『Cota』って? スマホをワイヤレス給電化? 仕組み・・電力を電波送信・・最大10m離れてもOK?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ワイヤレス給電って!

今回も徒然に考えることですが、ちょっと毛並みが違う
と言いますか、夢みたいにも見えること。
こんなことができたらいいな!と思っていたことができ
るという話。

・・かな。

項 目

1 ワイヤレス給電 
2 給電方式
3 Cota(コータ) 
4 さらに前を見た話かな?

ワイヤレス給電

ついに充電器を使わないで、離れてスマホなどのネット
端末へ電気を送る!
そんな送電可能な技術が商用化されるようです。

そして、これを「Cota(コータ)」と呼ぶそうです。

ワイヤレスで給電を行う技術のこと。

ところで、電気の給電(充電)に関することに触れます
とね。
一般的に電極の接触がない状態で、給電する方式は三つ
あるとのこと。
ですが、今回のものはあまり表面には出てこない方式に
見えます。

ということで、まずはその給電方式に関して、アラアラ
ながらも表してみましょう。

スポンサードリンク

給電方式

電磁誘導方式
二つの隣接するL(コイル)の片方に電流を流し、発生する磁束を媒介して隣接する他方に起電力を発生させるもの。
これはわかりやすいですね。
電磁界共鳴方式
L(コイル)とC(コンデンサ)の組み合わせの共振器を二つ共振させて、その間に電気のやり取りを行うもの。
こっちは少々難しいでしょう。
でも、これもあるということで、頭に入れてここまでにしましょう。
電波方式
電気を電磁波に変えて送受信するもの。
簡単にまとめ過ぎたかもしれませんが、そういうものですね。

そして、今、目に入る多くのものはこちら。
「そうかな」とうなづく方も多いでしょう。
お店に行くと。電磁界共鳴方式かな。

現在はL(インダクタンス)と C(静電容量キャパシタンス)の LC回路(共振回路)の使用が主流に見えます。
コイル:インダクタンス
コンデンサ:静電容量キャパシタンス

Cota(コータ)

では、「Cota(コータ)」は何か?と言えば。
じゃーん、それは電波方式に該当するのです。

えっ、一番講釈(説明)短いヤツ、これか?と思われる
かもしれません。

そうなんですけど、でもね。
電波で飛ばすことだけわかれば。
使用側、つまりユーザーには十分でしょう。

と、少々、高い位置から話ながら続けます。

また、ツイッターで見る用語では電波電送(電力伝送)
方式と表されるものもあります。

なお、ツイッター内の「Cota(コータ)」に関し触れた
ものの中では、こういうものもあります。

この円筒形のものがCota方式の充電器。

歩きながらスマホに充電してくれる・・と。
優れものです。

続いて、「Cota(コータ)」自身の誕生に関して触れる
とですよ。
いくつかの説明をゴチャマゼにしてから丸めていますが
こんな感じ。

◎ KDDIが米国のOssia(オシア)社と協力
そして、実用化に向けたワイヤレス給電システムの開発
へと続くのです。
ちなみにOssiaとKDDIの間には資本提携があります。
「そんなら、協力云々は関係なくない?」との見方も生
まれるでしょうけど。
一応、そのあたりは横において進めます。

それで「Cota」の基本は、WI-FIやBluetoothと同じで
2.4GHz帯の電波を利用するもの。

最大10mまでなら離れていても給電ができる!
これが売りの言葉になるでしょう。
しかも、複数のデバイスを1wまでなら大丈夫!
でも、実用面ではちょっと小さいかもしれません。

ここで『1Wの給電能力』に触れてみましょう。

スマホは5wですから「おくだけ充電」のQi(チー)はじめ充電器を使用する単位時間の充電量と比較すると。
20%分ぐらいでしょう。

ちょっとものたりないかもね!

Qi(チー)
ちなみにQi(チー)は電磁誘導で充電器側からスマホ等のL(コイル)を通して電気を充電するわけです。

たとえばAnker(画像)。
スマホ ワイヤレス給電 
※ 5wですね。

ですから「Cota(コータ)」は基本的に便利ながらも。
ちょっと、もの足りない感じかもしれません。
でも、その分、これから発展していくと思われます。

持ち上げたり、下げたり忙しい表現になりますが、単純
ながらも見て考えると、そういう受け止め方ですね。

また、壁の反射などを利用して、障害物や受電側の移動
の影響を抑えることが可能ともあります。

ですから、受電する端末が動いていても給電可能となる
のでしょう。
これはすごい!

もっとも、最大10mの数値は理論値とあります。
ですから、実際使える範囲はもう少し狭まるかもしれま
せん。

とはいえ、専用の充電台に端末を置くタイプよりは一歩
も二歩も先に抜きん出たと言えるでしょう。

そして、将来、この充電器が各所に設置となれば場所を
選ばずに充電かも?
期待したいものです。

さらに前を見た話かな?

ただ、ここで一見先走った考えにも映りますが、誰彼と
なく充電されるのは困る!
そんな場合を考慮した話も立ち上がっている様子。

ホント、これは別次元の話ですが、いわゆる電気泥棒へ
の対策で、デバイス充電の可否を行える認識機能付加の
検討もあるわけ。

新しいことが生まれると、さらにいろいろと新しいこと
を考える人達がいるという感じ。

何はともあれ、スマホのワイヤレス給電化を電波で行う
ほど時代が進んでいる。
これは間違いなさそうです。
今回もこのようにあれこれと思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。