コンタロウです。


今回は8月10日の大引けアト

この日の日経平均株価、TOPIX、ほかを見て

コンタロウが無手勝流に思うところ。

8月9日のダウ、ナスダックの影響か、10日、日経平均株価、TOPIXは上昇!でも、勢いは続かずか・・

(コンタロウのメモです。)


目次
1 8月10日の日経平均株価
2 日経平均株価の看板銘柄は?
3 市場の関係各指数
4 コンタロウが関心を持つ銘柄

8月10日の日経平均株価

8月10日、日経平均株価は上昇!


9日のダウ、ナスダックの影響アリでしょう。

ダウは下がりこそすれ、下値は堅く

ナスダックは上値が重いもののプラス圏で

指数値を保ちます。


日経平均株価、なんとなーく

新型コロナの再拡大懸念の中で

両者を織り込みプラス圏からの発進

次第に膨らみを緩めて引けを迎えた感じ。


で、日経平均株価・・


続伸

 終値  27,888.15  (8月10日)

(単位:円)

前日8月6日の終値は27,820.04円

68円11銭高 で、大引け。

【日経平均株価】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/chart/

日経平均株価の看板銘柄は?

日経平均株価の元となる銘柄から

いくつかチョイスしたもの

その価格変化を取り上げてみます。

(目立つもの)

9983 ファストリ 74,030(+710)
8035 東エレク 47,200(-200)
6954 ファナック 24,845(-165)
6857 アドテスト 10,280(+90)
9984 SBG 6,831(+61)
7751 キヤノン 2,615(-5.5)
7203 トヨタ自動車 9,876(+38)
9433 KDDI 3,365(+28)
6758 ソニーG 11,115(-285)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)

値がさ株・・それなりに揺れますね。

大きな上昇、激しい下落はない様子。


ハイテク関連、半導体事業関連株は

ナスダックのハイテク株の下落が多し!

と映ることから、上記の該当株も含め

全般に軟調に映ります。

6752 パナソニック 1,353.5(-6.5)
6981 村田製作所 9,241(+58)
6762 TDK 12,050(-80)
7735 スクリン 10,570(0)
6590 芝浦メカトロニクス 6,970(+170)
(スクリン:SCREENホールディングス)

※ 単位は円


ファーストリテイリングは

比較的大きく買い戻しが進んだ様子。

上昇です。


SBGも上がっています。

このあたりで底を打つのか?

引き続き気になるところ。


続いて、景気敏感株は上がり下がり様々。

コロナ再拡大の懸念で買いに進めない感じ。


TOPIX、上昇!

東証1部銘柄、上昇は60%ほど。

市場の関係各指数

TOPIXほかを見ると・・

TOPIX  1,936.28  +6.94
マザーズ  1,083.22  +18.48

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX ⇒ 上昇(続伸)


次にここで医薬品の代表的な株も

目に入れてみましょう。

4523 エーザイ 9,128(+287)

※ 単位は円


本日、上昇。

単なる買い戻し?

米国ではエーザイのアルツハイマー薬に向け

コレの承認過程の調査が進むとアリ

下落かと思いましたが、違いました。 


続いて

マザーズ ⇒ 上昇(続伸)

コンタロウが関心を持つ銘柄

はじめは銀行・・メガバンク関連

8411 みずほFG  1,592.5(+23.5)
8316 三井住友FG  3,769(+29)
8306 三菱UFJFG  593.1(+8.9)
7182 ゆうちょ銀行  954(+7)

※ 単位は円


メガバンク3行、上昇!

ダウの影響(金融関連株)アリでしょう。

でも。上値が重い感じもしますね。

上記以外でコンタロウがよく見るもの
〇 8308 りそなホールディングス ↑
〇 8355 静岡銀行  ↑
〇 8358 スルガ銀行 ↑
〇 8410 セブン銀行 ↑

全般に上昇傾向を持つ様子。


続いて、コンタロウが気になるコチラ

金融、リース分野のオリックス

8591 オリックス  2,006.0(-1.0)

※ 単位は円


本日は小さい幅を持って下がり。


ほかに

野村ホールディングスです。

8604 野村HD  541.2(-1.4)

※ 単位は円


下落です。

前場では上昇の傾向が見られましたが

後場に入ると、ダメですね。


続いてこのアト

エネルギー関連を見てみましょう。


最初にWTIの原油先物価格は

1バレル・・66.6-67.3ドル

(当該時間)

上昇、67ドル台を走ります。


ブレントの先物価格は

1バレル・・68.9-69.7ドル

(当該時間帯)


こちらも上昇の傾向を持ちます。


・・が、

日本の石油関連会社・企業の株価を見ると

その価格は・・この通り。

5020 ENEOS  463.5(-3.8)
5021 コスモHD  2,630(-181)
8133 伊藤忠エネクス  1,005(-1)
5019 出光興産  2,619(-33)
1662 石油資源開発  1,803(-37)
1605 INPEX  783(+3)

※ 単位は円


コロナ再拡大懸念に伴う原油需要の先細りを

意識したのか

前週からの原油先物価格の下落に嫌気がしたのか

資源エネルギー株は下がりが多いです。


特に

石油資源開発は市場が開いている間に

四半期の決算発表(14:00)があったためか

(他企業と比べ業績予想赤字拡大)

14時以降下げ幅拡大へ。


「ウワー」

【決算発表予定日】
● 石油資源開発 8月10日 済
● INPEX 8月10日 済
● 出光興産 8月6日 済
● 伊藤忠エネクス 7月30日 済
● コスモHD 8月5日 済
● ENEOS 8月13日
〇 INPEXは業績向上、前年同期比、黒字転換
  EPSもかなり「よし」でしょう。

原油先物がメチャ下がりしなければ

明日、INPEXに向けた買いが進むかも・・。


ということで

本日はここまでとなります。


おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す