☆彡

コンタロウです。


今回は11月21日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

令和4年11月21日、ダウ、ナスダック反落!米長期金利3.8%台前半、ドル高円安142円、原油先物価格下落79ドル・・


米経済アレコレ

はじめにこの日の米株価指数

ダウ、ナスダックはともに下落。

中国で広まる新型コロナの勢いが

経済活動停滞への懸念をもたらした様子。


とはいえ

ディフェンシブ株は堅調と映るところ。

たとえば
● メルク
● プロクターアンドギャンブル

米長期金利は前日とほぼ同じ傾向を示し

3.8%台を進むところ。

ただ、上昇傾向を持つ感じ。


ドル円はドル高円安、142円台へ。


原油先物価格は1バレル一時75ドル台に下るも

アトは上昇、79ドル台。

11月21日の米長期金利、ドル円

 米長期金利はやや上昇!

前日とほぼ同様と映りつつもやや上昇傾向アリ

3.76% – 3.83% – 3.82% で揺れる!

(米株式市場立会時間)


引け近くで3.83%あたり

(10年利回り債)

※ 参照元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


 ドル高円安の流れ

141円39銭 – 142円19銭あたりで振幅

(米株式市場立会時間)


米株式市場引けでは142円10銭あたり

※ 参照元:https://nikkei225jp.com/fx/

11月21日のダウ、ナスダック指数

ダウ、ナスダック下落


〇 ダウ反落

⇒ 33,700.28 -45.41


〇 ナスダック反落

⇒ 11,024.51 -121.55


〇 S&P500反落

⇒ 3,949.94  -15.40

※ 数値参照:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


続いて

コンタロウが日々関心を持つ原油先物価格

こちら(WTI)に触れますと、ね。


前日と比べ下落

ただ、上昇傾向アリ。


WTI おおよそ(1バレル)

77.0 – 75.3 – 80.3

– 79.7 – 79.8ドル

・・で振幅

(米株式市場立会時間)


75ドル台までの下落はOPECプラスが増産する

との報道に伴うもの。

なお、この報道はその後の報道で否定され

原油先物価格は上昇。


とはいえ、中国の新型コロナ拡大の報道もアリ

その上昇幅は広がらない様子。

シェブロン、続落

米株式市場引け時、79.8ドルあたり。

※ 参照:https://nikkei225jp.com/oil/


・・・・・


このほか

ダウ先物指数・・ストンと下落し上昇

※ 日本時間22日05 – 06時台


ビットコイン・・下落

220-230万円あたりで振幅。

※ 日本時間22日00 – 06時台)


ということで

本日、ザザーと眺めるとこんな感じ。


そこで11月22日の日本市場・・

ダウとナスダック下落の影響を受けるとともに

休日前の市場でもあり、盛り上がらず!

と見なすところ。

日本・・23日:勤労感謝の日
米国・・24日:感謝祭

値がさ株、揺れる?

また、半導体事業関連株に目が向かうところ。

(本日は下げ傾向が表れるかも)

株価指数の上昇は期待薄か。


ただ、米国株式市場の傾向に沿い

ディフェンシブ株には資金が向かいそう。

ダウ先物指数、注視!


今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

TOPへ



【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)



コメントを残す