コンタロウです。

今回は3月24日のダウ、ナスダックから

25日の日経平均株価は、上昇はあるものの

「ハイテク成長株関連で伸び悩む?」

と素朴に思うこと。


目次
1 3月24日のダウ、ナスダック
2 日経平均株価、伸び悩む?
ココから追記
3 黒田総裁の発言
4 日経平均株価はプラスで大引け
5 銀行、商社株を見ると、上昇!

3月24日のダウ、ナスダック

24日の米国株式市場、ダウは

原油価格の高騰も相まって


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


始め勢いよくでしたが


どうしたものか

ナスダックは大きく凹んでの始まり


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


開場後、30分ほど過ぎたころも

ダウは変わらず上昇ながら・・


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ナスダックは主に米長期金利の上昇もあってか

ふるいません。


※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


(ほかに要因と見なせるものもあるようですが)

(インテルが工場作って「お金、大丈夫」とか)


で、この日のダウの結果は

ハイテク関連株の下がりの影響を受けたのか

閉場間際でマイナスへ転落しています。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


基本、前日の反動と見なしていますが

想いのほかはナスダックの続落。

この揺れが続くのか、気になるところ。


それにしてもダウの動きを見ると、惜しい!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


少なくとも中盤まではかなり期待させるものが

あったと思うのですが・・

25日の日経平均株価を考えると、残念!

日経平均株価、伸び悩む?

またまた、混沌としたさまに映るところを

コンタロウなりに頭をグルグルさせると


本日25日の日経平均株価は

「大きな下落はなくとも伸び悩む?」

と浮かぶ次第。


ココにランダムに挙げたものから・・ですね。


● ダウは続落、ただ小さい下落!

● ナスダックは大きく続落!

● 米ハイテク関連株は下がっとるよー!

● コロナワクチン接種の広がり!


● 原油価格は60ドル台まで高騰!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


特に、原油価格の上昇、高騰は

日本の景気に敏感なものには好影響を与える

と思いますが、いかに・・


ということで(このアトは追記にて)

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


以下、追記(20:00ころ)

黒田総裁の発言

日銀の黒田総裁の発言が市場に影響か!

発言以降、株価上昇へ

25日の参院予算委員会で『日本維新の会』の浅田均議員の質問への回答で発言
〇 日経平均株価が2万円程度を下回ると、保有する株の時価が簿価を下回る
〇 株(ETF)購入は金融緩和として『引き続き必要な施策』である

少なくとも2万円台を守る考えがあり

また

株(ETF)購入は『引き続き必要な施策』

とあることから、市場へ強い意志を示した!


そこで大引けまでの価格の動きを通じて見ると

日経平均株価はかなり背中を押された様子。


で、上昇、プラスへ。

日経平均株価はプラスで大引け

それではあらためて、寄付き、大引けほか

緊要なポイント価格を見てみましょう。

【3月25日 日経平均株価】
〇 始値 28,457.33 (09:00)
〇 高値 28,821.83 (14:30)
〇 安値 28,414.92 (10:37)
〇 終値 28,729.88 (15:15)
(3月24日終値 28,405.52)
※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000ほか

(324円36銭高)


基本、上昇、プラスで推移するものの

はじまり直後はしばし伸び悩んだ感じ


また

ナスダックの影響を受けて・・か

日本のハイテク株関連も個別にはありながら


マザーズはやや凹みを覚えても

ジャスダックはプラス方向ですからね。

さほど大きく困惑するものはなかった様子。


といったところで

これも含めて、先ほども触れましたが

黒田総裁の発言が大きく作用したのでしょう。


その後の日経平均株価は大きく上昇したものが

目に入ります。


たとえば、こちら

 9983 ファストリ  84,900(+1,160)
 6954 ファナック  26,205(+1,010)

※ ファストリ:ファーストリテイリング


上昇しています。

ですが、そうでないものもあります。

 9984 SBG  9,075(-265)


ほかによく報道に表れる東京エレクトロン

アドバンテストほかも下がっています。


たまたま、かもしれませんが

4日続落アト(1,800円超え)


であっても、よく言われる自律反発を

すべての銘柄が享受できるわけでもなさそう

です。


やはり、根っこの部分に

『欧州のコロナ再拡大への警戒』

『ワクチン接種の効き目、副作用の疑念』

・・から生じる諸々から


株価の本再生へ進み難い面もあるのかも

しれません。


とはいえ、日経平均株価、25日

物足らなさをいささか感じても上昇です。

銀行、商社株を見ると、上昇!

そこで本日も引き続き、銀行、商社株を

今回は日経平均株価の上昇の一翼を担えたのか

どうか・・との視点で見てみましょう。

 8411 みずほFG  1,650.0(+32.5)
 8316 三井住友FG  4,141(+105)
 8306 三菱UFJ  619.5(+15.0)
 7182 ゆうちょ銀行  1,114(+28)

※ 単位は円


ほかにもありますが著名なメガバンク関連を

取り上げています。


続いては五大商社です。

 8058 三菱商事  3,199.0(+51.0)
 8031 三井物産  2,348.0(+34.5)
 8001 伊藤忠商事  3,512.0(+71.0)
 8053 住友商事  1,609.5(+23.5)
 8002 丸紅  923.8(+18.9)

※ 単位は円


完全に前日前に「復す」とはなりませんが

いずれもプラスで本日の市場を終えた

とは言えそうです。


ただし

戻しの額の大きさ、その差は各々株価と

人気によるためか、大小さまざま。

昨日表した『1662 石油資源開発』ですが
いささか戻りは強くない様子

25日 2,089円 ⇒  2,140円(+51円)
24日 2,211円 ⇒  2,089円(-122円)

3月末が権利確定ですからね。
● 権利確定日:3月31日
● 権利落ち日:3月30日
● 権利付き最終日:3月29日
となるはずなので「29日まで上がるかな?」と皮算用中。

ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。


コメントを残す