、大きく下げました。


石油資源開発も大引けでは戻していますが

2千円を割った状態が頻繁に登場です。


こうなると、昨日に続いて

もう、ひきつって目が点です。(笑)


とにかく

「景気敏感株・・凹んでいるよ」

「エネルギー関連はその傾向強し」

・・と言いたいですね。


そして

「コロナ、退散」

素朴に明日に期待したいものです。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す