NASAのチャレンジ、太陽探査機『Parker Solar Probe』は太陽に最接近か!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回は宇宙の探査に関するできごと。
NASAの太陽探査機『Parker Solar Probe』が
太陽へ最接近!

こちらに触れてみます。

Parker Solar Probe
探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が
(以後はカタカナ表記のみ)

29日、午後1時(米国の東部時間)
※ 日本時間では、30日午前2時ですね。

過去の実績を超えて
太陽の最も近くまで至った様子。

このパーカー・ソーラー・プローブは
太陽の周りを回りつつ合計24回、太陽に接近し
探査を行うもの。
※ 打ち上げは今年8月。

NASAのネット公開資料を見る限り
最速時速430000万マイルで
接近を繰り返しつつ

最終的には2024年に太陽表面から
600万キロメートル当たりの距離まで
近づくともあるのです。

スポンサードリンク


ただし
今回の接近時の時速は153,454マイル
(およそ時速24万6900キロ)
で飛行。

Parker Solar Probe will repeatedly break its own records, achieving a top speed of about 430,000 miles per hour in 2024.

過去の太陽に接近した同種の太陽探査機の記録は
引用したツイッターにもありますが

1976年
米国と西ドイツのヘリオス2が持つもの。

なお
基本『太陽風』などを観測するためか
耐熱に重きが置かれ、かなり厚みのある
シールド幕が備わっているとあり
技術的にかなり進化したものに映ります。

ともあれ
何かとアクティブなNASAにびっくり!
今後の太陽観測結果に期待が高まるのです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブラッド ムーン
  2. ロス128 赤色矮星
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。