中国の宇宙船【神舟11号】打ち上げ成功! ソユーズが基本型だけあり安定して「天空2号」とのドッキングに臨める?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

宇宙へ
また足を一歩踏み入れたようです。

中国の宇宙船「神舟11号」が
無事、宇宙空間に舞い上がる!

打ち上げ成功ですね。

中国は友人宇宙ロケットでは
ロシア(旧ソ連)、米国に次いで3番目。

その技術力を確実に高めている様子。

【神舟11号】 打ち上げ

有人宇宙船「神舟11号」
17日7時30分頃打ち上げ
宇宙飛行士2人
※ ソユーズが基本型(3人乗り)
酒泉衛星発射センター
神舟11号 ソユーズ

スポンサードリンク

既に9月には
宇宙実験室「天空2号」を
打ち上げているとあり
これとドッキングを行うようです。

これに関するいくつかの
報道ニュースを見ると

かつての米国のアポロ宇宙船と
当時の宇宙実験室であった
スカイラブを思い出します。

何か似た感じです。

ですから、なおのこと中国が
短期間で米国、ロシアに近づいている!
と思えるわけです。

そもそも中国の宇宙船「神舟」は
ロシアのソユーズが基本母体とあります。

大元よりはいささか大きく
設計されたとありますが
形状もよく似ていますね。

であれば
安全面でもかなり高い信頼性を
持っているかもしれません。

ソユーズ自体も
事故が全く皆無
というわけではありません。

しかし
極めて長期間にわたって
安全に宇宙空間とのやり取りを
行っているわけで

そうしたロシアの技術の長所を
中国も積極的に
取り入れているのであれば

将来は今以上に速い勢いで
宇宙開発に乗り出せるかも・・?

そのような気もします。

ただ、懸念もありますね。

なぜ、中国が
ISS(国際宇宙ステーション)に
参加させてもらえないか?

これです。

要は中国は宇宙開発を軍事に
利用する
かもしれないと
見られているのでしょう。

確かに
中国の対外的な膨張施策
野心的な行動は周辺の諸国に限らず

米国にとても明るい
赤信号に見えていると思います。

それにネットを通じて
情報を盗んだりする疑惑も
消えているわけではない様子。

ただし
ロシアはどのように捉えているか
それはわかりませんけど。

ですが
米国ではこうしたことから
米国の技術が中国に流れることにより

いずれ中国が米国に害を及ぼすことを
心配しているのでしょう。

だから
米国の議会が反対している?

しかし
イメージとしてはよくわかるところ。

将来中国が宇宙を軍事利用するならば
宇宙空間に核ミサイルを積んだ
「天宮」発展型を浮かべて
地球の都市を狙うことも
あり得ないとも言い切れないでしょう。

一言で言えば
そういう国に見えますから。

ともかくも
成功を賀すとともに
そういう方向に進まないことを
祈りたいものです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. スーパーマーズ 火星
  3. 国際宇宙ステーション スコットケリー
  4. ブラッド ムーン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。