NASAのチャレンジ、太陽探査機『Parker Solar Probe』は太陽に最接近か!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は宇宙の探査に関するできごと。
NASAの太陽探査機『Parker Solar Probe』が
太陽へ最接近!

こちらに触れてみます。

Parker Solar Probe
探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が
(以後はカタカナ表記のみ)

29日、午後1時(米国の東部時間)
※ 日本時間では、30日午前2時ですね。

過去の実績を超えて
太陽の最も近くまで至った様子。

このパーカー・ソーラー・プローブは
太陽の周りを回りつつ合計24回、太陽に接近し
探査を行うもの。
※ 打ち上げは今年8月。

NASAのネット公開資料を見る限り
最速時速430000万マイルで
接近を繰り返しつつ

最終的には2024年に太陽表面から
600万キロメートル当たりの距離まで
近づくともあるのです。

ただし
今回の接近時の時速は153,454マイル
(およそ時速24万6900キロ)
で飛行。

Parker Solar Probe will repeatedly break its own records, achieving a top speed of about 430,000 miles per hour in 2024.

過去の太陽に接近した同種の太陽探査機の記録は
引用したツイッターにもありますが

1976年
米国と西ドイツのヘリオス2が持つもの。

なお
基本『太陽風』などを観測するためか
耐熱に重きが置かれ、かなり厚みのある
シールド幕が備わっているとあり
技術的にかなり進化したものに映ります。

ともあれ
何かとアクティブなNASAにびっくり!
今後の太陽観測結果に期待が高まるのです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブラッド ムーン
  2. 世相 雑学
  3. ロス128 赤色矮星
  4. 乗客が死なない タタレンコ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。