コンタロウです。


今回もつぶやき

2月26日米株式市場の3指数を見て

「日経平均株価、さらに下がるかな?」

です、


コンタロウ的には

「買いのチャンス到来か」

と思うところ。

押し目買いではありませんよ。
うーんと「下がる」と見てのこと。
でも、ホントの想いは・・




そこで月並みな流れになりますが

昨日の米国株式市場の結果を眺めてみます。

【2月26日の米株価等々】
ダウ : 30,932.37(-469.64
ナスダック : 13,192.35(+72.92
S&P500 : 3,811.15(-18.19
原油WTI: 61.62(26日06:59)
金: 1,732.45(26日06:59)
日経から(カッコは日本時間)
https://nikkei225jp.com/nasdaq/

ダウは下がりました。

前日(25日)の下がりの値を加えると

【2月25日のダウ】
31,402.01(-559.85
※ 単位はドル

二日で1,000ドル超えの下落が生じたことに

なります。


投資家の皆さん方の「ヤバイかな」との想い

このほかに今が相場の天井との見なしも生じ

利確などの動きが加わったのでしょう。

(・・と思うのです。)


そして

ナスダックは上がり幅が前日の下がり

と比べれば、大きくはないものの堅調。


どうも米国債の価格上昇が影響した感じ

(米国債が買われた、利回りがいいので)

これで長期金利が前日に比べダウンへ


お金を借り入れしている企業には朗報

となり・・

そのハイテク企業が買われた様子。


で、3月1日の日経平均株価はどうなるか?

ってことなんですが

「それはわからない」

偽らざる想いですよね。


「何なんだ、オマエ?」

って声が聞こえてきそうですが


実際、朝まではこれでした。


米株式市場ほかの動きから

基本、3月1日の日経平均株価も下がる!

と思っていたのです。


GD(Gap Down)

として、ね。


ただ

本日、27日の夕方あたりに入った

報道記事を見ると

「ちょっと風向きが変わったかな」

との想いを持つのです。


米議会の下院において

27日、新型コロナ対処で1兆9千億ドル

(約200兆円)規模の経済対策法案を可決!


これの目玉と言えるものは

一人最大1,400ドルの現金給付を受けられる

という点ですよね。


となると、この法案可決の動きで

消費が伸びるとの観測も生まれ

株価ほかに影響をもたらすのではないか

と考えるわけ。

もちろん、下院のアトに上院を経て、大統領の署名が必要となるわけですが、民主党の勢力が強い中、まず成立するでしょう。

そうなれば

3月1日の日経平均株価は

26日分を押し戻すかな・・

2月26日、日経平均株価
28966.01円(-1202.26円)

そんな流れを持つかもしれない!

と見なしたりもするのです。


さてさて、どうなりますやら

3月1日、コンタロウは休日ですので

しっかり朝の動きをウオッチしたいものです。


「ホント、どうなるかなあー」

少々、物見遊山的な心持ちで

不謹慎かもしれませんが、ご容赦を・・


ということで

「3月1日の日経平均株価はどうなるかな」

との想いで、つぶやいてみました。

今回はここまでとなります。


では、失礼します。



【あとがき】

ご覧の方々に何か印象を持っていただければ

と、日々あたっています。

是非、お寄りください。

よろしくお願いします。

・・・・・

なお、数値は参照程度でごらんください。

資料に「忠実に」と努めていますが

引用元の変更に間に合わない場合ほか

コンタロウの誤記載もたまにあります。

(点検、修正には努めています。)