コンタロウです。

ただいま、3月10日21時ころ

今回は10日の日経平均株価を見て

チョイ思うこと。


結果は、どうかと言えば

「思ったほど上がらなかった」

ですが・・


それでは続けてみます。


目次
1 3月10日の日経平均株価
2 8円高、もっと行くと思ったけど

3月10日の日経平均株価

寄り付きは上昇の姿アリ

その後は勢いを増すかと思われましたが

シュンシュンの下がり、下降

でも、昨日よりは若干プラス

【日経平均株価2021年3月10日】
〇 始値 29,118.28 (09:00)
〇 高値 29,233.47 (09:06)
〇 安値 28,960.09 (10:01)
〇 終値 29,036.56 (15:15)
(前日、9日の終値29,027.94)
※ 数値引用:https://kabutan.jp/stock/?code=0000

続伸でした。

8円高、もっと行くと思ったけど

ところで、コンタロウ的には決して

日経平均株価の上昇を期待している

というわけではないのですが

目に入る背景から上昇すると見なした次第。

実はコンタロウ、大きく下がったら、これまで手放した株を買い戻したいとの想いアリ。
そのためその機会をうかがっているのです。
ですからね、本音は下がって欲しい!(笑)

そこで背景要因と捉えるデカイものが

こちら

【2021年3月9日米国株式市場指数】
〇 ダウ:31,832.74ドル(+30.30
〇 ナスダック:13,073.82p(+464.66
〇 S&P500:3,875.44p(+54.09

ダウはチョボチョボ上昇でも

ナスダックはかなり上げていますよね。

(過去の全戻しには至りませんが・・)

そして、その上げ・・

米長期金利の変化、影響が大きい様子。





しかも長期金利は1.56未満の数値で

表れていました。

(前日は1,60超えでしたから)

「利回り、前日より下がった!」

投資家の不安を小さくした様子。


これもあって、ナスダック、昨日は上昇!

したものと受け止めるところ。

ただ、今(10日21時過ぎ)の時間ダウ、ナスダックともに、先物の価格はプラスの方向性もアリ

ともあれ

ここまで10日の日経平均株価が

「もっと上がってもおかしくない」

と見なしていた背景を広げてみましたが


では

なぜ、9日、ダウとナスダックは上昇したのに

10日、日経平均株価はさほど上がらなかった?


ココですよね。

触れたいところは・・

(ようやく触れる位置に到達です。)


思うだけですけど、このように捉えています。

【株価を見る時、浮かぶもの】
● 米国長期金利に振り回されて様子見
● 「取りあえず利益確定はしておこう」
● 円安が急激に進んだ!(なりますよね)
● 3月17日-18日:FOMC
● 3月18日-19日:日銀金融政策決定会合

ですからね、今後

ガンガラガーン

と下がるかどうかはわかりませんが


10日よりはさらにおとなしめになる

と思いたいところ。

どうでしょう。


もちろん、米株式市場の指標値の推移

これによるところ大ですけどね。


ということで

とりとめもなく、ここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。



追記:気になる10日の米株式市場

また、別途触れたいとは思いますが

目に触れたので、今朝5時半過ぎの想いを

表してみます。


米株式市場、ナスダック、不思議ですね。

長期金利が下がっても、上昇幅は少なし!

いや、下がりましたね。


これは以後のイベントへの様子見があるため

とも見なせますが

もしかすると、ナスダックそのものに陰りが

出始めた?かもしれません。

(すでに出ているとの話もありますが・・)


※ 引用:いずれもhttps://nikkei225jp.com/nasdaq/



本日11日の日経平均株価、どう出るか

興味深し!

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。


コメントを残す