コンタロウです。

今回は

4月6日のダウ、ナスダックの展開から


「いずれも下げ渋りに映るよね」

「米国経済はやっぱ底堅いかな」


「で、7日の日経平均株価は・・」

「下がりがあっても小さく」

「むしろ、昨日の下落から反発かな」

・・と。

期待と願望が先行するところ。


目次
1 4月6日のダウ、ナスダック
2 日経平均、4月7日はどうなる?
《ココから追記》
3 日経平均株価、上昇で逃げ切った!

4月6日のダウ、ナスダック

どうなんでしょうね。

あまりに4月5日、高値をつけすぎたためか

「警戒心が膨らんだ?」

「それとも様子見となった?」

・・でしょうか、そんな感じ。


ダウ、ナスダック、S&P500

揃って始まりからマイナス値を並べています。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ですが、上下の揺れを伴いつつも

途中、このような数値も付け

「本日も上昇か」

と期待を持たせます。





ただ

その後、ダウは売りが進む結果が表れ

ナスダックもプラス値を全般通じ維持しながら

引けではマイナスの値を示して終了。

(引用チャートはダウ、ナスダックの順)


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

下げ渋りに映りますから、利益確定が進みつつも相応に買いもあった!
米国経済への再生、回復への期待に揺るぎがあるわけではない!
・・でしょう。

市場が開いていた時間全般を通じプラス値を付けていた!
これからの企業活動への期待はあるのでしょう。
ただ、一部において利益確定が進んだ?
かもしれません。
昨日上がったマイクロソフト、フェイスブックは下がり。

いずれにしても、コンタロウ的には

いささか拍子抜けするような展開結果!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


「残念」

って感じ。


ダウは反落!

ナスダックも反落!

S&P500も反落!

です。


ほかに、このダウなどの下落に伴い

「原油価格はどうか」

と見ると、昨日よりは上昇しています。





※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/

1バレル = 60ドル以上を表す時もあり、石油採掘会社が採算不良へ陥ることはないと思われますが、とはいえ株価への反映は乏しい様子。

シェブロン、エクソン・モービルの株価は下落

この一週間の価格を見ても下降傾向ですね。


報道にて活況に沸くかに映る米国経済も

原油・エネルギー関連に影響を及ぼすほど

力強くはないのかも・・


ここまでコンタロウなりに

受け止めたものをまとめるとこんな感じ

となります。

日経平均、4月7日はどうなる?

頭に浮かぶものを挙げると

基本・・

「わからむ」

・・ですね。



ただ

「米株式市場、3指数は反落しましたが」

「一歩通行的な下落とは見えない」

ということ。


「売りもあれば買いもアリと映ること」


コンタロウは

「米経済復調への期待は失われていない!」

・・と思うのです。

(誰しも同様でしょうけど。)


ですからね。

これを好感視した向きは

昨日と違った姿勢を持つのではないか

と想い浮かべたりもするのです。


利益確定が進んだのあれば

今の環境を考えれば、買い戻しもあるのでは

・・とね。


「日経平均株価、上がるかもねー!」

と見なしたりするところ。


ただ

「金融、銀行はどうかな?」


そして、期待をも持ちながらも

「エネルギー関連も気になるね?」

と。


本日も諸々、泣き笑いアリって感じ。


ということで(このアトは追記にて)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


ココから追記(19:30)

日経平均株価、上昇で逃げ切った!

遅くなりましたが、今回もいつもの如く

追記で本日の株式市場を概観

徒然に触れてみたいと思います。


どうも、ね、米国がバンバン、ビシバシ

社会安定へ向けて

ワクチン接種の推進とか


経済面で

コロナ対処策を講じたりとか

積極的に進めている中で


日本が今一つ、その面で鈍い!

あるいは、鈍く映ることが

市場が活況を欠く要因の大きなところ

・・かな?

と見なしたりもするわけですが

どうでしょう。


ともあれ、本日の株式市場で目に入る

日経平均株価はじめほかの指数

さらにはコンタロウが関心を持つ銘柄から

価格の変化を取り上げてみます。


それでは

日経平均株価(単位:円)から

 始値  29,743.48  (09:00)
 高値  29,867.94  (09:37)
 安値  29,523.55  (10:49)
 終値  29,730.79  (15:15)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/

4月6日終値は29,696.63円です。

34円16銭高、で大引け


一時は下り、下落、マイナス値を表すことも

ありましたが、ナントカ持ち直して

浮上プラス値へ。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/chart/




「ナントカ、上昇で逃げ切った!」

そんな印象です。


ちょっと、周辺を眺めると

どうやら、日経平均株価の看板銘柄の回復が

進まない様子。

(たとえば・・)

 9983 ファストリ 89,490(-1,720)
 8035 東エレク 49,250(-230)
 6954 ファナック 27,680(-145)

(ファストリ:ファーストリテイリング)

(東エレク:東京エレクトロン)

※ 単位は円

【4月6日も厳しいところ】
〇 ファーストリテイリング
⇒ 91,210円(-1,390円)
〇 東京エレクトロン
⇒ 49,480円(-1,150円)

このあたりの銘柄価格の上下は影響大

でしょうから・・


ほかにTOPIXなどを見るとこの通り。

(単位:ポイント)

 TOPIX  1,967.43  +13.09
 マザーズ  1,228.01  +2.35
 ジャスダック  190.80  +1.52

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


もっと上昇しても「よい」と思うのですが

・・。


続いて

コンタロウが関心を持つ銘柄です。

はじめは金融、銀行・・メガバンク関連

 8411 みずほFG  1,580.0(-0.5)
 8316 三井住友FG  3,978(+16)
 8306 三菱UFJ  597.0(-1.0)
 7182 ゆうちょ銀行  1,007(+10)

※ 単位は円


7日は上昇しても

「いいんじゃないの・・」

と見ておりましたが


みずほFG三菱UFJ

アルケゴスでの損失にかかわる話もあってか

浮上しにくい様子。


残念です。


そこでこちらも合わせて見てみましょう。

野村ホールディングスです。


こちらの株価は11.4円下げ

で、とどまっています。

584.6円(-1.91%)


昨日、期待感アリと触れたのですが

その期待を裏切るような流れ

本日はやや大きめの下がり。


アルケゴスの件の影響はまだまだありそう

続きそうです。


本日の報道の中にクレディスイスは

「5千億円超えの損失アリ」

とか、出ていましたし、ね。


次はコンタロウが最も関心を持つ

エネルギー関連です。

 5020 ENEOS  488.4(+3.8)
 5021 コスモHD  2,525(-9)
 5019 出光興産  2,755(+25)
 1622 石油資源開発  2,089(+40)
 1605 INPEX  769(+14)

※ 単位は円

INPEXって、つい3月31日までは国際石油開発帝石と呼ばれていたところ

まだまだ

個人的に十分と見なせる価格への回復には

遠い感じ。


とにもかくにも、これまでを通じ

「もう少し元気が欲しい!」

・・ところでしょうか。


明日に期待したいものです。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す