コンタロウです。


今回は8月11日の米株式市場

ダウ、ナスダック指数を見て

チョイ思うこと。

8月11日、米CPIコアでインフレ減速視進み、テーパリングは遠望か?ダウ上昇、でもナスダック下落!

目次
1 8月11日の米経済指標
2 8月11日のダウ、ナスダック指数
3 8月12日の日経平均株価は?

8月11日の米経済指標

8月11日の米経済指標で目に入るものは

こちら。


※ 引用元:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210811&c=ALL&i=0


CPI(消費者物価指数)の数値は下降

あるいは現状を示し

特にCPIコアは大きく下を向いた感じ。


ともあれ、これでインフレの加速懸念は凹み

「減速かな」

との思いを沸き立たせるところ。


となれば

債券売りは落ち着き、買いに転じ価格は上昇

利回り(長期金利)は低下へ

為替ドル円も下を向く傾向を持つ感じ。


【米長期国債利回り】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


この影響もあってか

為替はドル安へ。

ドル安円高、110円台半ばを進みます。


【為替ドル円】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/fx/


そのためか

テーパリングに向かう観測も細り

インフラ投資法案も相まって

ダウは上昇、右肩上がりプラス圏へ。

(11日23:30)

8月11日のダウ、ナスダック指数

8月11日のダウ、ナスダックの両指数です。


ダウはCPIコアの数値を見て

「まだまだイケル」

と見なされたのか、買いが進んだ様子


一方、ナスダックは米長期金利の低下で

ハイテク株が上がると見ておりましたが

そうでもない様子。

下落、マイナス圏を走ります。


で、


〇 ダウは続伸!

⇒ 35,484.97 +220.30

※ 過去最高値更新


〇 ナスダックは続落!

⇒ 14,765.14 -22.95


〇 S&P500は続伸!

⇒ 4,447.70 +10.95

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナ ↓
● ファイザー ↓
● ボーイング ↑
● ゴールドマン・サックス ↑
● JPモルガン・チェース ↑
● ウェルズ・ファーゴ ↑
● キャタピラー ↑
● モルガン・スタンレー ↑ 
● アメリカン・エキスプレス(アメックス) ↑
● ビザ ↓
● ツイッター ↓
● デルタ航空 ↑
● ナイキ ↓
※ 景気敏感株、上昇アリ。金融はよさげですね。
⇒ アメックスの上昇は国内移動を当て込んだかも
【ナスダック・・たとえば】
● アルファベット ↓
● アマゾン・ドット・コム ↓
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス ↑
● アメリカン航空グループ ↑
● テスラ ↓
● ネットフリックス ↓
● アップル ↑ 
● マイクロソフト ↑
● フェイスブック ↓
※ ハイテク株は下落
⇒ GAFAMで上昇はアップル、マイクロソフト

ほかに

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


この日は67.2-69.3ドル

※ 米株式市場に合わせた時間内で見たもの


69ドル台まで上昇しています。

インフラ法案の上院通過に加えて

CPIコアの数値から原油需要が高まる

との見なしが膨らんだ様子。

※ 05時台、69.3ドル台


【原油先物】

※ 引用元:https://nikkei225jp.com/oil/


そこで石油採掘会社の株価を見ると


〇 シェブロンの株価は0.8ドル弱アップ!

〇 エクソン・モービルは0.2ドル弱アップ!


上昇です。

12日の日本の株式市場にも好影響アリ!

でしょう。


・・・・・


ほかに当該時間において

為替ドル円は先ほども触れていますが

ドル安円高と映ります。


1ドル = 110円台前半での動き。


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

8月12日の日経平均株価は?

それでは、続いて

「12日の日経平均株価はどうなるか」

と自問自答してみましょう。


コンタロウ的には上がると見なすところ。


引き続きインフラ法案の好影響は残る

でしょうし、CPI指数からテーパリングは

今しばらく遠目に眺められそう・・


ですから

日本株もそれなりに呼応した動きを持つ

と見なすのですが、いかがでしょう。

(願望コミコミの見立て)


ほかにダウ先物はマイナス圏ながらも

右肩上がりに映りますし

日経先物もプラス圏で右肩上がりとして

目に入ってきます。

※ 12日05時台


本日も

「大丈夫、イケそう」

なんて捉えてしまいます。


そこで吐露する想いはこんな感じ。

基本、前日同様となりますが

値がさ株は銘柄、前日までの株価の推移なども

関わるものの全般に上昇アリ!

と、見なすところ。


また

景気敏感株は上がりそう。

銀行株、資源エネルギー株は前日に続いて

期待を持たせてくれそうです。


ただ

半導体事業関連株は振るわないかも・・


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す