コンタロウです。


今回は6月10日大引けアト

その日の日経平均株価、TOPIX、ほかを

コンタロウが無手勝流に思うところ。

(と言っても単なるメモですよ。)


目次
1 6月10日の日経平均株価
2 日経平均株価の看板銘柄は?
3 市場の関係各指数
4 コンタロウが関心を持つ銘柄

6月10日の日経平均株価

6月10日の日経平均株価、反発の結果で

大引けを迎えます。


流れを大きく見ると

寄り付きから見越したとおりと映る下落!

このアトはコンタロウの想定外の展開へ

瞬発的にかつじわりと続く上昇アリ!


【日経平均株価】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/chart/


また

この日、この時間帯のダウ先物価格は

小幅ながらもプラス値で推移。


「やっぱ、こうなると違うんだ」

「買いに進むのか」

と思ったりする次第。


【ダウ先物】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/nasdaq/


当該時間の大部分において

プラス域での価格を保っています。


で、この日の日経平均株価の結果は上昇。

思った以上にハイテク関連が頑張った?

かもしれません。

 終値  28,958.56  (6月10日)

(単位:円)

※ 数値引用:https://kabutan.jp/

前日6月9日終値は28,860.80円

97円76銭高 で、大引け。

日経平均株価の看板銘柄は?

日経平均株価の元となる銘柄から

いくつかチョイスしたもの

その価格変化を取り上げてみます。

(目立つもの)

9983 ファストリ 83,280(+450)
8035 東エレク 47,570(+750)
6954 ファナック 26,390(+455)
6857 アドテスト 9,910(+70)
9984 SBG 8,022(-51)
7751 キヤノン 2,643.5(+24.0)
7203 トヨタ自動車 9,866(-40)
9433 KDDI 3,632(-27)
6758 ソニーG 10,795(+40)

※ 単位は円

(ファストリ:ファーストリテイリング)
(東エレク:東京エレクトロン)
(アドテスト:アドバンテスト)

値がさ株は本日もいろいろ。


前日と変わって

東京エレクトロン、アドバンテスト

ソニーGなどプラスの数値を持つ点は

注目するところ。


そして

コンタロウ的には本日も目立つ!

と思うは・・

ファーストリテイリングの上昇

久方ぶりです。


トヨタ自動車は下落!

利益確定の波に洗われたか・・

市場の関係各指数

TOPIXほかから

TOPIX  1,956.73  -0.41
マザーズ  1,181.21  +7.03

(単位:ポイント)

※ 数値引用:https://nikkei225jp.com/chart/


TOPIX・・下落(続落)

マザーズ・・上昇(続伸


東証株・・製薬会社、医療会社株、目立つ上昇

これは変わらずの様子。

たとえば、テルモ、塩野義。


ですが

ここしばらく上昇を続けたエーザイは

下落しています。

おそらく高値を極めた?

と見なした向きの利益確定が進んだのかも。

4543 テルモ 4,473(+130)
4507 塩野義製薬 5,839(+192)
4523 エーザイ 10,000(-755)

※ 単位は円


ところで、こうした業界の株が

上昇幅をそれなりに持つ一つの背景として

コロナワクチンの接種が進んでいることも

関係あるのかもしれません。


「安心感を覚えるのではないか」

「業界の発展に寄与するとか」

と思うのです。


また

マザーズは上昇、続伸(4日)です。


何か「これだ」といった対象株アリ

とは映りませんが

人気を持つ株はいろいろあるのでしょう。

コンタロウが関心を持つ銘柄

はじめは銀行・・メガバンク関連

8411 みずほFG  1,653.5(-26.0)
8316 三井住友FG  3,951(-21)
8306 三菱UFJ  622.3(-1.7)
7182 ゆうちょ銀行  930(+1)

※ 単位は円


メガバンク3行、引き続き、下がる!

ほかにコンタロウがよく見るもの
〇 8308 りそなホールディングス(-5.4)
〇 8355 静岡銀行(-6)
〇 8358 スルガ銀行(-6)
〇 8410 セブン銀行(-1)
※ 銀行株、下落!

また

金融、リース分野のオリックス

8591 オリックス  1,966.5(-21.0)

※ 単位は円


本日、下落!


ほかに

野村ホールディングスです。

8604 野村HD  592.0(+1.6)

※ 単位は円


本日、微速前進ながらも上昇です。

とはいえ、銀行、金融関連、下がり多し!

値動きも鈍いところ多し!


続いてこのアト

エネルギー関連を見てみましょう。


最初にWTIの原油先物価格は

1バレル69ドル台を歩んでいます。

※ 時間外取引(当該時間帯)


【原油先物価格WTI】

※ 引用:https://nikkei225jp.com/oil/


北海ブレントは1バレル71ドル台


そこで、関連会社企業の株価を見ると

その価格は・・

5020 ENEOS  464.8(-4.0)
5021 コスモHD  2,448(-16)
8133 伊藤忠エネクス  1,019(-3)
5019 出光興産  2,695(+3)
1662 石油資源開発  2,037(+10)
1605 INPEX  815(-6)

※ 単位は円


一部、プラス値を付けるものもありますが

下降の流れに身を置く感じ。


そして

石油資源開発のみが上昇とは珍しい!」

と素朴に思うところ。

5月分の消費者物価指数(CPI)発表後
ダウ、ナスダック両指数の動きで
変わるかも・・

ということで

今回はここまでとなります。


おつきあいいただきありがとうございました。

失礼します。

【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)


コメントを残す