コンタロウです。

今回もつぶやきです。

朝7時過ぎの諸々を見つつ思うことなど。

※ 『追記:上院通過の案件』もアリ(3月7日)





さっそく、タイトルにおいて

「3月5日の米株式市場、上向いた!」

その意を込めて切り出しましたが


今朝目に入れた米株式市場の指数

【2021年3月5日米国株式市場指数】
〇 ダウ:31,496.30ドル(+572.16
〇 ナスダック:12,920.15p(+196.68
〇 S&P500:3,841.94p(+73.47

ダウ、ナスダック、S&P500が揃って反発!

ともあれ

ダウ、ナスダック、この数日来の下落を

すべて戻したわけではありませんが


「反転攻勢?」

と捉えられる上昇にも映ります。


そこでココに至らしめる目玉を拾うと

挙げられるものはこれでしょう。


米雇用統計

「これはよかった!」

と思われるわけで

その指標の代表格を拾うと

【非農業部門雇用者数変化】
結果:37.9万人
予想:18.2万人
前回:4.9万人
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210305&c=ALL&i=0

雇用者数の変化から

「米国の雇用関係はかなり改善した!」

と言えそうです。

【失業率】
結果:6.2%
予想:6.3%
前回:6.3%
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210305&c=ALL&i=0

失業率も下がっていますし・・

ただ

失業給付金申請との兼ね合いはどうなのか

興味深いところ。


また、長期金利の行方も気になりますよね。

この日は結果的には跳ねていますが

一時期、金利が下がった時間帯も見られ

これがナスダックを少なからず回復させたかに

映ります。


そこで、やはり、今ここで気になる点は

来週の長期金利です。


今朝は上昇の流れで終わっていますが

これがどうなるか・・

もし、比較的低いところで安定すれば

株の購入もありでしょう


(08:10現在)

※ 加工引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/




ナスダックからジャスダック、マザーズへ

と連なってくると思いますから


そのアト、日経平均株価はどのような形で

収まるか、注視と捉えるのですが、いかに?


というわけで

今朝はこうしたものを目に入れ

コンタロウなりの8日の見立てを


軽い頭に

「8日の日経平均株価も上昇へ向かう」

と浮かべるばかり。


(コンタロウ的には好機を待つ静かな日)


それではおつきあいいただき

ありがとうございました。

今回はここまでとなります。

失礼します。



追記:上院通過の案件もアリ

どうやら、報道をいくつか眺めると

昨日6日、米議会上院において

規模を1.9兆ドル(約200兆円)とする

新型コロナ追加経済対策法案が可決へ!

とありますね。


同法案はバイデン政権が持ち出したもの。


これで上院の法案修正を下院で審議し

今のところ、民主党優勢の下院なら

今月、3月14日までに成立の模様。

【目玉は現金給付】
● 国民1人1400ドル(だいたい15万円)
● 年収制限アリ(8万ドル以上は対象外か)

ということで

明日以降、また株式市場は熱くなりそう。

株式市場ではありませんが、仮想通貨(暗号資産)のビットコイン(BTC)はさっそくこの影響を受けてか、7日昼過ぎあたりから夕刻まで強い上昇を持っています。

加えて、長期金利の行方がどうなるか?

(3月1日の週、過熱感はあった?!)

それもあり、手放しで上昇!

とはならないかもしれませんが・・

でも、やきもきするところ。


ともあれ、これまでの想いとは裏腹に

こうした事象、背景が生まれたからには

今後の展開が興味深く


是非、前場で景気敏感株を最小で一つ

比較的安価なもの(あるか?)を拾い

後場で売るを試してみたい

(バクチっぽいけど)と思うのです。

※ 少なくとも値嵩株は上がるかと。


今回はここまでとなります。

お付き合いいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)