コンタロウです。

今回は

3月31日のダウ、ナスダック指数から

「4月1日の日経平均株価はどんな影響あり?」

「様子見の下がりかな?」

と素朴に思うこと。

※ 追記:見立てはハズレでした。


目次
1 3月31日のダウ、ナスダック
2 日経平均株価、4月1日は下がるね?
ココから追記
3 見立てハズレタ、上がったドー!

3月31日のダウ、ナスダック

3月31日の米国株式市場、ダウ、ナスダック

それぞれの指数を見て、云々かんぬんです。


最初にダウの始まりは

「オッ、イケル」

なんて思いましたが


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


時間の経過とともに

「アレレ、こりゃこりゃ」

「元気ないな」

と映る姿を見せてくれます。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ところが

その後、チラチラと数値に目をやると

プラス値を重ねていくのです。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


おそらく、始まりしばらくは

こちらを好感した流れがあったのでしょう。

ADP雇用統計



予想を上回ることはなかったものの

伸びは大きいです。

【3月分】
結果:51.7万人
予想:55万人
前回:11.7万人
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9121

少なくともダウを引き下げる要因とはならない

でしょう。


ただ、それでもダウは終盤に向かって

プラス値をしばし保ちつつも下降します。


で、頭によぎるものが、こちら

『バイデン米政権のインフラ投資の話題』

ザクッと見ですが、いくつかの報道の中から

趣旨内容的なものが目に入ります。

【バイデン米政権:インフラ投資計画】
〇 インフラ投資に重点
〇 規模は2兆ドル(約220兆円)超え
〇 期間は8年間(2期務める気かな?)
〇 企業に増税
  法人税率21%から28%へ引き上げ
  (トランプ前政権は35%から21%へ)

おそらく

インフラ投資に肯定的な姿勢を持つ投資家は

多いと思われるのですが


企業増税にはネガティブに

「うーん、こりゃ、どう?」

となった反応も少なくなかったのかも

しれません。


それが押し下げた?

で、原油価格も下がった!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


もっとも、こちらは欧州のコロナによる

ロックダウン(仏)の長期化話題もあるので

その影響の方が強いとも思われます・・が。


一方、ナスダックは市場の始まりから

早々に三ケタのプラス値に到達しています。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


そこで、コンタロウ、米長期金利

「下がった?」

と思い、米国債の指数に目を向けると


これが予想に反して高い位置(1.7%)で

推移のところ。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


市場始まりからしばらくは

比較的低い位置に指数は身を置きますが

その後は上昇しているのです。


そこで

「不思議だなあ」

と思っていたところ。


これです。

再び取り上げますが

『バイデン米政権のインフラ投資の話題』

です。


ナスダックを元気づける内容が目に入ります。

〇 製造業の活性化
  (サプライチェーン強化含む。)
  ⇒ 3000億ドル
そのうち
〇 半導体の米国生産を推進
  ⇒ 500億ドル充当
〇 人工知能ほかの研究開発
  ⇒ 1,800億ドル充当

これでしょう。


で、米株式市場の引けはこちら


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ダウは二ケタの下落。

ナスダックは三ケタの上昇。


ダウは続落!

ナスダックは反発!


・・で

大きなところを拾い

コンタロウなりにまとめるとこんな感じ。

日経平均株価、4月1日は下がるね?

ここまでコンタロウなりに

頭の回転数を上げカラカラグルグルさせる

と、ですよ。


本日4月1日の日経平均株価は

「ハイテク関連の上昇はあるかも?」

「バイデン政権の姿勢を好感する向きもアリ」


「でも、欧州はコロナ対応で大変!」

「原油価格も下がっているし・・」

「景気敏感株は下げるかな」

「金融関連もわからんし・・」


「日経平均株価は様子見の下がりかな?」

と浮かぶ次第。


ただ

マザーズ、ジャスダックは上がりますよね。

たぶん。

(心もとない表現ですが、そう思います。)


ということで(このアトは追記にて)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


以下、追記(17:00ころ)

見立てハズレタ、上がったドー!

日経平均株価、本日4月1日、大きな上昇を

持ちましたよ。

コンタロウ、見誤りました。
本日は今朝7時に取りまとめたにもかかわらず、日銀短観の発表があることを忘れておりました。
付記して、これによって日経平均株価に変化が生じる旨を表すべきでした。
と、一言申し述べて追記内容を進めて参ります。

日銀短観(全国企業短期経済観測調査)

で、意識すべきはこちら

四半期大企業製造業業況判断


【3月発表分】

※ 引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/7041


指数値はよかった!

と言えるものでしょう。


これで09:00に突入すれば

前日のバイデン米政権のインフラ投資計画

と相まって


個別に差異はあっても

「全般は上昇するよね、たぶん」

・・と思うわけで


実際、日経平均株価は大きく上昇!

でした。

【4月1日 日経平均株価】
〇 始値 29,441.91 (09:00)
〇 高値 29,585.46 (10:30)
〇 安値 29,318.82 (12:38)
〇 終値 29,388.87 (15:15)

(3月31日終値 29,178.80)
※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000

(210円07銭高)


なお、気になる金融株を

本日もチョイス、ピックアップしてみます。

(対象はコンタロウが関心を持つもの)

 8411 みずほFG  1,595.0(-4.0)
 8316 三井住友FG  3,964(-43)
 8306 三菱UFJ  595.1(+3.4)
 7182 ゆうちょ銀行  1,022(-42)

※ 単位は円


一部を除いて

凹みが進む傾向は変わらずの様子!


ほかに

野村ホールディングスの株価は1.3円上げ

582.7円(+0.22%)


下げが止まった?

・・かもしれません。


とはいえ、金融、銀行株の多くはいまだ

アルケゴス・キャピタル・マネジメントの損失

「これのとばっちりを受けている?」

そんな感じ。


もちろん、配当の権利落ち日後の利益確定に

走っていることも考えられますが・・

(株価下がりつつありますからね。)


ともあれ

大引けでは日経平均株価は大きく?

大きい数値でそれなりに上昇、反発です。

(前場折り返し時のほうが大きかった!)


ただ

マザーズはプラス、続伸ながらも

ジャスダックは下がり、マイナス、反落!


「うーん」

「本日も、よいも悪いも合わせのみ」

・・って、感じですね。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。


コメントを残す