コンタロウです。


今回は

6月29日のダウ、ナスダック指数などから

30日の日経平均株価ほかを考えるです。

(とはいえ、重いものではなくメモ相当)


目次
1 6月29日の米経済指標
2 6月29日のダウ、ナスダック指数
3 6月30日の日経平均株価ほかは?

6月29日の米経済指標

ここではコンタロウが

米株式市場に少なからず影響を与えると見なす

29日の米経済指標を取り上げます。


この日、まずはこれですね。

景況感を推し量る物差しになるもの。


【ケースシラー米住宅価格指数】

(日本時間22:00発表)

(前年同月比)
結果:14.9%
予想:14.5%
前回:13.3%(修正13.4%)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210629&c=ALL&i=0

前回値、予想値を上回りままた。


買い手が多くなってきた!

購買力が強くなってきた!

ということでしょう。


続いてはこちら


【米消費者信頼感指数】

(日本時間23:00発表)

(6月)
結果:127.3
予想:119.0
前回:117.2(修正120.0)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210629&c=ALL&i=0

前回値、予想値を上回って上昇です。

景況感はよさげに映ってきます。


ダウ指数はそのためか

これらの発表アト、右肩上がりの姿を見せます。

(29日23:30)

6月29日のダウ、ナスダック指数

6月29日の米株式市場、ダウ指数は

先ほど取り上げた米経済指標を好感したのか


はじまり時から三ケタの上昇値を持ち

「コリャ、イケル」

と思わせる姿を見せてくれます。


ただ

後半は冴えません。


30日の3時過ぎに指数を目に入れた時は

かなり右肩下がりを示すところ。


今週は後半に米経済指標の重いものが

たとえば、ISM製造業景況指数、雇用統計が

控えているので、様子見ながらの利益確定が

進んだのかも・・。


【ダウ】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナは11.5ドル強アップ!
● ファイザーは0.1ドル弱ダウン!
● ボーイングは4ドル強ダウン!
● ゴールドマン・サックスは4ドル弱アップ!
● キャタピラーは1ドル強ダウン!
● モルガン・スタンレーは3ドル弱アップ!
● デルタ航空は0.5ドル弱ダウン!
● ナイキは4ドル弱アップ!
※ 景気敏感株は軟調か、ただ金融株は強し!
⇒ 金融関連では配当増しの話題もアリ
⇒ 医薬品株は比較的堅い感じ

一方

ナスダックはマイナス域からの発進アト

米長期国債利回り(米長期金利)下降の風を

受け、緩やかな右肩上がりで上昇。


【米長期国債利回り】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


【ナスダック】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

【ナスダック・・たとえば】
● アルファベットは16ドル強ダウン!
● アマゾン・ドット・コムは4ドル強アップ!
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは0.5ドル弱ダウン!
● アメリカン航空グループは0.5ドル弱ダウン!
● テスラは8ドル弱ダウン!
● ネットフリックスは0.5ドル弱アップ!
● アップルは1.5ドル強アップ!
● マイクロソフトは3ドル弱アップ!
● フェイスブックは4ドル弱ダウン!
※ 華々しく上げたものはない感じ
⇒ また、メチャ下がりは少なしか・・

・・で

〇 ダウは反発!

⇒ 34,292.29 +9.02


〇 ナスダックは続伸!

⇒ 14,528.33 +27.83

(過去最高値更新アリ)


〇 S&P500は続伸!

⇒ 4,291.80 +1.19

(過去最高値更新アリ)


ところで

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


この日は72-73ドル

価格は波打ったアト、緩やかに上昇の動き

「基本、ダウ指数に倣え」

という感じ。


【原油先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


そして

気になるのが石油採掘会社の株価。


〇 シェブロンの株価は0.5ドル弱ダウン!

〇 エクソン・モービルは0.5ドル弱ダウン!


様子見なんでしょうね。

原油先物価格次第、と言いたい感じ。


・・・・・


ほかに、当該時間帯、為替ドル円は

ややドル安!?

米長期金利の下落を受けたためかと。


ですが

前日同様、ドル高基調に大きな変化はない

と思われるところ。


【為替、ドル円】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

6月30日の日経平均株価ほかは?

そこで、6月30日の日本の株式市場・・

流れは米株式市場に沿ったものでしょう。


日本国内からプラス材料は見当たらない!

と思われますから・・。


値がさ株は利益確定の動きで進み

上下の入れ替わり多しか、と。


景気敏感株の多くは軟調でしょう。

銀行、金融株はマチマチ

資源・エネルギー関連も同様

いや、こちらはまた下がりかもしれません。


ほかに製薬会社株も利益確定が進むのでは

ないでしょうか。(前日も売り多し)

一方、エムスリー、テルモは堅調に進む

と見なしますが、いかに。


そして

マザーズは前日よりは膨らむかも。


ということで、願望コミコミですが

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す