コンタロウです。

今回は3月17日のダウ、ナスダック、S&P500。


これら3種の米株式市場の指標値

最初はマチマチでしたが、FOMCの発表

パウエルキャノンとも呼べそうな

パウエルFRB議長の会見で揃って上向き


上がり幅に関しては

「そんなもんかいな」

と言った思いも強しですが

まずは云々かんぬん始めてみます。


目次
1 はじまりのダウ、ナスダック
2 FOMC発表、パウエルキャノン
3 その後のダウ、ナスダック
4 3月18日の日経平均株価は?

はじまりのダウ、ナスダック

はじめに、ダウ、ナスダックのスタート時を

見てみましょう。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


市場が開いた直後はいずれもふるわず!

ですね。


ダウはほとんど瞬間的ですが

マイナスに落ち込んだ時もあったぐらい。

ところが徐々にダウは上昇します。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


一方

ナスダックは長期金利の上昇を受けたためか


(18日04時台)

※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


長期金利は1.6%を大きく超えています。

大きくマイナスへ。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


その後も膨らみ続けます。

結構、厳しい、シンドイかも。

FOMC発表、パウエルキャノン

そこで、18日03:00ころです。

FOMCの発表が流れてきました。

目玉はココ

政策金利フェデラルファンド金利の目標値を据え置き

「金利は据え置き」

ということ。


株式市場に安心感が広がる!・・かな

一見そのように映るダウですが


とはいえ

FOMCアトのパウエルFRB議長の会見では

踏み込んだ考えにはあまり触れず?!

とも映るのですが、どうでしょう。


ただ

緩和施策は続ける意志を示しています。

(これで十分かもしれませんが・・)


特に

金利に関して・・FOMCの発表を強調か

「ゼロ金利と資産購入は進める」

ともあれ、パウエルキャノンはこんな感じ。

その後のダウ、ナスダック

ダウ、ナスダック、S&P500、いずれもプラス


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


特に

ナスダック18日03:00以降上昇です。


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


(見事に?)

長期金利とのかかわりを表している感じ。


ともあれ、米株式市場は嵐を招くことなく

ほどほどの心地よい風を受けて終わった様子。


一つ

「気になるなあ」

と思う点はコチラ


パウエルキャノンのアト、長期金利

また、上がっているのです。



※ 加工引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

「まあ、こうなるよなあ」
との想いもあるわけですが・・

今後、これがどんな影響を与えるのか?

目は向かいますよね。


先物価格はかなり戻したとはいえ

上昇の姿は見られませんし・・


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ところで、話、まったく異なりますが

ビットコイン(BTC)上昇中。

それもFOMC発表あと、顕著、630万円回復

ダウコインと呼ばれるだけの動きを示す感じ。

余談ながら。

3月18日の日経平均株価は?

少なからず米株式市場の影響を受けて

本日18日はコンタロウの思いとは裏腹に

上昇するかと思うばかり。


ナスダックも上がりでしたからね。

マザーズもジャスダックも昨日同様、上へ

上昇の姿を見せるのではないか?

と見なしますが、どうでしょう。


気になるのは先物価格ですね。

日経先物、TOPIX、マザーズもマイナス!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/chart/


「ここは注視かな」

と、思ったりもするわけですが、いかに

慎重にあたりたいものです。

コンタロウ的には、ですね。


ということで

今回は、ここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。


コメントを残す