コンタロウです。


今回は

6月16日のダウ、ナスダック指数ほかを見て

「17日の日経平均株価、どうなる?」

と、チョイ思う・・です。


目次
1 6月16日発表の米経済指標関連
2 6月17日のダウ、ナスダック指数
3 6月17日の日経平均株価はどう?

6月16日発表の米経済指標関連

6月16日、米経済指標関連で

「これは、チェックだよね」

と思うものを挙げれば、次の三つ。


はじめはこちら


〇 米住宅着工件数

(日本時間21:30)

(5月)前月比
結果:3.6%
予想:3.9%
前回:-9.5%(修正値-12.1%)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210616&c=ALL&i=0

結果の値は前回値よりは上昇し

4月の凹みを回復した感じ。


予想値よりは小さくはありますが

まずは「よし」でしょう。


二つ目はコチラ


〇 米建設許可件数

(日本時間21:30)

(5月)前月比
結果:-3.0%
予想:-0.2%
前回:0.3%(修正値-1.3%)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210616&c=ALL&i=0

結果は前回値、予想値より減少の数値。

ドル売りの傾向は一時的にしても

起こるかも・・


三つ目はコチラ


〇 米輸入物価指数

(日本時間21:30)

(5月)
結果:1.1%
予想:0.8%
前回:0.7%(0.8%)
※ 数値引用:https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/?d=20210616&c=ALL&i=0

上昇しています。

景況感はよいのでしょう。

ドル高への追い風になる?

興味深いところ。


・・と、ここまで取り上げましたが

米株式市場が開いたアト、しばらく

ダウは下降して様子見。


ナスダックは米長期国債利回り

(長期金利)低下を受けたためか

小幅ながらプラス域を走る程度。


劇的な変化を与えるには至らず!

でしょうか。

(16日23:30)

6月16日のダウ、ナスダック指数

6月16日のダウ、ナスダック指数です。


この日の米経済指標は

FOMCへの注目度が大きすぎたためか

あまり大きな影響を与えるには至らなかった

感じ。


そして

FOMCは強いパンチを与えた様子。

こんな感じでしょう。
【FOMC発表】
〇 金融緩和施策を今はいじらない
〇 インフレは今のみか一時的なもの
〇 テーパリング・・考え始めている
〇 政策金利上げは前倒しで2023年
【パウエル議長会見】
〇 金融緩和施策は景気回復まで継続
〇 インフレは『急』から『緩』へ
〇 政策金利上げは見通し
〇 テーパリングは考えることを考える

ダウは前日値よりマイナス域を走り

微速前進の中、FOMC発表でガクッと凹みを

持ちます。


ですが、引けの指数を見る限り

意外と株式市場は耐えた感じです。


【ダウ】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

【NYSEでは、たとえば】
● モデルナは4ドル未満ダウン!
● ファイザーは1ドル未満ダウン!
● ボーイングは5ドル未満ダウン!
● ゴールドマン・サックスは1ドル未満ダウン!
● キャタピラー2ドル超えダウン!
● モルガン・スタンレーは1ドル未満アップ!
● デルタ航空は0.1ドル未満ダウン!
● ナイキは0.1ドル超えアップ!
※ 「とにかく売っとこ」って感じ
⇒ 金融関連はチョビ芽があるかも。

一方

ナスダックは比較的低い米長期国債利回り

(長期金利)の影響もあって・・


【米長期国債利回り】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


・・プラス域で発進します。

が、FOMCの発表を受けるや

米長期国債利回りが大きく上昇へ展開!

そのためかナスダックは下落へ。


その後、やや戻しますが

マイナス域で引けを迎えます。

こちらも売りが進んだ様子。


ただ、引け近くでの指数上昇はなぜ?

単に買戻し?


それとも

米長期国債利回り(長期金利)の上昇が

1.5%半ばで止まったから?

いささか、気になるところ。


【ナスダック】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/

【ナスダック・・たとえば】
● アルファベットは7ドル未満ダウン!
● アマゾン・ドット・コムは32ドル超えアップ!
● ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは1ドル未満アップ!
● アメリカン航空グループは0.1ドル未満アップ!
● テスラは6ドル未満アップ!
● ネットフリックスは1ドル未満アップ!
● アップルは1ドル未満アップ!
● マイクロソフトは1ドル未満ダウン!
● フェイスブックは6ドル未満ダウン!
※ 上下いろいろ

・・で

〇 ダウは続落!

〇 ナスダックも続落!

〇 S&P500も続落!


※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


ところで

コンタロウが日々気にしている原油価格

こちらを目に入れますと、ね。


この日は71-72ドル台。

FOMC発表前の時間帯では

73ドルに届くかの勢いを持ちます。


が、同発表後はダウに倣ってか急速に下降

ただし、71ドル台でとどまります。


【原油先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


そして

気になるのが石油採掘会社の株価。


〇 シェブロンの株価は1ドル未満ダウン!

〇 エクソン・モービルは1ドル未満ダウン!


FOMC発表、パウエル議長会見は少なからず

影響を与えたようです。

(こういうの日本もモロ受けでしょう。)


・・・・・


ほかに

為替ドル円はドル高基調の様子。


米国時間午前中の米経済指標の発表では

皆無ではないもののさほど見られず

であったものが


FOMC発表、パウエル議長会見後は

米長期国債利回り(長期金利)は上昇

それもあってかドルは駆け上がります。


【為替、ドル円】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/fx/


そんなこんなでコンタロウなりに

受けとめたものをまとめるとこんな感じ。

6月17日の日経平均株価はどう?

そこで、6月17日の日本の株式市場・・

「どうなるか」

ですが


米株式市場の結果に倣って

「結果は下がる、下がるよ」

と思うところ。


値がさ株、景気敏感株は下落かと。

金融、銀行株・・よいかも

ただ、しまいまで見ないとわかりませんが・・


エネルギー関連は原油先物価格の動きから

小康状態なら「よし」とするところ。

もちろん、上下幅はそれぞれでしょう。


そこでコンタロウが注視するところは

ダウ先物。


ココ、今(7時台)、右肩下がりで

マイナス域沈降中。


日経平均株価、前場のみならず、後場も

下がり続けるかも・・


しばらく、FOMCの影響が和らぐまで

待ちかもしれません。


ということで

今回はここまでとなります。

おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。


【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す