コンタロウです。

今回は4月12日の日経平均株価に関して

触れてみます。


9日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

また

ファーストリテイリングの話題などから

チョイ思うこと。


目次
1 4月9日のダウ、ナスダック
2 ファーストリテイリングの話題
3 イラン核施設のトラブル
4 12日の日経平均はどうなる?
《ココから追記》
5 日経平均株価、下落の道を進む?
6 日経平均、下落の姿で大引け

4月9日のダウ、ナスダック

9日のダウ、ナスダックほかについては

10日に触れてしまったので

引けの際の値だけ並べると、この通り

〇 ダウ:33,800.60(+297.00)
〇 ナスダック:13,900.19(+70.89)
〇 S&P500:4,128.80(+31.63)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

特にダウは瞬間的にしても、ですよ。

300ドルを超えています。


ダウは続伸!

ナスダックも続伸!

S&P500も続伸!

(S&P500は過去最高値更新)

です。


少なくとも、数値だけで推し量るなら

12日、本日・・

日経平均株価、マザーズ、ジャスダックほかに

与える影響は悪いものではない

と思うのです。

ファーストリテイリングの話題

ただ

この話題、ファーストリテイリングの件が

ありますからね。


4月8日の決算会見時に

会長であり社長でもある柳井正氏は


ウイグル人の強制労働や

新疆ウイグル自治区産の綿の購入に関し

「人権問題というより政治問題」

「政治的なことにはノーコメント」

と言い切ってしまった様子。


ですが

(バリバリの人権問題でしょう。)

世界のほかの同業者、製造小売業(SPA)は

柳井正氏よりも突っ込んだ姿勢を持つかに

映りますからね。

【H&M、ナイキ】
「新彊綿を使わない」と表明!
中国国内で不買運動が起きているとのこと。
ファストリ、これを怖れたかも?

日本国内での反発はともかくも

(日本の政治家はウイグルへの関心乏しい?)

欧米からは批判を受けるかもしれず

外国人投資家が退くかも・・


本日、12日の寄り付き、気になるところ。

イラン核施設のトラブル

こちらの詳細は伝わってこないようですが

報道をいくつか重ねると・・


イランの核施設が故障したか

事故を起こしたか、破壊工作を受けたか

・・と。

見なしが分かれる事態が生起している様子。

11日のできごと。
核開発の急先鋒的な施設
※ イラン中部ナタンズ

特に、破壊工作と見なされるものは

イスラエルのモサドが絡むともアリ

より穏やかならぬものが漂う感じ。


もし、事実となれば

(「やった」とは言わないでしょけど)

あるいは、そうした見なしが多となれば


米国とイランの関係に新たな楔が

打ち込まれることにもなりかねず

ペルシア湾経由の原油輸入に影響が出るかも?


原油価格もさることながら、関連企業の株価も

気になるところ。

12日の日経平均はどうなる?

そこで本日、12日の日経平均株価・・

上昇はすると思うのですよ。


でも、ね。

ファーストリテイリングとか

イランの核施設の件がクローズアップされれば

結構、逆噴射が強く働くのではないか

・・と。


とはいえ

日経先物を見ると三ケタのプラスですから


※ https://nikkei225jp.com/chart/


少なくとも、本日はよき流れがある!

と期待したいものです。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


ココから追記(13:15)

日経平均株価、下落の道を進む?

日経平均株価・・

寄り付き直後は米株式市場の結果をよし!

と受け止めたのか


ボールが跳ねるように

「ポーン」

と、上昇しましたが

アトは下がりの局面をユラユラ、フラフラ

少々、拍子抜けしたところ。

始値 29,874.43 (09:00)
高値 29,876.04 (09:00)
安値 29,581.53 (12:32)
現在  29,612.47 (13:12)
(4月9日の終値 29,768.06)
※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000

もう少し、頑張ってほしいですね。


これって

コロナワクチンの接種が65歳以上に向け

始まっているにもかかわらず


不安な想いはいまだ拭いきれず

・・を表すか、という感じ。


そして

景気敏感株、ダメダメな様子。

コンタロウも石油関連株を抱えているので

火だるま状態・・(笑)

(笑うしかありません。)


でも

決算の結果、メチャ悪いとは思われないのに

安川電機が結構下がっているのは意外!


このあたりからも、チョイ厳しめの流れが

本日はあるのかもしれません。


また

ファーストリテイリングも下がっています。


こちらは始め、寄り付きしばらくアトは

最安値を付けるや上昇に転じたので

始値 87,850 (09:00)
高値 88,630 (09:17)
安値 86,820 (09:02)
現在 87,160 (13:06)
(4月9日の終値 87,890)
※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000

「アレレ」

存外、投資家はウイグル人問題について

「関心はないのかな?」

なんて思っていましたが、徐々に下がりへ


下落の背景は、日経平均株価が

3万円に近づいたことからの利益確定なのか

それとも柳井会長兼社長の発言が尾を引いたか


あるいは、その両方なのか

その点、定かではありませんが


とにかく、この時間の前後は

ファーストリテイリングも下落激し!

・・なのです。


引き続き、ウオッチへ。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


ココから追記(21:00)

日経平均、下落の姿で大引け

今回もいつもの如く、追記で本日の株式市場を

概観・・徒然に触れてみたいと思います。


で、日経平均株価は

「落ちましたね」

という感じ。


寄り付きはガンガン上昇ですが

すぐさま下落の流れへ


どうも

米国株式市場の結果に追随できない!

そんな様子。

残念!


これは、やっぱね!

日本政府と米国政府の各々が持つ

対コロナ施策を行う姿勢の差ではないか

・・と思うのですよ。


もちろん

日本政府も最善を尽くしていますよね。

(そう思います。)


ですが

米国は圧倒的に持てる資源をぶち込んで

「乗り越えよう」

とする気迫があるかに映るのです。

どうでしょう。


ともあれ、本日の株式市場で目に入る

日経平均株価はじめほかの指数

さらにはコンタロウが関心を持つ銘柄から

価格の変化を取り上げてみます。


まずは日経平均株価(単位:円)から

 始値  29,874.43  (09:00)
 高値  29,876.04  (09:00)
 安値  29,538.73  (15:00)
 終値  29,538.73  (15:15)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/

4月9日終値は29,768.06円です。

229円33銭安、で大引け


ずいぶんな下落へ至ってしまいました。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/chart/


そこで、日経平均株価の看板銘柄の中で

下がりで凹んだものをピックアップすると

こんな感じ。

(たとえば・・)

 9983 ファストリ 87,310(-580)
 8035 東エレク 49,450(-280)
 6954 ファナック 27,600(-495)
 6857 アドテスト 10,650(-150)
 6506 安川電機 5,490(-420)

(ファストリ:ファーストリテイリング)

(東エレク:東京エレクトロン)

(アドテスト:アドバンテスト)

※ 単位は円


ほかにTOPIXなどを見るとこの通り。

(単位:ポイント)

 TOPIX  1,954.59  -4.88
 マザーズ  1,215.97  -28.42
 ジャスダック  190.43  -1.53

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


皆、下落の道を走りまくって

週初から「アリャリャ、アカン」です。


昨週から見られた利益確定(?)の動き

それを持ったとも言えそうですし


ほかに米国株式の先物指数が振るわない!

そちらが影響したとの見立てもありますが

どうなんでしょう。


コンタロウがぐるっと見渡す限り

一番はコロナ対応が後手に回っている感が

「拭えない!」

それに尽きると思うのですが・・。


続いて

コンタロウが関心を持つ銘柄です。

はじめは金融、銀行・・メガバンク関連

 8411 みずほFG  1,551.0(-9.0)
 8316 三井住友FG  3,884(+11)
 8306 三菱UFJ  583.1(+0.5)
 7182 ゆうちょ銀行  997(-3)

※ 単位は円


みずほFGは、弱い、元気ないですね。

毎度、同じ表現ですが

下がりは易く、早くても、上昇は難し!

・・かと。


さらに、こちらも合わせて

見てみましょう。

野村ホールディングスです。


こちらの株価は5.0円下げ

580.0円(-0.85%)


「ダメですね、復調しません!」

といった状態ですね。


昨週唱えた

「そろそろ、上に顔を向けるか」

これはまだまだの様子。


どうしても

「アルケゴスの件の影響は根深い?!」

呪縛から解き放たれないのでしょう。


そして

エネルギー関連です。

 5020 ENEOS  475.3(-3.4)
 5021 コスモHD  2,385(-47)
 5019 出光興産  2,699(-29)
 1622 石油資源開発  2,039(-26)
 1605 INPEX  744(-10)

※ 単位は円

皆、マイナス値、メロメロ・・。


昨週同様、景気に敏感なエネルギー

石油産業の株価は厳しいものに映ります。


これもコロナ対策、経済復調への不安が

露呈したと見てもおかしくないか

・・と。


素朴に明日に期待したいものです。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す