ネットでこういうものにも遭遇 『rank-checker.online』・・リファラースパム? 除外でしょう!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は昨夜ネットで「あれー」と思った話。

Googleのアナリティクスを見ていたらですね。

「あれー、何、これ?」
という現象が起きているのです。

リアルタイムのサマリーを見ていると。
異様な数のページビューの動きが
目に飛び込んできます。

出元はどこ?と思い、見てみると、こちら。

rank-checker.online

メモ帳を引っ張り出すと、数日前から。
連続出現していたヤツですね。

「これか?」
「これが悪さしている!」

と、即『リファラースパム』の自己判定!
ということでおきまりの除外に向かいます。

もし
同種のお悩みを抱える方がいらっしゃるなら
当方、深い知見はなくとも
除去の仕方程度ならば、理解していますので
ここに書き記しておきます。

もし、よかったら。
対策などの参考にしてください

項 目
1 リファラースパム
2 rank-checker.online の除外

リファラースパム

まずは定義です。

アクセスさせたいサイトのアドレスを
リファラーで、偽装しているのです。

そして
これが特定のサイト(大概は当該者のサイト)へ
何度も繰り返し、故意的にアクセスを導くもの。

リファラー

あるページからリンクの中継で
別のネット内のページに移動する際
そのリンク元となるページ。

スパム

営利目的のメール等を無差別に
数多く大量に送り続けること。

このあたりはご承知でしょうけど。
ますは導入として、挙げました。

スポンサードリンク

rank-checker.onlineの除外

結局ですね。
除外と言ってもです。

送り続けてくる・・
スパムサイトからのアクセスを
完全に回避できるわけではないのです。

が、しかし
少なくとも、Googleのアナリティクス上から。
その姿を除外へ。
これを追求することはできるでしょう。

もしよかったら試してみてください。
精神衛生上、よくなると思います。

以下は行為の順番です。

1

ヘッダー部分の『アナリティクス設定』を選択

2

画面が変わった後
一番右側のビュー列のフィルタを選択

3

ビューフィルタ画面で
『フィルタの追加』を選択

4

フィルタの追加の画面で
『新しいフィルタを作成』を選択

5

フィルタ名に
「rank-checker.online」を書き込み

6

フィルタの種類は『カスタム』を選択

7

ボタンスイッチは『除外』

8

フィルタフィールドは『参照』を選択

9

フィルタパターンは
「rank-checker.online」を書き込み

10

『保存』ボタンを押し終了

リファラー スパム

一連の流れは以上です。

また
この手のリファラースパムの除外は
多くの知識・経験豊富な方が説明されています。

ですので、そちらもご覧になれば
より確実と思います。

とはいえ
基本的にここで紹介させていただいた手法で
大丈夫でしょう。

僕も、現在は
rank-checker.onlineの姿を
見ていません・・から。

それにしても、この手のものは知らないうちに
飛び込んできますから、困ったもんです。

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。