本日2月4日でございます。
このブログ記事、作成日と投稿日の異なる場合が多々あります。
したがって、内容がタイムリーではない場合もありますが、ご寛容にご覧になっていただければ幸いです。
※ 令和3年(2021年)2月4日

コンタロウです。


今回はガックリさせてくれた

ヤマダホールディングスの優待内容の変更です。

※ 証券(銘柄)コード:9831


欲を言えば、キリがないのですが

でも・・プレスリリース欄にある

『株主優待制度の変更に関するお知らせ』

※ https://www.yamada-holdings.jp/ir/press/2021/210204.pdf


目を通すと

株主優待内容の縮小!

として映る内容が表れているのです。


どうして、今、業績もよさげに見えるのに

こうするの?って感じ・・


『株主優待制度の制度の改悪』

・・と言ってはいけないかもしれませんが

そのような想いに駆られます。


目次
1 優待券の枚数が半分に減少!
2 保有期間に応じた優待特典の廃止
3 そんでもって、その理由は?
4 それでは代わりに何か?
5 業績アレコレ?



特に株式数の保有に応じた変更点

100株から499株の株式数保有者に対し

狙い撃ちにした(?)ものが際立ちます。

それがこちら

優待券の枚数が半分に減少!

【変更前】

※ 『株主優待制度の変更に関するお知らせ』https://www.yamada-holdings.jp/ir/press/2021/210204.pdf


【変更後】

※ 『株主優待制度の変更に関するお知らせ』https://www.yamada-holdings.jp/ir/press/2021/210204.pdf


早い話

100株から499株の株式数所有者に対し

所有時の優待券の枚数が半分と変わります。

保有期間に応じた優待特典の廃止

【変更前】

※ 『株主優待制度の変更に関するお知らせ』https://www.yamada-holdings.jp/ir/press/2021/210204.pdf


【変更後】

廃止

※ 『株主優待制度の変更に関するお知らせ』https://www.yamada-holdings.jp/ir/press/2021/210204.pdf


で、文字通り長期保有に関して

ヤマダホールディングスは株主優待を

取りやめるということ。


まあ、配当がなくなるわけではないので

持っていても「つまらん」ということは

ありませんが


保有のモチベーションが下がることは

否めないでしょう。

そんでもって、その理由は?

『株主の皆様に対する利益還元の公平性及び

株主配当と株主優待とのバランス等

という観点から、総合的に検討を重ねた結果』

とのこと。


※ 『株主優待制度の変更に関するお知らせ』https://www.yamada-holdings.jp/ir/press/2021/210204.pdf


わかったようなわからんような感じですが

そうするというわけですから

致し方がないのでしょう。

それでは代わりに何か?

別にないですね。

増配に触れたものもありませんから

・・。


単純に優待制度の縮小だけ!

ということでしょう。

業績アレコレ?

ところで、背景は如何に?

ということでいささか探ってみると

その大きな要素として考えられる業績。


コレ、悪くないですよね。

前期比で二けたの増益見積もりです。


※ https://kabutan.jp/stock/finance?code=9831#shihankiruikei_name


解せません・・。


また、こっちもよいでしょう。

3ヵ月決算【実績】



※ https://kabutan.jp/stock/finance?code=9831#shihankiruikei_name


よい感じですよね。

もう一度解せません。


特に今回、同じ週に

ケーズホールディングスの株主優待拡充!

コレの話題があっただけに残念です。


ということで

今回はヤマダホールディングスの優待制度変更!

こちらについて話を持ち上げてみました。


これからもこの分野についても

触れていくつもり

よろしければ、お寄りください。

では、失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)