☆彡

コンタロウです。


今回は5月10日の大引けアト

この日の日経平均株価、TOPIX、ほかを見て

コンタロウが無手勝流に思うところ。

5月10日の日経平均株価、買戻し進むも続落!9日のダウの大幅下落とともにダウ先物上昇で揺れる・・

(コンタロウのメモです。)



5月10日の日経平均株価

『日経平均株価、下落』


本日10日の日本市場・・

9日のダウ、ナスダック指数の大幅下落

コレの影響か、寄り付きからしばらく

大きく下げを呈します。


が、アト、ダウ先物指数の上昇に力を得

買い戻しが進んだ様子。

ただ、右肩上がりで下げ幅を縮小するも

大引けまで回復には及ばず。


で、続落

 終値  26,167.10円  (5月10日)
前日5月9日の終値は26,319.34円

152円24銭安 で、大引け。

※ 参照:https://nikkei225jp.com/chart/

日経平均株価の看板銘柄は?

日経平均株価の元となる銘柄から

いくつかチョイスしたもの

その価格変化を取り上げてみます。

(目立つもの)

9983 ファストリ 58,020(+540)
8035 東エレク 53,450(-760)
6954 ファナック 19,460(+380)
6857 アドテスト 8,380(-170)
4063 信越化学工業 17,855(-160)
9984 SBG 4,900(-89)
7751 キヤノン 3,130.0(+83.0)
7203 トヨタ自動車 2,178.5(-66.5)
9433 KDDI 4,343.0(+25.0)
6758 ソニーG 10,500.0(-340.0)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)
(SBG:ソフトバンクグループ)

ファストリ、上昇!

買戻しの程度は小さい・・か。


また

東京エレクトロンほか半導体関連株も

後場以降、買戻しの流れアリ!

と映るところ。

6752 パナソニック 1,155.5(+3.5)
6981 村田製作所 8,250.0(+42.0)
6762 TDK 4,065.0(+25.0)
7735 スクリン 10,490.0(-40.0)
6590 芝浦メカトロニクス 6,920.0(-170.0)
(スクリン:SCREENホールディングス)

※ 単位は円


アト、もう一つ触れたいのは海運株

9101 日本郵船 9,270(-450)
9104 商船三井 3,150.0(-150.0)
9107 川崎汽船 8,200.0(+480.0)



川崎汽船は引き続き好決算の影響大か。

【連結経常利益】
日本郵船:1兆31億円(前期比4.7倍)
⇒ 決算発表日 5月9日
商船三井:7217億円(前期比5.4倍)
⇒ 決算発表日 4月28日
川崎汽船:6575億円(前期比7.3倍)
⇒ 決算発表日 5月9日

でも、日本郵船、何でだろ?

あまりパッとしません?


この際、こちらも見ておきましょう。

空運株

9202 ANAホーディングス 2,402.5(-52.5)
9201 日本航空 2,134.0(-58.0)



下げます。


東証プライム 

⇒ 概ね、上昇株:38.3%、下落株:57.8%

市場の関係各指数

TOPIXほかを見ると・・

TOPIX  1,862.38  -16.01
マザーズ指数  654.52  +2.04

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX ⇒ 下落(続落)

(1,900ポイント割れ)


ここでコンタロウが関心を持つ

医薬品関連企業の株価を取り上げてみます。

4523 エーザイ 5,592.0(+57.0)
4568 第一三共 3,288.0(+5.0)
4519 中外製薬 3,717.0(+21.0)
4507 塩野義製薬 7,089.0(-21.0)

※ 単位は円


医薬品株・・やや上げ傾向強し!

と映ります。

※ 既出以外も含。


続いて

マザーズ指数 ⇒ 上昇(反発)


メルカリ、上げます。

4385 メルカリ 2,207(+75)

※ 単位は円

コンタロウが関心を持つ銘柄

はじめは銀行ほか金融関連

8411 みずほFG  1,585.0(-7.5)
8316 三井住友FG  3,922.0(-13.0)
8306 三菱UFJFG  750.2(-12.7)
7182 ゆうちょ銀行  981.0(-5.0)
7182 セブン銀行  249.0(+3.0)

※ 単位は円


主要三行・・下落


セブン銀行、興味深し!

決算発表内容・・減収減益なのにね

「上がります」


銀行株全般、上下様々、高安マチマチ


次にコンタロウが気になるコチラ

金融関連株・・

8591 オリックス  2,304.0(-59.5)
8604 野村HD  484.0(-7.7)

※ 単位は円


オリックス、野村HD、ともに下落。


続いてこのアト

エネルギー関連を取り上げてみます。

【原油先物価格】
日本の株式市場が開いている間のWTIは
1バレル = 100.5 – 102.8ドルあたり
下がってきました。
とはいえ復元力はありそうです。

大引け時・・1バレル = 101.7ドルあたり・・

※ 数値参照元:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで、淡々と

日本の石油関連会社・企業の株価を見ると

その価格は・・この通り。

5020 ENEOS  469.9(-7.5)
5021 コスモHD  3,125.0(-135.0)
8133 伊藤忠エネクス  1,079.0(-9.0)
5019 出光興産  3,455.0(-160.0)
1662 石油資源開発  2,523.0(-178.0)
1605 INPEX  1,471.0(-127.0)
5017 富士石油  265(-15)

※ 単位は円


下落ですね。

原油先物価格の下げの影響でしょう。

(9日のNY現地立ち合い時間の取引から下落)


ほかに昨年11月から気になる

「下がり癖がついた」

と映る株を取り上げてみます。


いくつかありますが、ここでは二つ。

4912 ライオン  1,396.0(+45.0)
2503 キリンHD  1,917.0(-0.5)



堅くなってきた感じ。


ということで

今回も数値の羅列で終わりとなります。


では

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

TOPへ



【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)