ナノバブル(ウルトラファインバブル)化した窒素と酸素の組み合わせで何が?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はナノバブル(ウルトラファインバブル)化した
窒素と酸素の組み合わせで何が?

・・で少々思うことです。

泡です。

基本、ナノバブル(ウルトラファインバブル)は
社会構造に影響を与えるとの話があるのです。

項 目
1 ナノバブル
2 窒素のナノバブル水
3 酸素のナノバブル水
4 成長と老化防止
スポンサードリンク

ナノバブル

はじめに『ナノバブル』はナノメートル単位の
直径の泡。

光の波長よりも小さく気泡が極小のため
人の眼では見えないとも言われるもの。

そして、泡って基本、ビールやサイダーを
グラスに注ぐと
シュワーと出てくるものを連想しますが
この泡はその類の泡ではありません。

基本、ビ-ル、サイダーの類はミリバブル
という大きい泡であって
ナノバブルはそれと違ってナノメートルの世界。

さらに、液体に溶け込んでも透明な状態であり
何か色彩的に変化をもたらすこともありません。

また、大きさから『ナノバブル』とも呼びますが
『ウルトラファインバブル』とも呼ばれます。

ちなみに大きさの単位はこんな感じ。

 マイクロ  1/100万
 ナノ  1/10億

※ ナノ:マイクロの1/1000万

ですから
ナノバブルは目では透明で見えない水準の泡
と言えそうです。

少なくとも見かけ上はそのように映る特性がある
か・・と。

さらにこんな性格も持ち合わせています。
泡がかなり長期間、体中に存在できる!
これを利用して、魚の保存・養殖関連へ
応用が可能とも。

窒素のナノバブル水

たとえば、こういう感じ。

ナノバブル化した窒素を
海水(塩水)に溶け込ませると
窒素のナノバブル水ができます。

これで海水中に溶け込む
酸素濃度の低減化が図れるのです。

『窒素と水中に溶けこむ酸素の置換利用』

結果
大きく二つの効能が得られることになります。

〇 脱酸素
〇 酸素に触れる時間を短くする

これで酸化や細菌の増殖を抑え
比較的長い時間、魚の鮮度保持が可能へ
つまり、酸素に触れる時間を減らすことで
腐敗を遅らせることできる!
・・ということでしょう。

酸素のナノバブル水

逆に生きた魚を飼育し
大きくする活用もできるとあるのです。

これは窒素に代わり
酸素をナノバブル化して海水(塩水)に溶け込ませ
酸素のナノバブル水を作り養殖に利用するのです。

これによって、次のとおり。

魚が活性化、餌を多く食べる!
成長が早まる!

それを期待するわけです。

早い話が生産性の向上につながるということ。

また、科学系の雑誌にもありましたけど。
ナノバブルの泡が極小であることを利用して
汚れをこそぎ落とす効果もあり
水質の汚濁防止に役立つか・・と。

そのため養殖の維持管理が
従来に比べ容易ともあるのです。

成長と老化防止

そこで頭によぎったのが
これで人の成長と老化防止に役立たないかな!
ということ。

子供は酸素ナノバブル風呂に
年配者は窒素のナノバブル風呂に入れば
育ち盛りはますます育ち
老化は少しでも遅らせ
よいことづくめと思ったわけです。

しかし、これは表されたものがありません。
ちょっと期待しましたが
これは想像の域で終わりそうです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. アスガルディア 国民
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。