2018年のスーパームーン、1月2日の06:49が一番近くて正午ぐらいが月齢14.9だから、2日未明がいいかも!

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

2018年のスーパームーン

年が明けました。
2018年です。

昨年の12月にも少々触れましたが、1月の満月は2日に
あたるのです。

しかもですね。
1日から2日にかけて、スーパームーンと呼べるほどの
近い距離で、地球と月が接近するのです。

2018年 スーパームーン

ちょっと、興味をそそられませんか。
年明け早々ですよ。
しかも1日と2日は快晴の予報ですから。
少なくとも関東地方で、期待度は高いでしょう。

ところで、最も近い距離で接近する地球と月の距離です
が、基本的に月は地球を楕円で公転しているので、遠い
ところと近いところが生れます。

ですから、通常は平均値として表される場合が多く。
384,400 kmが選ばれるわけですが。

今回の実際の距離はそれより、「うーん」と近くなるの
です。

イメージ図で表した距離ぐらいになると見てよいかと。
多少の違いはあるでしょうけど。
こんな感じですね。

そして、お月様が大きく見えるわけですね。

ちなみに国立天文台の資料に目を通すと。
2日正午の月齢は14.9です。

ということは、2日の『月の出』の時間が17:00ですので
満月に近いお月様をより近い距離で見たいのであれば。
2日の未明の方がよいかもしれません。

2018年 スーパームーン

月が地球に最も近くなる時間が、2日の06:49とあるから
ですね。(『月の入り』は06:30)

とはいえ、さほど、極端な差を肉眼では感じられないで
しょうから、2日の『月の出』を待ってその1時間後ぐら
いの方が、肩の凝らない月見はできそうです。
もっとも、そこは好みによるのでしょう。

ということで、明日の楽しみです。

今回もこのように思うところを並べてみました。

(オワリ)

スポンサードリンク

追記します!

月が出た直後で明るすぎたのか、撮り方が悪いのか。
ともかく、こんなのが出ましたので貼り付けます。
大きいことはわかりますよね。
※ スーパームーンから12時間後です。

2018年 スーパームーン

拡大すると、これ。

明かりの塊になってしまいました。
情緒も何もありません、残念です。

またね。

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 乗客が死なない タタレンコ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。